日本版 ニュースリリース

米国ニュース


シスコ、コミュニケーションとコラボレーションの新しい方法を発表

~Cisco TelePresence により対面式コミュニケーションのプラットフォームとしてのネットワーク用途が拡大、シスコのエマージング テクノロジー ポートフォリオに新カテゴリー追加 ~






2006 年 10 月 23 日 米カリフォルニア州サンノゼ発

米国シスコ(以下シスコ)は本日、市内あるいは世界のあらゆる場所の、人と人、場所と場所、イベントとイベントをつなぎ、独自の対面式コミュニケーションを提供する新しいテクノロジー ソリューション「Cisco TelePresence」を発表しました。 IP ネットワークを使ったビデオ、オーディオ、リモート コミュニケーションのイノベーションを通して、シスコは「顔と顔を合わせた」コミュニケーションの新たな定義を作り上げました。

調査によると、対面式コミュニケーションの 60 パーセント以上が言葉を使わない非言語的なものであるにも関わらず、もっとも画期的なコラボレーション ツールでさえも、顔と顔を合わせたミーティングの場で交わされる非言語メッセージを記録するようにはなっていないということです。Cisco TelePresence は、両者がどれほど離れていたとしても、あたかもその場にいるかのように感じさせる高品質で充実したコミュニケーション エクスペリエンスを通して、これらの重要なやりとりを記録することで、リモート コミュニケーションに変革をもたらします。

「シスコは、仕事、生活、遊び、学習のあり方、すなわち 1 人の人間のエクスペリエンスを一気に変えようとしています。IP を利用することで私たちは、コミュニケーションの裾野を広げることに成功しました。わざわざ移動することなく、誰かと会ったり、一緒に仕事をしたりすることが可能になったのです。ジェットエンジンによってビジネスおよび個人的なエクスペリエンスの世界が大きく開かれたように、Cisco TelePresence は、かつて遠距離間では不可能とされていた迅速で効果的なナチュラル コミュニケーションの世界を切り開いていくことでしょう」とシスコの最高開発責任者兼上級副社長であるチャールズ・ジャンカルロ(Charles Giancarlo)は述べています。

ネットワークのカバー範囲の広さとインテリジェンスを駆使することで、Cisco TelePresence はインタラクションを妨げる距離の障壁を取り除くと同時に、高品質なエクスペリエンスを提供します。仮想の TelePresence テーブルの向こう側に座った相手と顔と顔を突き合わせて話しているかのような対話体験を可能にし、リモート コミュニケーションのエクスペリエンスを一新させます。また、シスコ独自の Unified Communications 機能が組み込まれていることから、通常の電話をかけるのと同じ手軽さで TelePresence コールを利用することが可能です。

Cisco TelePresence のアプリケーション

Cisco TelePresence は、超高精細 1080p ビデオや、エンドツーエンド遅延の最小化、および広帯域の 3 次元オーディオなど、シスコが設計・構築したイノベーションを利用したソリューションであり、リアルなパーソナル エクスペリエンスを提供することで、ビジネスモデルに変革をもたらそうとしています。テレプレゼンスのカテゴリーが広がりつつあることを受け、シスコでは、医療、小売、銀行、エンターテインメント、公共分野といった特定業種に向けたアプリケーションを開発していく構えです。具体的な案としては、病院の予約、インストア エクスペリエンスを提供するための「バーチャル スペシャリスト」、リモートでの尋問や証言、あるいは孫と祖父母が実際に移動することなく互いの家を行き来することなどがあげられます。これらの中から最初に製品化されたアプリケーションが、本日発表された Cisco TelePresence Meeting ソリューションであり、企業のコラボレーション強化と生産性向上に焦点を絞った内容となっています。

「90 年代の情報のスーパーハイウェイであったネットワークは、あらゆる形態のコミュニケーションに対応するプラットフォームへと進化を遂げ、これまで実現不可能だった新しいビジネスモデルの構築を可能にしています。Cisco TelePresence は、このプラットフォーム上で動作する革新的なアプリケーションであり、リモート コミュニケーションとコラボレーションをまったく新しいレベルにまで引き上げるというコンセプトを前面に打ち出した製品となっています」とシスコのエマージング マーケット テクノロジー グループ担当副社長であるマーティン・デ・ビア(Marthin De Beer)は説明します。

シスコのエンタープライズ ビデオ ソリューション

今やネットワークは、現在、そして次世代のビデオ配信用プラットフォームとして使われるようになってきています。シスコの最新のエマージング テクノロジーである Cisco TelePresence は、一連の新しいエンタープライズ向けビデオ ソリューションの 1 つであり、今年初めに発表された物理的セキュリティ/ビデオ サーベイランスと、先月発表されたデジタルメディアの制作、管理、配信のためのソリューション「Cisco Digital Media System」に続く 3 つ目の製品です。これらの製品ラインは、いずれもシスコの社内ベンチャー チームであるエマージング マーケット テクノロジー グループが開発を手がけました。同グループは、シスコの伝統的なネットワーキング ポートフォリオの枠を越えた周辺市場のイノベーションに焦点を絞り、活動を行っています

Cisco TelePresenceの提供

業界をリードする革新的技術に加え、シスコの世界に広がる代理店網、推奨サービス プロバイダー、そしてシスコ自身のサービスとサポートの能力が、アプリケーションの導入を促進させると同時に、Cisco TelePresence に対する継続的な最適化とビジネス アプリケーションの追加を可能にしています。Cisco TelePresence Advanced Technology Provider(ATP)プログラムには、現在、世界中から 23 のパートナー企業が参加しています。このプログラムは、Cisco TelePresence エクスペリエンスをお客様に届けるためのノウハウや、知的財産、ライフサイクル サービスの提供に向けてパートナー各社を支援するためのものです。

Cisco TelePresence Meeting ソリューションは、シスコ認定の TelePresence コネクションを通して提供されます。この TelePresence コネクション資格は、TelePresence 認定プログラムを履修し、Cisco TelePresence テクノロジーとプロバイダーの Cisco IP Next-Generation Network の緊密な統合を通して、高品質と、高信頼性、簡便さ、ネットワーク インテリジェンスを企業のエンドユーザに提供するためにシスコ テクノロジーを使用することを確約したサービス プロバイダーに対して与えられます。

Cisco TelePresence に関する詳細は http://newsroom.cisco.com/ciscotelepresence/ をご参照ください。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2006/prod_102306.html >

お問い合わせ