ワールドニュース

米国 ニュースリリース


シスコのネットワークとUnified Communicationsが SMB であるChamber of SW Florida に大きなビジネス機能を提供


概要

中小企業 (SMB) は、データ バックアップ用の限られたデータ ストレージ スペースと、高価ではないが、効果的でもない、バンドルされた電話システムに悩まされています。Chamber of Southwest Florida も、SMB の典型的な悩みを抱えていました。6 台の PC と 9 機の電話で、最新機能による強力な機能を適切な方法で安価に手に入れるには、どうすればよいのでしょう?

シスコ ゴールド認定パートナーであり、SMB セレクト パートナーでもある Kent Technologies 社は、Cisco Unified Communicationsを設計、配備することで、Chamber of SW Florida の電話と回線使用にかかるコストを 15 パーセント削減し、生産性を大きく引き上げることに成功しました。シスコのソリューションの柔軟性とスケーラビリティが、今後何年にもわたってビジネスを支えます。

2006 年 9 月 28 日
Chamber of Southwest Florida は、フロリダ州フォートメイヤーズに事務所を構える地域ビジネス機関です。質の高い情報やサービス、価値などを提供することで会員のビジネスに貢献し、会員はコミュニティに戦略的な貢献を返します。

シスコ ゴールド認定パートナーであり、SMB セレクト パートナーでもある Kent Technologies 社は、ボニータスプリングスの近くに本社を置いています。Kent Technologies 社は Microsoft 社のゴールド パートナーでもあり、特別なネットワーク プロジェクトやデスクトップ関連で、Chamber と数年間の取引経験を持っていました。

「間違いなく、Chamber のネットワークの更新と、別の電話システムの検討が必要なタイミングでした。」と Kent Technologies 社の副社長、マーク・ファーロン (Marc Farron) 氏は語ります。「サーバのハードドライブにはストレージ スペースがなくなりつつあり、複数のテープが必要なため、バックアップもどんどん複雑になっていました。」Chamber は、古いネットワーク テクノロジーで業務の効率化を目指していただけばかりか、アーキテクチャにバンドルされたソリューションの電話サービスに多額の出費がありました。また、SMB の典型的な悩みも抱えていました。6 台の PC と 9 機の電話で、最新機能による強力な機能を適切な方法で安価に手に入れるには、どうすればよいのでしょう?

ファーロン氏と Kent Technologies 社は、シスコのテクノロジーと、Kent 社の顧客へのワン ストップ ソリューションへの注力の両方によって、この問題に見事に答えました。ネットワークと通信の問題について Chamber of Southwest Florida の代表、スティーブ・タイリー (Steve Tirey)氏 と話し合ったマーク氏と Kent Technologies 社のチームは、LAN のアップグレードと、ホスティングされた Cisco Unified Communications でのレイヤリングによるソリューションと、帯域幅管理ソリューションを提案しました。

「Kent Technologies からは、ネットワークを改善し、コミュニケーションに IP テレフォニーのアプローチを利用する統合型のソリューションが提案されました。」とタイリー氏は語ります。「それまでの古いネットワーク ソリューションは、硬直的で柔軟性がありませんでした。シスコのソリューションを導入すれば、アクセスと帯域幅を管理できるようになります。うちのように小規模な組織にとって、とても素晴らしいソリューションだと思いました。」

シスコの統合型ソリューションの ROI が SMB にもたらす利益と意義

マーク氏は Chamber of Southwest Florida のテクノロジー プロバイダーであるだけではありません。Kent Technologies は長年にわたって Chamber の会員でもあるのです。彼は、Chamber の技術的な目標とビジネス上の目標をよく理解しており、タイリー氏は彼を信頼できるパートナーと見なしていました。

配備の前に、両者が数段階の協議を重ねたことで、マーク氏は Chamber にとって最適なソリューションを突き止め、段階的な配備の計画を示すことができました。最初の段階では、差し迫った問題である、低下したバックアップ ストレージとハード ドライブ スペースに注力しました。Chamber の全体的なテクノロジー イメージを俯瞰したときに、マーク氏は、電話システムの機能的な限界と、帯域幅が狭い上に高額な ISDN への出費に気付きました。

「ISDN では、もう我々のニーズを満たすことはできません。」とタイリー氏も同意します。「マークは、より広い帯域幅を提供し、データ ネットワークから独立して実行される、ボイスメール機能付きの新しい電話システムを売り付けることもできたはずです。しかし、そのようなソリューションでは、統合型ソリューションがもたらすスケールの経済性は得られません。新しい機器のコストを負担する以外に、電話代やインターネット アクセスの支払いをしなければならなかった可能性もあったのです。」

テクノロジーへの投資は、あらゆる企業にとって重要な決断ですが、SMB にとっては特に重要です。Microsoft 社のゴールド パートナーであり、シスコのゴールド パートナーでもあるファーロン氏は、マネージド サービスの提供内容をまとめ、経済的な節約効果が Chamber にとって大きな意味を持つと考えました。ソリューションの各段階のコストを検証したタイリー氏は、コスト低減による節約効果と、生産性の改善、セキュリティの向上を確認しました。

「ホスティングされるCisco Unified Communications システムは、年間の電話代と回線使用料を 15 パーセント節約します。」とタイリー氏は語ります。「しかし、最終的に生産性を向上できなければ意味がありません。現在では、外部のサービスを使用せずに電話会議を設定することができます。ネットワークは高速になり、更新の信頼性も向上しました。この新しい電話システムでは、電話にでられないということがなくなります。また、システムが柔軟なので、私たちのニーズに合わせてプログラミングすることができます。」タイリー氏とファーロン氏は、Chamber のコール トラフィックと、日常業務に電話がどのように利用されているかについて話し合いました。この話し合いに基づいて、かかってきた電話を電子メールの受信箱に入れたり、携帯電話に転送するなど、Chamber に固有のニーズに合わせてCisco Unified Communications システムをカスタマイズすることができました。タイリー氏と Chamber の担当者は、電話に応答できない場合でも、潜在顧客と現在の顧客を特定できるように、コール ロギング機能も必要としていました。

「電話の相手がボイスメールを残さずに電話を切っても、誰からかかってきたのかがわかるので、こちらから折り返して連絡をとることができます。」とタイリー氏は話します。「また、電話を受ける前に誰からの電話であるかがわかるので、受話器を上げてすぐに相手の名前を呼んで挨拶できるようになりました。サービス業ですから、このように親しみのある対応はとても重要なのです。」

ファーロン氏によれば、支出に慎重な中小企業はこれまで、ネットワークのアップグレードか、電話システムの改善のいずれかの選択を迫られていました。シスコのテクノロジー、および Kent Technologies 社の経験と支援により、Chamber of Southwest Florida は、2 つのネットワークから、柔軟性とスケーラビリティを持ち、セキュリティが向上された 1 つの統合型ネットワークに切り替えることができました。また、フロリダ州南西部はハリケーン地帯であるため、ホスティングされたシスコのソリューションはビジネスの継続性も提供します。天候不良によって Chamber の事務所を開くことができない場合でも、担当者は家庭やホテル、あるいは家族や友人宅から、事務所にかかってくる電話に応答することができます。

「このようなシームレスな対応が、私たちの基本的なニーズです。」とタイリー氏は語ります。「私が事務所にいようと、車の中や自宅にいようと、連絡をとることができるので、優れた透明性を会員に提供できます。仕事中であろうとなかろうと、会員が必要とするときに連絡をとり、高いレベルのカスタマー サービスを提供することが重要なのです。」

シスコのパートナーとシスコのテクノロジーにより、成長に応じた変革が中小企業でも可能に

ファーロン氏と Kent Technologies は、事前の計画を丹念に練り上げました。これにより、新しい統合ネットワークとCisco Unified Communications システムは週末の間に準備され、Chamber の業務に支障を来たすことなく、機器が到着した日から稼動させることができました。Kent Technologies 社は、9 機の Cisco Unified IP 7960 フォン、Cisco 2800 シリーズ ルータ、Cisco VPN を配備し、ルータには Power-over-Ethernet ブレードを組み込みました。現在では、Chamber はネットワーキングとコミュニケーションのニーズを満たすために、シスコの統合型テクノロジーのアプローチを採用しています。タイリー氏は、これにも大きなメリットを感じています。

「あと 2 年もすれば、このテクノロジーを今とは別の方法で利用することになると確信しています。しかし、Kent Technologies とシスコというパートナーがいるので、そのプロセスも安心です。」とタイリー氏は語ります。「成長やプロセスの変更によって、物事を異なる方法で扱わなければならなくなった場合に、以前のベンダーであれば、それは不可能だ、とか、そのためには何かを購入しなければならない、と言ったでしょう。Cisco Unified Communicationsであれば、それは単にプログラミングの問題であり、Kent Technologies と協力して解決できます。」

Chamber は、ファーロン氏が毎日目にする SMB の典型的な例です。

「すべてのものにいつでもアクセスできるモビリティが重要です。」とファーロン氏は語ります。「事務所やデスクは、もはやビジネスの中心ではありません。中小企業がこのようなソリューションの利点を理解するには、少し勉強が必要かもしれません。しかし、誤解は取り除かれつつあり、ビジネス クラスのテクノロジー ソリューションが手ごろな価格で入手可能であり、自分たちのビジネスで活用できることについて、人々は日々理解を深めています。」

▲Return to Top

お問い合わせ