日本版 ニュースリリース

米国ニュース


シスコ、企業のモバイル セキュリティを強化

~Secure Services Client 4.0 を発表 -
有線および無線ネットワークにアクセスする複数のデバイスに
単一の認証を提供する、企業向けソリューション~






2006 年 10 月 17 日、カリフォルニア州サンノゼ発
米国シスコ(以下シスコ)は本日、最近行なわれた Meetinghouse Data Communications社の買収を足場に、Cisco Secure Services Client 4.0 を発表しました。これは、複数のデバイスが、有線および無線 ネットワークにセキュアにアクセスできるように、単一の認証フレームワークを提供する、企業向けの高度なセキュリティ ソフトウェアです。

Cisco Secure Services Client は、ネットワークに接続された膨大な数のデバイスの実装および管理の複雑さを緩和する一方、企業のネットワーク管理者に、比類ないクライアント セキュリティを提供します。同様に、ユーザには、自宅や外出先、オフィスなど、どこから接続しているか、あるいは、有線ネットワークと無線ネットワークのどちらを経由しているかに関係なく、統一されたユーザ インターフェイスを提供します。これによって、有線ネットワークと無線ネットワーク上に散らばる、数々の異種クライアントの認証と相互運用をどのように管理するかという、管理者にとって厄介な問題の1つが解消されます。

「ネットワーク セキュリティは総合的かつ効果的である必要がありますが、同時に、使いやすくなければなりません。ネットワークがより複雑になってきた今、ユーザは使いやすさを求めています。管理者は、場所や時間、接続デバイスに関係なく、個人のニーズにスケーラブルに適合できる、拡張可能なセキュリティ ポリシーの管理手段を必要としています」と、無線およびモバイル分野のコンサルティング会社、Farpoint Group 社長、クレイグ マティアス(Craig Mathias)氏は言います。

Cisco Secure Services Client 4.0 - ネットワーク セキュリティの防御の最前線
IEEE 802.1X 認証標準に準拠するよう設計された Cisco Secure Services Client 4.0 は、あらゆるクライアント デバイスに IP アドレスを割り当てる前に、アクセス制御の決定を下します。これは、防御の最前線を提供し、攻撃にさらされる最初のポイントでネットワークを保護するのに役立ちます。

簡易化された、スケーラブルな実装メカニズムにより、管理者は、さまざまなネットワーク接続デバイスにCisco Secure Services Clients を装備し、管理することができます。クライアント アプリケーションは、ユーザとデバイスのIDおよびネットワーク アクセス プロトコルを管理し、ネットワーク アクセスがきわめてセキュアなものになるよう単一ソースから最適化します。これにより、有線と無線で別個のセキュリティ方式を採用した場合に見られる、冗長性および倍加する複雑性を低減します。そのため、管理者はネットワーク接続された複数のデバイスを単一のソースから管理し、安全性を確保することができます。

Cisco Unified Wireless Network 内での使用に最適化され、アクセス セキュリティと管理機能を見事に備えたCisco Secure Services Client 4.0 は、企業のセキュリティ要件を満たす最新の標準とテクノロジーを統合しています。Cisco Secure Services Client 4.0 の特徴には、主に次のようなものがあります。

  • Cisco Secure Access Control Server や、Network Admission Control(NAC)経由の Cisco Self Defending Network など、シスコのセキュリティ ソリューションをサポート
  • 主要な拡張可能認証プロトコル(EAP)のすべてをサポート
  • 次の Wi-Fi 暗号化方式をサポート : Wired Equivalent Privacy(WEP)、Dynamic WEP(802.1X)、TKIP、AES
  • Wi-Fi Protected Access パーソナル モード(WPAパーソナル モード)、WPA2 パーソナル モード、WPA2 エンタープライズ モードを含む、業界標準をサポート
  • Wi-Fi 認定デバイスとの相互互換性

「当機関の有線および無線ネットワークには、何百人ものユーザがいます。ユーザは、学校または家庭から当機関のネットワークにアクセスするので、我々は、デバイスや場所に関係なく、セキュアでシームレスなアクセスの実現を目指しています。Cisco Secure Services Client は、未就学児でも使用可能な、大変使いやすいソリューションを提供してくれます」と、カンザス州トピーカの、オーバーン‐ウォシュバーン統合学区のITディレクタ、ドン・ウィリアム(Don Williams)氏は言っています。

オーバーン‐ウォシュバーン統合学区 437 は、Fortune 500 の企業が抱えるようなネットワーク セキュリティ上の懸念を多く抱えています。9つの学校と 5,000 人以上の生徒から構成されるオーバーン‐ウォシュバーン学区では、1,650 台のさまざまなノートブックとデスクトップからのネットワーク アクセスを、シームレスかつきわめてセキュアに実現する必要があります。デバイスに Cisco Secure Services Client を追加して利用することにより、この学区はネットワーク セキュリティを強化する一方で、セキュリティ ポリシーを簡易化できるようになりました。

「ネットワーク接続されたデバイスの数が急増するにつれて、共通のセキュリティ ソリューションを導入して管理を大幅に簡易化することが、管理者にとって優先事項となるでしょう。本日、シスコは、多数の異種デバイスの安全性を確保し、管理するための基準を引き上げ、新しい標準を設定しました。しかもそれは、これまでよりずっと簡単に、コスト効率よく、より安全に実現できるのです」とシスコのモビリティ ソリューション担当ディレクタであるベン・ギブソン(Ben Gibson)は言います。

Cisco Secure Service Client は、シスコの NAC ソリューションに不可欠なコンポーネントです。Cisco Secure Services Client 4.0 について詳しくは、http://www.cisco.com/en/US/products/ps7034/index.html をご覧ください。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2006/prod_101706.html >

お問い合わせ