ワールドニュース

米国 ニュースリリース


シスコ、通信事業者向けイーサネット ソリューションを強化、新しいマネージド サービス ソリューションを発表、 Ethernet Fiber to the Home テクノロジーでグローバル リーダーシップを推進

サービス プロバイダーによる、単一の キャリア イーサネット インフラストラクチャを使ったビジネス向けおよび家庭向けサービスの迅速な展開が可能になり、増収、コスト削減、顧客忠誠度の向上が実現

2006 年 9 月 25 日、スペイン マドリッド発 (Carrier Ethernet World Congress、ブース 1)
本日シスコ システムズは、IP NGN (インターネット プロトコル次世代ネットワーク) アーキテクチャの強化を発表しました。これにより、ビジネス向け、および家庭向けの幅広いサービスの配備が容易になります。この強化は、サービス プロバイダーの売上増大と顧客忠誠度の向上、およびコスト効率に優れたサービス配備を目的としています。

シスコの IP NGN アーキテクチャは、コアと加入者宅の間の全域で、標準ベースの Carrier Ethernet OAM (Operations、Administration、Maintenance : 操作、管理、保守) 機能を取り入れています。このアーキテクチャには、Cisco® 7600 シリーズ ルータ、Cisco Metro Ethernet (ME) 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチ、Cisco Catalyst® 3750 Metro シリーズ スイッチ、Cisco 1841、2800、3800 サービス統合型ルータが含まれます。新しい OAM 機能には、サービス検証のための IEEE 802.1ag、リンク層トラブルシューティングのための IEEE 802.3ah、加入者宅内機器の自動プロビジョニング用イーサネット リンク管理インターフェイス (E-LMI) も含まれます。

シスコが推奨する IP NGN 実装は、キャリア イーサネット インフラストラクチャに基づいた、独自の ServiceFlex デザインです。このデザインにより、イーサネットベースのサービスを迅速にプロビジョニング (および移行) することができます。今回のOAM 強化は、サービス プロバイダーによるサービス内容合意書 (SLA) の管理にも役立ちます。シスコの ServiceFlex を利用することで、イーサネットベースのビジネス サービスと、家庭向けの「トリプル プレー」サービスを、単一の集約型イーサネット インフラストラクチャ上で提供できるため、サービス プロバイダーは、少ない投資で顧客あたりの売上を増やすことが可能になります。

シスコは、Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチの新製品 2 機種についても発表しました。これは、ビジネス向けのマルチ テナント ユニット (MTU) とシングル テナント ユニット (STU)、および家庭向けのマルチ住居ユニット (MDU) へのイーサネット接続をサポートする、シスコの キャリア イーサネット 製品ポートフォリオに不可欠な製品です。サービス プロバイダーのニーズに合わせて開発された Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチは、家庭向け「トリプル プレー」サービスと、ビジネス向け仮想プライベート ネットワーク (VPN) サービスの両方の市場に最適化された、業界で初めての製品です。

Cisco ME 3400-12CS および Cisco ME 3400-2CS イーサネット アクセス スイッチは、すでに出荷されており、カタログ記載価格は、12CS が $6,995 から、2CS が $1,695 からです。シスコのインテグレーテッド サービス ルータ ポートフォリオには、Cisco 800 シリーズから Cisco 3800 シリーズのルータが含まれます。すべてのルータがすでに出荷されており、カタログ記載価格は、$399 から $13,000 です。

キャリア イーサネット による新しい高価値ビジネス サービスの提供

本日シスコは、新しい Cisco MSS (Managed Services Solution) ネットワーク管理ツールと、それに関連するライフサイクル サービスの提供開始も発表しました。キャリア イーサネット ソリューションのエンドポイントとしてシスコのサービス統合型ルータを使用することで、サービス プロバイダーは、高価値のビジネス サービスを単一の集約型イーサネット インフラストラクチャ上で提供できます。Cisco MSS は、管理対象の加入者宅内機器 (CPE) や、マネージド ネットワーク アドレス変換/ファイアウォール、マネージドIP セキュリティ (IPsec) VPN などの各種マネージド セキュリティ サービスのプロビジョニングを簡略化および高速化します。

Cisco MSS は、サービス統合型ルータをプロビジョニング、設定、監視するためのネットワーク管理ソフトウェアと、セキュリティ サービス、マネージド サービスの計画、配備、最適化をサポートする高度なサービス (プロフェッショナル サービス) から構成されます。

ハイテク市場調査会社、In-Stat でビジネス マーケット リサーチ担当ディレクターを務めるブライアン・ヴァン・デューセン (Bryan Van Dussen)氏 は、「サービス プロバイダーの新たな売上の約 40 パーセントをビジネス サービスが占め、これらのサービスの採算性を考えると、家庭向けのトリプル プレー サービスと同じイーサネット インフラストラクチャ上でビジネス サービスを提供するための IP NGN アーキテクチャが必要になることにシスコは気付いているようです。」と指摘します。「シスコは、ビジネス イーサネット サービス、マネージド CPE、マネージド セキュリティ サービスの、共通アーキテクチャ上での迅速な展開およびエンドツーエンドでの管理に対応した、業界最高レベルの統合型サービス ルータおよびイーサネット インフラストラクチャを組み合わせた、強力なソリューションを提供しています。」

E-FTTH による家庭ユーザのエクスペリエンスの改善

また本日シスコは、Cisco ME 4924 ギガビット イーサネット スイッチの提供開始も発表しました。これは、シングル ラック ユニットの 10 Gbps 対応アクセス集約スイッチの新製品で、Cisco E-FTTH (Ethernet Fiber to the Home) ソリューションの一部です。Cisco E-FTTH ソリューションは、Cisco IP NGN アーキテクチャに不可欠な要素でもあり、インテリジェント ServiceFlex ネットワーク層デザインの一部で、PON (Passive Optical Network) アクセスに代わる有力なアクセス手段として推奨されています。

Cisco E-FTTH ソリューションは、Cisco IP NGN 上での超高速の音声、映像、データ、モビリティの「クアドロプル プレー」サービスを提供することで、エンド ユーザのエクスペリエンスを改善することを目指しています。

シスコのエンドツーエンド E-FTTH ポートフォリオには、次のプラットフォームが含まれます (ただし、これに限定されません)。

  • Cisco 7600 シリーズ ルータ : 家庭向けサービスとビジネス向けサービスの集約
  • Cisco 4500 シリーズ スイッチと Cisco ME 4900 シリーズスイッチ : アクセスの集約
  • Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチ : 集合住宅用
  • Scientific Atlanta® Model 90600 Optical Network Terminator (ONT) : 家庭用の終端

Cisco ME 4924 ギガビット イーサネット アクセス スイッチは、すでに出荷されており、カタログ記載価格は、$43,500 からです。

データ ネットワーキングと通信を得意とする国際的なコンサルティング会社、Infonetics Research の主席アナリストであり、共同設立者でもあるマイケル・ハワード (Michael Howard)氏 は、次のように語っています。「シスコの新しい E-FTTH 製品は、サービス プロバイダーが家庭向けのクアドロプル プレー サービスを新たなレベルに引き上げ易いように設計されています。シスコの E-FTTH 製品セットは、帯域幅のスケーラビリティ、提供できるサービスの柔軟性、ネットワークの弾力性を提供します。これらは、家庭のエンド ユーザ体験の質の向上に寄与します。」

サービス プロバイダーによる新サービスの開始をサポートするシスコの ServiceFlex デザイン

サービス プロバイダーは、シスコの IP NGN を採用し、シスコの ServiceFlex デザインを配備することで、キャリア イーサネット上でビジネスおよび家庭向けの画期的な高速サービスを顧客に提供することができるようになります。また、運営費と資本支出の効率を改善し、プロバイダー自身とその顧客の長期的な成功に必要な、ネットワーク テクノロジーとサービス コントロールを向上させることができます。

M2C

M2C 社は、ロシア北西部に位置する北極圏最大の都市、ムルマンスクで、同国初の「トリプル プレー」サービスの提供を意図して設立されたインターネット サービス プロバイダー (ISP) です。M2C 社は、ビジネス向け、および家庭向けのビデオオンデマンド、IPTVおよびVoIP (Voice over IP) サービスの提供と、市のエンジニアリング システム用の遠隔測定、および行政機関向けの治安サービスの提供を目指しています。M2C 社では、イーサネット OAM に対応した Cisco 7600 シリーズ ルータと Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチをネットワークに導入し、社屋にファイバーを供給しています。

「シスコは、完璧なデザイン アーキテクチャと、ISP 市場配備に関する明確なビジョンを提供してくれました。」と M2C 社の取締役会議長、デニス・シュルーガ (Denis Shulga)氏 は語ります。「我々の目標は、すべての企業と家庭を結び、エンド ユーザが最高のユーザ体験を楽しむことができるネットワークをムルマンスク市と共同で構築することです。」

SureWest Communications

高品位テレビ (HDTV) プログラミングを初めて提供した通信サービス プロバイダーであり、Cisco Powered Network のメンバーでもある SureWest 社は、Cisco 4500 シリーズ スイッチを中心とする Cisco IP NGN アーキテクチャを利用して E-FTTH ネットワークを構築し、米カリフォルニア州サクラメント地区で高品質の IP ビデオ サービスを開発、提供しています。

「我社は、高度な通信サービスを求めるお客様の期待に応えることに専念しています。」と SureWest Communications 社の副社長兼最高技術責任者、ビル・デマス (Bill DeMuth)氏 は話します。「高度な技術によって、単一の IP ベース ネットワークでこれらのサービスを提供できるので、コスト効率良く、速やかに成長することができます。信頼性、柔軟性、スケーラビリティの高いサービスの提供を可能にする、オープン アーキテクチャで構築された標準ベースのソリューションが必要でしたが、シスコはこれらの要件を満たしています。」

SureWest 社の導入の詳細を参照するには、次の URL をクリックしてください。http://www.cisco.com/en/US/netsol/ns561/networking_solutions_customer_profile0900aecd804a93ed.html

UNET、オランダ アルメア市

オランダで画期的なブロードバンド サービスを提供する有力プロバイダーの 1 つ、UNET B.V. は、光ファイバー ネットワークを通じてオランダのアルメア市全域の公共建築物や非営利団体に、超高速の (毎秒 1 ギガビット) ブロードバンド音声、ビデオ (高品位テレビを含む)、データ サービスを提供するために、Cisco E-FTTH ソリューションを選択しました。

UNET 社でテクノロジー担当ディレクターを務めるゲール・バッカー (Ger Bakker)氏 は、次のように説明しています。「シスコは、真の意味でのマルチサービスの提供、つまり、同じイーサネット インフラストラクチャを利用して家庭用とビジネス用の両方の音声サービスおよびビデオ サービスを提供できるようにしてくれる、多様性とサービス品質を我々に与えてくれました。アルメア市の公共機関は、IP 電話、データのバックアップとストレージ、リモート ビデオ監視など、最大で毎秒 2 ギガビットの対称ブロードバンド接続による一元的な共有サービスの恩恵をすでに享受しています。」

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ