日本版 ニュースリリース

米国ニュース


シスコのテクノロジーによって、サンティアゴ ベルナベウ スタジアムが
次世代スポーツ アリーナの最先端へ

~シスコの IP インフラストラクチャがレアル マドリッド フットボール クラブの 7 施設を接続 -
最大 8 万人の観客が詰めかけるイベントの PA システム、
回転ドア、照明、温度制御、監視のコストと効率を、
わずか 8 人のスタッフでシングル ポイントから 50% も節約~






2006 年 11 月 20 日、スペイン マドリッド発
本日、シスコは、レアル マドリッド フットボール クラブがシスコのネットワーキング、セキュリティ、Unified Communications テクノロジーを利用して、ビデオ、音声、データ、ワイヤレス サービスを単一ネットワーク経由でファン、企業顧客、従業員、マスコミに提供することを発表しました。現在、サンティアゴ ベルナベウ スタジアムの業務は、IP (インターネット プロトコル) テクノロジーを利用したメイン コントロール センターで完全に管理されており、会場の準備が可能になると同時に、8 万人以上の観衆が詰めかける試合を支えるすべてのインフラストラクチャ要素を、わずか 8 名のスタッフで制御できるようになっています。

ネットワークの配備によって、256 の回転ドアと、スタジアムの照明をリモート制御できるようになりました。また、IP ネットワーク経由で作動するパブリック アドレス システムは、背景雑音レベルに応じて各スピーカーのボリュームを調整し、試合ごとに最適な音質を観客に届けます。スタッフは、IP ビデオ カメラで混雑エリアを監視し、プログラム可能なビデオ画面を通じて、そのエリアの観客を混雑が最も少ない出口に誘導することで、観客の安全を向上させています。

クラブでは、チームの試合から抜粋した映像と、関連するすべての統計情報を含む 4 テラバイトのオンデマンド オーディオ ビジュアル アーカイブを作成しました。このアーカイブには、スタジアム内およびレアル マドリッドの「Ciudad Deportiva」スポーツ コンプレックスのいたる所に設置されている 1,100 ヵ所のネットワーク アクセス ポイントのどこからでも簡単にアクセスできます。たとえば、コーチは、トレーニング中にどこからでも特定のテクニックを選手に見せることができます。

サンティアゴ ベルナベウ スタジアム、バルデベバスの「レアル マドリッド シティ (Ciudad Real Madrid)」、オフィシャル ショップなど、レアル マドリッド フットボール クラブの 7 つの施設をリンクするプロジェクトは、実装とメンテナンスのコストを最大で 50% 節約します。ネットワーク インフラストラクチャは、シスコのキャピタル ファイナンス スキームを通じて、よりコスト効率よく最新の状態に維持され、最新のテクノロジーを通じて最大のパフォーマンスを発揮します。レアル マドリッドでのシスコ ソリューションの実装は、シスコのゴールド認定パートナーである Getronics 社によって行われました。

「シスコと Getronics 社は、新しいサンティアゴ ベルナベウ スタジアムのビジョンの形成を支援し、この施設を世界で最も重要なエンターテイメントと会議の開催場所の一つにしてくれました。私たちの目的は、ファンがスタジアムを訪れ、背後にいるすべてのスタッフを気にすることなく試合を楽しんでくれることです。シスコのテクノロジーは、スタジアム内で生じるすべてのことについて判断を下すために必要な情報をリアルタイムタイムで伝えるインフラストラクチャを提供してくれました」と、レアル マドリッドのシステムおよびテクノロジー マネージャ、エンリケ ユリエル (Enrique Uriel) 氏は説明します。

レアル マドリッドが導入した集約ネットワークは、2000 年にまとめられた同クラブの IP テクノロジーに対する革新的なビジョンの結果です。このビジョンは、広範なサービスのリモート管理に必要なインフラストラクチャをサポートする単一のネットワークで、ビデオ、音声、データを伝送する利点を活用することを目標としています。アクセス制御、パブリック アドレス システム、暖房、スプリンクラー制御、湿度アラーム、照明、エスカレーター運行制御、ビデオ監視、インタラクティブ来訪者情報を、ユーザがテクノロジーに気付くことなくリモート制御で実行できます。レアル マドリッドの管理チームは、記録や、状況に応じて応答が必要なすべての情報を、IP ネットワークを通じてシングル ポイントからリアルタイムで入手できます。

IP インフラストラクチャの柔軟性によって、レアル マドリッドとシスコは、クラブの増大し続けるニーズを見据えたソリューションを開発することができました。Cisco Unified Communications システムは、Lotus Notes メッセージング システム、およびスペインの公安当局の通信にも採用されている高安全性システム、TETRA 無線ネットワークと統合されました。

ネットワークの強化プロジェクトを紹介する記者発表の席で、シスコの地中海地域担当副社長、ジョーディ ボッティフォール (Jordi Botifoll) は、「シスコは、プラットフォームとしてのネットワークの力を示す絶好の機会をレアル マドリッドからいただきました。このプラットフォームを利用することで、新しいサービスから新しい利益を生み出し、全員をバリュー チェーンに安全に結びつけ、プロセスを効率化すると同時に、生産性を高めることができます」とコメントしました。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2006/prod_112006f.html>

お問い合わせ