日本版 ニュースリリース

米国ニュース


Cisco CRS-1 が BT の 21 世紀ネットワークで初稼動





2006 年 12 月 4 日、英国ロンドンおよび「ITU TELECOM WORLD」発

米国シスコ(以下シスコ)は本日、BT の 21 世紀ネットワーク(BT 21CN : BT's 21st Century Network)のインターネット プロトコル/マルチプロトコル ラベル スイッチング(IP/MPLS)コアに 11 台の CRS-1 キャリア ルーティング システムを搭載する初の実導入を完了したと発表しました。さらに、来年には、約 100 カ所の BT 21CN 用 BT コア Point of Presence(POP)に CRS-1 システムを導入する予定です。BT 21CN コア ネットワークは、コンシューマ向けビデオ/モビリティ サービスを含む、音声、ビジネスバーチャル プライベート ネットワーク(VPN : Virtual Private Network)、IP、およびブロードバンドのトラフィックを全英で提供することになっています。

BT Wholesale の 21CN コア コンバージェンス & ケーパビリティ担当ディレクタのマット・ビール(Matt Beal)氏はこう話します。「シスコのサポートとノウハウのおかげで、21CN の基盤作りが順調に進んでいます。CRS-1 ルーティング システムは弊社プログラムを成功に導く戦略的な要であり、これによって、お客様がワールドクラスのネットワークを通して統合サービスのメリットを享受できる日がまた 1 歩近づくことになります」

シスコのヨーロッパ市場担当社長のクリス・デディコート(Chris Dedicoat)はこう述べています。「BT 21CN プロジェクトは、BT とシスコのノウハウを活かしつつ、イノベーションのアイデアを共有し、それぞれの課題に協力して取り組む機会を両社に与えてくれています。本日、私たちは重要なマイルストーンを達成しました。BT 21CN プロジェクトの最終目標の実現と、それによって BT のお客様にもたらされる長期的なメリットに、全員が期待を寄せています」

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2006/prod_120306e.html >

お問い合わせ