ワールドニュース

ワールドニュース


最新のデータセンター マネージド サービスの展開に向けて
サービスプロバイダー各社がCisco Data Center 3.0 Nexusソリューションを採用
〜Terremark社、StrataScale社、The Planet社が最先端の仮想DCサービスを提供〜





2009年1月27日

米国シスコ(本社:米国 カリフォルニア州 サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、サービスプロバイダー各社と協力して、「Cisco® Data Center 3.0」構想の実現に向けた取り組みと、運用効率とエネルギー効率を向上させる次世代仮想データセンターの開発支援を行っていると発表しました。最先端のデータセンター マネージド サービスの提供に向けて、現在Terremark社、Stratascale社、The Planet社の3社が、Cisco Nexus 5000および7000シリーズ スイッチを含む新しいCisco Data Center 3.0テクノロジーの導入を進めています。

概要:

  • Terremark社、StrataScale社、The Planet社を初めとする複数のサービスプロバイダーが、高い性能と、安全性、柔軟性を兼ね備えたレジリエントなデータセンター マネージド サービスを企業に提供するために、Cisco Nexus 5000および7000プラットフォームを採用しました。新しいサービスには、オンデマンド エンタープライズ用のクラウド コンピューティング、仮想化、マネージドホストおよびセルフディレクテッドのサーバ サポート、コロケーション、ネットワーク型データセンター インフラストラクチャが含まれます。
  • Cisco Nexus 7000シリーズは、ゼロ サービス ロス アーキテクチャを採用したモジュラ型スイッチであり、ギガビット イーサネットと10ギガビット イーサネットのニーズのほか、将来のユニファイド ファブリックの要件にも対応します。Cisco Nexus 5000シリーズは、高性能・低遅延の10ギガビット イーサネット、Data Center Ethernet(DCE)、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)を提供するラック スイッチです。本日Cisco Nexus 7018、Cisco Nexus 5010、Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダが発表され、次世代データセンターの厳しい要件に特化して設計されたNexusスイッチ ファミリにこれらが新たに仲間入りすることとなりました。Cisco Nexusテクノロジーは、エネルギーとリソースの効率を向上し、コスト効果の高い拡張を支援すると同時に、10ギガビット イーサネットおよびユニファイド ファブリックへの移行をサポートします。
  • 業界随一の幅広さを誇るネットワーク データセンター ソリューション群からなるシスコのData Center 3.0アーキテクチャは、信頼性、安全性、即応性に優れた、環境に優しいデータセンターの基盤を構築します。

お客様のプロフィールとコメント

Terremark社:Cisco Nexus 5000と7000によりクラウド コンピューティング マネージド サービスが実現
Terremark Worldwide, Inc.(NASDAQ:TMRK)は、ITインフラストラクチャ サービスを提供するリーディング グローバル プロバイダーです。Terremark社は、マネージド ホスティングとコロケーションのサービスをサポートするCisco Nexus 5000および7000プラットフォームとあわせて、インターネット相互接続点アプリケーションを採用しています。Nexusによって、将来的にEnterprise Cloudなどほかのサービスをサポートする予定です。Terremark社のEnterprise Cloudは、業界をリードする同社のInfinistructure™コンピューティング プラットフォームの機能強化版を使って運営され、同社の一流データセンターと大規模かつ多様なネットワーク接続へのアクセスを最大限活用するものです。Enterprise Cloudの使いやすいWebアプリケーションを中心に、お客様は事前に割り当てられた専用コンピューティング リソース プールからサーバを動的にプロビジョニングすることができます。

「Cisco Nexus 5000と7000はTerremark社のデータセンター マネージド サービス ポートフォリオのアーキテクチャの一部として機能し、これによって、コストを削減しつつ、お客様により多くの帯域幅ときめ細かなサービスを提供することができます。弊社がNexusの採用を決めた理由としては、同製品がデータセンターの要件に特化した設計である点、業界最高レベルの毎秒15テラビットまでの拡張が可能な点、継続的なシステム運営を可能にする高度なパフォーマンスと密度を提供する点、そして将来的に新しいプロトコルをサポートし、データセンターのユニファイド ファブリックへの移行に対応できる点があげられます。今回発表されたシスコのNexus 7000用48ポート ブレードについても、現在ベータテストを実施しているところです。10 ギガビットのポート密度を提供する同製品について、インターネット相互接続点アプリケーションをサポートするための導入に向けて評価を行っています」

Terremark WorldwideシニアIPアーキテクト、ビル・ウィリアムズ氏

StrataScale社:稼働率100%のマネージド ホスティング サービスを可能にするCisco Nexus 7000
StrataScale, Inc. は RagingWire Enterprise Solutions Inc. の完全子会社です。StrataScale社は先日、専用サーバ、ネットワーク サービス、オンデマンド ストレージといったリソースのプロビジョニングとリパーパシング(用途替え)をリアルタイムに行うための、完全自動化されたマネージド ホスティング サービス、「IronScaleSM」の提供を開始しました。IronScaleを支えるネットワーク インフラストラクチャにはCisco Nexus 7000が採用されています。システムのアベイラビリティはサービスプロバイダーにとって重要な要件であり、また同社は稼働率100%のサービスレベル契約を売りとしていることから、Cisco Nexus 7000の持つハイ アベイラビリティという特徴は特に大きな意味を持ちます。

「IronScaleの自動マネージド ホスティング ソリューションのネットワーク コアを支える基盤としてCisco Nexus 7000を採用することにしました。マルチ10ギガビット イーサネット ネットワーク コアで帯域消費型アプリケーションをサポートする必要があったため、Cisco Nexus 7000ならばお客様の要件を満たしつつ、将来のニーズの拡大にも対応できると考えたのです。Cisco Nexus 7000は、比類のない10ギガビット イーサネット ポート密度と、信頼性、そしてIronScaleの環境を常に最先端に保つためのパフォーマンスを提供してくれます」

StrataScale, Inc. エンジニアリング部門シニアディレクター、デノイド・タッカー氏

The Planet社:Nexus 5000により高性能・低コストのデータセンター アーキテクチャが実現
The Planet社は2万5千の顧客を抱えるITホスティング分野の世界的リーダーであり、1,450万以上のWebサイトをホスティングしています。同社は既存のデータセンター用にCisco Nexus 5000を採用し、さらにはテキサス州ダラス近郊のプレーノーに新たに開設される、環境に配慮した総面積8万6,000平方フィート(約 7,990u)のデータセンターにも同テクノロジーを導入する予定です。同施設は同社の定評のあるコロケーション サービスの拡張をサポートするほか、人気のプライベート ラックやPlanet Northstarマネージド ホスティング サービスにも対応する予定です。7個目のデータセンターとなるこの施設の運用が開始されると、The Planet社のデータセンターの総床面積は21万4,500平方フィート(約1万9,930u)となります。新しいデータセンターは2009年5月にオープンし、既存の6つの施設と同じSAS 70 Type II認定を取得する予定です。

「複数のテクノロジーを検討した結果、高性能なスイッチ ファブリック機能と、資本支出の大幅な削減が可能な点が決め手となり、Nexus 5000を採用することにしました。Cisco Nexus 5000を基盤とし、さらにはシスコのデータセンターに関するノウハウを投入することによって、効率性に優れたフューチャープルーフな10ギガビット イーサネット データセンター アーキテクチャが完成しました。同アーキテクチャは、施設とデータセンター マネージド サービス提供の拡張時に、モデルとして使用する予定です。Nexus 5000によって、コストを抑えながら10ギガビット イーサネットにアップグレードすることができ、サーバあたりの帯域幅コストも30%削減されました」

The Planetテクノロジー担当バイスプレジデント、ウィリアム・チャーノック氏

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。(0905R)
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2009/prod_012709e.html >

お問い合わせ