日本版 ニュースリリース

米国ニュース


カナダのピール学区教育委員会、Cisco Unified Communications を使い成長の基盤を構築

~オンタリオの教育委員会最大のインターネット プロトコル ベースのネットワークが完成 ~






2006 年 11 月 21 日 カナダ・トロント発

シスコ・カナダは本日、カナダ最大の公立教育委員会の 1 つであるピール学区教育委員会が Cisco Unified Communications の導入を進めていると発表しました。今回の導入によって同委員会は、生徒、保護者、スタッフに優れた通信機能を提供しつつ、将来的な技術拡張とコスト削減に向けた基盤を構築するという目標の実現に向けて大きく前進することになります。

ピール教育委員会では、オンタリオ州ミシサーガにあるセントラル オフィスの構内交換機(PBX)電話ネットワークの代替として Cisco Unified Communications システムを導入しました。 IP ベースのソリューションによって、異なるアプリケーションを統合したり、音声、ビデオ、データのトラフィックを 1 つのネットワークに集約したりといった、既存の PBX では不可能だったことにも対応することが可能です。

Cisco Unified Communications の導入を決めてからわずか数カ月で、ミシサーガ オフィスの全ユーザが新しいシステムを利用できるようになり、オンタリオ州の教育委員会で最大となる IP テレフォニー ネットワークが完成しました。

ピール教育委員会では 10 年以上前にシスコのワイドエリア ネットワーク(WAN : Wide-Area Network)アーキテクチャを導入しており、今回の Cisco Unified Communications への移行は次なる戦略的ステップであると言えます。新しい電話システムと Cisco Unified Contact Center が導入される以前、同委員会の PBX 設備はほぼ限界に達しており、保護者などが電話をかけたとしても、話し中であったり、長時間待たされたりといったことがよくありました。

「たとえば、雪の日には、スクールバスの運行状況を問い合わせる電話が保護者からかかってきます。同時に 1 万件の電話が殺到することにもなりかねません。Cisco Unified Contact Center を使えば、バスの運行状況などの重要な情報を電話メッセージの最初に入れることができます。これによって即応性が高まったばかりでなく、電話の集中時にはるかに多くの電話を処理できるようになりました」とピール学区教育委員会の最高情報責任者(CIO)であるローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)氏は話します。

また、12 の内部サービス コールセンターを設置したことで、セルフサービス機能の提供や、特定のエージェントへの電話転送が可能になったばかりでなく、電話の傾向を把握し、サービスを向上させるための電話解析機能を利用できるようにもなりました。

「1 度かぎりの投資としてではなく、サービスの拡大とコストの削減を継続して行うための基盤として、この新しいプラットフォームを見ることが大切です。ただちに利益が得られましたが、これは単なる始まりにすぎません。現在、追加可能なアプリケーションを色々と試しているところです。これらを一緒に使うことで、初期投資が何倍にもなって返ってくることでしょう」とウィリアムズ氏は言います。

ピール教育委員会が行っているパイロット プロジェクトには以下のようなものがあります。

  • 「仮想」電話回線により学校のアクセス回線を増やすことで、電話の集中に対処。「1 校につき電話回線を 4 本増やすとすると、年間 25 万ドル以上の費用がかかります。シスコのプラットフォームならば、従来の専用線にくらべてはるかに少ないコストで、これと同じ増設を行うことが可能です」とウィリアムズ氏は説明します。
  • 集中型ボイスメールのオプションとしてシスコのユニファイド メッセージング機能を使うことで、分散型のソリューションよりもはるかに少ないコストでボイスメール サービスを提供することができます。
  • いくつもの学校を移動する「リソース ティーチャー」の一部は、ラップトップ用にデザインされた最先端の通信アプリケーションである Cisco IP SoftPhone を利用しています。Cisco IP SoftPhone を使うことで、ピール学区の 230 の学校のどこへでも自分の外線番号を持っていくことが可能です。

「ピール学区教育委員会では、ネットワーク基盤を最終的にすべての学校にまで拡張して、教師、生徒、管理者、および保護者がそのメリットを享受できるようにしたいと考えています。Cisco Unified Communications とそれによってもたらされるであろう通信の改善と大幅なコスト削減に期待を寄せています」とウィリアムズ氏は言います。

ピール学区教育委員会について

ピール学区教育委員会はカナダのオンタリオ州で第 2 の規模を誇る学校区であり、776 平方キロの地域内に 230 の学校を擁しています。学区内では約 1 万 2000 人の職員(内、教師は約 9000 人)が働き、14 万 5000 人の生徒が学んでいます。詳しくは http://www.peelschools.org/ をご参照ください。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/global/canada/news/2006/pr_11-21.html >

お問い合わせ