ワールドニュース

米国 ニュースリリース


Italtel 社とシスコ、EMEA と中南米地域における新たな統合型ソリューションの開発で戦略的関係を延長

次世代ネットワーク市場とビジネス向け音声サービス市場でのビジネス機会に対応するため、提携を強化

2006 年 9 月 13 日、イタリア ミラノ発
本日、次世代ネットワーク (NGN) および次世代サービス (NGS) に関するソリューション、製品、サービスの有力企業である Italtel 社とシスコ システムズは、戦略的な技術、営業提携を 2008 年まで延長し、また対象市場を EMEA (ヨーロッパ、中東、アフリカ) から中南米にまで拡大する、新しい契約に署名しました。

2005 年初頭に戦略的提携契約を初めて締結して以来、Italtel 社とシスコは、サービス プロバイダーを対象としたネットワーク インフラストラクチャの最適化、消費者市場向けのマルチメディア通信サービス、ビジネス市場向けのホステッドおよびマネージド ユニファイド コミュニケーション サービスのそれぞれにおいて、技術開発に共同で取り組んできました。

最近の成功事例としては、BT-Albacom、Belgacom、アラブ首長国連邦の EITC (du)、Telecom Italia、Telekomunikacja Polska などへの導入があります。

延長契約の一環として、Italtel 社は、固定/モバイル統合型サービスを提供するサービス プロバイダー向けソリューションと、ネットワークにインテリジェンスを組み込むことでサービスの創出を高速化し、運営コストを削減するためのソリューションを含む、一連のソリューションを明示しました。

契約の対象が中南米市場にまで拡大されたのは、いくつかの共同事業の成功があったからです。これらの成功事例には、ブラジルとアルゼンチンにおける、既存ネットワークの最適化と拡張を目的とした、固定/ワイヤレス サービス プロバイダー向けのVoIP インフラストラクチャの導入などがあります。

Yankee Group は、次世代ネットワークのインフラストラクチャとサービスの市場は、2005 年から 2008 年にかけて世界全体で 35 億ユーロから 67 億ユーロに拡大し、複合年間成長率 (CAGR) は 24% に達すると予測しています。EMEA での NGN と NGS の成長の力強さを示すより具体的な予測として、設備投資の伸びが挙げられます。Yankee Group によれば、設備投資額は 8 億 3,300 万ユーロから 15 億ユーロに拡大され、22% の CAGR を示します。Yankee Group の調べでは、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、チリで現在事業を展開しているすべての事業者が、次世代 IP/MPLS ネットワークの配備に前向きであり、これも新システムの需要を押し上げています。(出典: Yankee Group、2006 年 2 月)

「Italtel とシスコが戦略的な提携をさらに強化することを発表でき、たいへん光栄に思います。」と Italtel の最高経営責任者、マウロ リゲッティ (Mauro Righetti) は話します。「私たちは、これまでの結果に十分に満足しています。提携により、ネットワークのあらゆる側面で、市場の要件と要望を完全に満たした提案を開発することができました。ソフトスイッチ技術における我々の優位性と、IP NGN (IP 次世代ネットワーク) と IP 通信におけるシスコのリーダーシップは、既存の音声インフラストラクチャから IP ベース ネットワークへの移行によって生じる新しい市場で重要な役割を担うための、最適な補完条件であると言えます。」

シスコのヨーロッパ市場サービス プロバイダー担当副社長、ジェレイント・アンダーソン (Geraint Anderson) は、「ダイナミックな、混乱した市場で成功するには、正しい技術戦略を選択する必要があります。ヨーロッパの主要通信事業者との仕事を通じて、シスコと Italtel は、この面でサービス プロバイダーを支援できるだけの経験と知識を獲得しました。」と説明します。「両社の提携関係の延長は、事業者が次世代ネットワークへの転換を加速し、画期的なサービスを速やかに提供することで高い競争力をつける上でも有利に働きます。」

シスコの新興市場サービス プロバイダー担当副社長、マッシモ・ミリオーロ (Massimo Migliuolo) は次のように述べています。「中東と中南米は、著しい成長を示している地域であり、次世代のトリプル プレー サービスやクアドロプル プレー サービスへの移行を目指す事業者には、無数のビジネス チャンスがあります。アラブ首長国連邦の du 社での最近の共同プロジェクトは、実績のあるソリューションを新しいマーケットに投入する我々の能力の高さを示しています。お客様にとって市場投入のスピードは最重要課題の 1 つですが、シスコと Italtel の緊密な協力により、これらのソリューションの迅速かつ効率的な配備が可能になります。」

両社は、Italtel 社のソフトスイッチ テクノロジーとシスコの IP テクノロジーをベースとした共同ソリューションの開発とマーケティングに関して、協力関係を継続していきます。Italtel 社とシスコの共同ソリューションには、マルチメディア キャリアクラス IP 通信、ホステッドおよびマネージド ユニファイド コミュニケーション サービス、サービスおよびネットワーク コントロール ソリューション、IMS (IP マルチメディア サブシステム) ソリューション、NG-OSS (次世代オペレーショナル サポート システム) などが含まれます。

Telecom Italia 社は、ホステッドおよびマネージド ユニファイド コミュニケーション サービスを配備するシスコと Italtel 社のソリューションを無事に導入しました。いくつかの大企業、特に金融分野の企業が、これらのサービスの配備を決定しています。

今後の 3 年間は、エンタープライズ市場と公共部門でホステッドおよびマネージド ユニファイド コミュニケーション サービスの需要が高まると予測されています。Telecom Italia 社では、画期的なサービスの提供と管理、および固定とモバイルの統合に向けたシスコと Italtel 社の共同ソリューションの導入も検討しています。

Italtel 社とシスコが共同で開発したビジネス用音声ソリューションは、2006 年 10 月 9 日から 12 日にフランスのパリで開催される Broadband World Forum Europe に出展され、デモが行われます。

Italtel Group について

Italtel Group は、次世代の統合型マルチサービス ネットワーク (音声/データ/映像) 向けのソリューションを設計、開発、配備しています。最先端の製品と高いシステム統合力を駆使し、固定/モバイル通信事業者、インターネット サービス プロバイダー、大企業、公共部門に、ネットワークに対してオープンで、技術の進化にも柔軟に対応する、信頼性の高いインフラストラクチャを提供しています。2006 年 2 月 27 日の株主総会で承認された連結決算書によれば、Italtel 社の 2005 年度の売上総額は 5 億 4、580 万ユーロ、現在の従業員数は約 2,300 人です。

Italtel Group S.p.A. の株主構成は、次のとおりです。CDRD Investment (ルクセンブルク) III S.a r.l. (48.77%)、Telecom Italia Finance S.A. (19.37%)、Cisco Systems International B.V. (18.40%)、Advent Investment (ルクセンブルク) S.ar.l. (8.65%)、Brera Italtel LLC (2.16%)、従業員と役員のグループから社内保有株式以外の株式の保有を委託された Cordusio Societa Fiduciaria per Azioni (2.65%)。Italtel 社の最高経営責任者は、マウロ リゲッティ (Mauro Righetti) です。

Web サイト: www.italtel.com

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ