日本版 ニュースリリース

米国ニュース


オハイオ州ダブリン、シスコのメッシュ ネットワークでワイヤレス化

~DHB Networks が、治安を強化し、経済開発を推進する目的で、市全域型の Wi-Fi ネットワークを構築 ~






2006 年 10 月 6 日 カリフォルニア州サンノゼ発

米国シスコ(以下シスコ)、オハイオ州ダブリン市、DHB Networks 社は、治安の改善と経済開発の推進に役立てることを目的として、革新的な、市全体を網羅するワイヤレス(Wi-Fi)ネットワークをダブリン市の中心部に導入することを発表しました。DHB Networks 社は、市政機関や企業、居住者向けにワイヤレス ブロードバンド サービスと光ファイバー インターネット サービスを提供する、オハイオ州を拠点とした企業です。同社は、ダブリン市に Wi-Fi を実装するにあたり、屋外技術を提供する企業として、シスコを選びました。

DHB Networks 社は、シスコのメッシュ テクノロジーをワイヤレス インフラストラクチャとして使用して屋外ネットワークを構築し、このネットワークをダブリン市の既存のファイバー ネットワーク システムである DubLink に接続し、メッシュ ネットワークのバックホールとして活用します。ダブリンの警察と市の職員は、専用のワイヤレス ネットワーク帯域を使って、リアルタイムの警察監視カメラや、パトカー用の高速データ アクセス、緊急要員および移動式現場検証向けの携帯型システムなど、数々の革新的なアプリケーションにアクセスできます。DHB Networks 社は、地元企業とコンシューマ向けには、Airwirz というブランド名でワイヤレス アクセス サービスを提供する予定です。さらにDHB は、他のインターネット サービス プロバイダ(ISP)がメッシュ ネットワークを利用してサービスを提供できるように、アクセス サービスを卸売りするための合意契約を規定します。

「市主導のこのワイヤレス実装により、市民や企業、ダブリン市の職員は、インターネットにモバイルでアクセスできるようになります。この屋外 Wi-Fi ネットワークを導入した一番の目的は、治安を強化し、市の業務効率を改善し、その一方で、ダブリン市に拠点を置く企業や市民の皆さんを後押しし、経済成長の機会を提供することです」とダブリン市の メリリー・シンチ・チューリッヒ(Marilee Chinnci-Zuercher )市長は言います。

このワイヤレス ネットワーク実装の最初の段階の一部として、DHB Networks は、Cisco Aironet® 1500 シリーズの Lightweight 屋外メッシュ アクセス ポイントを設置します。このアクセス ポイントは、市内の建物や街灯に取り付けることで、市の中心圏内で4平方マイルのサービス エリアを提供します。管理コストを削減し、ネットワーク監視を集中させる目的で、DHB Networks は、Cisco 4400 シリーズのワイヤレス LAN コントローラと Cisco Wireless Control System を採用します。この最初の実装の後、ワイヤレス メッシュ ネットワークを市全体に拡張します。Cisco 3200 モバイル アクセス ルータは、治安アプリケーションに車載アクセスを提供するために使用されます。このルータは、メッシュ インフラストラクチャを市のデータ センターへのバックホールとして利用します。

革新的な治安デモンストレーション

シスコと DHB Networks は、市と協力して、10月16日にダブリン市で「ワイヤレス デイ」を開催し、オハイオ州中心部の地元コミュニティを集めてメッシュ テクノロジーのデモを行い、モバイル ネットワークがもたらすビジネス チャンスについて学んでもらうことにしました。ここでは、ダブリン警察に導入された治安アプリケーションを始めとする一連の革新的なアプリケーションのデモンストレーションが行なわれる予定です。この特別なアプリケーションは、最新型のモバイル通信車両である、市の Mobile Command Post(MCP)にシスコのワイヤレス モバイル ルータが搭載されたもので、メッシュ ネットワークへの接続機能を持ちます。この車両は、特別なイベントや緊急事態に配備され、緊急要員間での効率的なコミュニケーションの確保を支援します。

シスコと DHB Networks は、ダブリン市が、MCP に搭載されたシスコ モバイル アクセス ルータを使って監視カメラの画像をワイヤレスで転送し、また、マルチステーションなVoIP(Voice over Internet Protocol)ネットワークを運用できるようにしました。さらに、コンピュータベースのディスパッチ/マッピング ソフトウェアを活用できるようにするとともに、メッシュ ネットワークを使ってMPC内およびその周囲でIP電話を使用できるようにしました。

「当社がダブリンのネットワークにシスコのワイヤレス テクノロジーを採用したのは、このテクノロジーが、きわめてスケーラブルで、かつ実装が簡単でありながら、高いパフォーマンスと信頼性を提供したからです。このソリューションは安定した標準を使用しており、リスク、コスト、を削減し、実用化までの時間を大幅に短縮します」と、DHB Networks 社長、デーヴィット・ハイムボー(David Haimbaugh)氏は述べています。

「ダブリン市は、市営 Wi-Fi による革新の実例となる、進歩的なコミュニティです。シスコのワイヤレス ネットワーキング テクノロジーは、今後も、市政機関による、革新的なモバイル アプリケーションの構築と、経済開発のための新しいツールの提供を可能にします」とシスコのモビリティー ソリューション担当シニア ディレクターであるアラン・コーエン(Alan Cohen)は述べています。

ダブリン市について

オハイオ州ダブリン市は、州都コロンバスの北西地域に位置する、サイオト川に囲まれた進歩的で革新的な都市です。ダブリン市は、米国人の 50% 以上、カナダ人の 35 %、製造工場とコンシューマ マーケットの 60 % が集中する 500 マイル圏内にあります。およそ 25 平方マイルの土地と 3 万 9 千人近い人口を擁するこの都市では、毎年、ミュアフィールド ビレッジ ゴルフクラブを舞台に、ジャック 二クラスの PGA ツアー メモリアル トーナメントが開催されます。詳しくは、www.dublin.oh.us をご覧ください。

シスコシステムズ社について
Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com >

* Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。
**当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/partners/news/2006/pr_prod_10-06.html >

お問い合わせ