日本版 ニュースリリース

米国ニュース


瑞安不動産とシスコ、
ワールド クラスのデジタル コミュニティを中国に構築

~テクノロジーの適用を優良不動産プロジェクトに拡大する戦略的関係~






2006 年 11 月 16 日、中国 上海発
中国本土の有力不動産デベロッパーである瑞安不動産 (HKSE: 0272) とシスコの国際ビジネス ベンチャーは、本日、Cisco Connected Real Estate (CCRE) ソリューションを利用したワールド クラスのデジタル コミュニティの中国での構築を共に協力して行うと発表しました。共通の目標を包括的に定めた覚書 (MOU) によると、瑞安不動産とシスコは、まず、瑞安不動産が上海で進める開発事業の 1 つである、ナレッジ アンド イノベーション コミュニティ (KIC) プロジェクトで協力する予定です。

テクノロジーと教育の進展を通じてイノベーションを促進することを目的としたこのプロジェクトは、KIC が位置する楊浦区の活性化を目指す上海市当局の目標達成にも役立ちます。各プロジェクトのニーズと、個別に行われる予備調査の結果を見ながら、この協力関係は、瑞安不動産が中国で展開するその他の優良不動産プロジェクトにも拡大される予定です。

「この戦略的協力関係は、KIC にデジタル コミュニティを構築するための重要な一歩です。中国国内のコミュニティを最新技術によって強化するために、瑞安不動産はシスコのような最高の国際的パートナーとの協力を模索しています」と瑞安不動産の会長兼 CEO、ビンセント H. S. ロ (Vincent H.S. Lo) 氏は語ります。

中国の不動産業界に初めて紹介された CCRE ソリューションを展示するために、瑞安不動産とシスコは KIC に共同でデジタル エクスペリエンス ショー スイートを設立する予定です。ショー スイートの訪問者は、業界をリードするセキュリティを利用した、インタラクティブな高度ネットワーク通信を体験できます。展示されるテクノロジーには、Cisco Unified Advantage、ワイヤレス LAN、IP フォン、IP 監視ソリューションなどが含まれます。

「上海の KIC の開発で、不動産業界をリードする瑞安不動産と戦略的な関係を築くことができ、とても満足しています。CCRE は、自信を持ってお勧めできる素晴らしいソリューションです。瑞安不動産が掲げる中国でのデジタル コミュニティの構築というビジョンを現実化する上で、きっとお役に立てるはずです」と Cisco Asia Pacific の社長、オーウェン・チャン (Owen Chan) は述べています。

瑞安不動産について
上海に本社を置く瑞安不動産 (HKSE: 0272) は、中国本土の瑞安グループの、不動産分野での主力企業です。瑞安不動産は、大規模な複合型都心開発プロジェクトと、統合型の宅地造成プロジェクトで実績を重ねてきました。空地とその他公共施設の合計で 810 万平方メートル以上の延べ床面積を提供できる同社は、現在、上海、重慶、武漢、杭州の中心部で、さまざまな開発段階の 6 つのプロジェクトを推進しています。同社は、2006 年 10 月 4 日に香港証券取引所に上場しました。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/global/asiapac/news/2006/pr_11-16.html >

お問い合わせ