ワールドニュース

米国 ニュースリリース


シスコ、Wi-Fi メッシュ テクノロジーによるクリーブランド市の無線化で OneCommunity と連携

メッシュの導入により、クリーブランド市近郊にデジタル ブリッジを構築

2006 年 9 月 13 日、米カリフォルニア州サンノゼ発
本日シスコ システムズは、クリーブランド市近郊に無償の屋外 Wi-Fi メッシュ サービスを提供するための官民両セクターによる新しい取り組みで、地元の NPO、OneCommunity と連携することを発表しました。このメッシュ ネットワークは、オンラインの教育、医療、就職、行政サービスにアクセスするための「デジタル ブリッジ」を住民に提供します。

「Wi-Fi メッシュには、優れた社会等化機能があります。それ以外の方法では入手できないリソースに接続し、やり取りできる機能を近隣の地域全体に提供します。」と、シスコのモビリティ ソリューション担当上級ディレクター、アラン・S.・コーエン (Alan S. Cohen) は説明します。「OneCommunity と共同で、この地域の住民に新しい機会を提供し、生活、仕事、学習、娯楽の質を高めるお手伝いができることを、シスコは誇りに思います。」

クリーブランド市近郊を一体化するデジタル ブリッジ プロジェクト

クリーブランド市のデジタル ブリッジ プロジェクトは、OneCommunity、Sprint、Time Warner、シスコによる共同の取り組みです。この地域の住民、企業、団体は、インターネットと、OneCommunity が提供するサービスに無償でアクセスできるようになります。OneCommunity は、地域の病院、図書館、教会、大学に対して、コンピュータを持たない人向けにこのデジタル ブリッジ プロジェクトへの入口を提供するように働きかけています。

「この地域のデジタル ブリッジの構築に、シスコの手を貸りられるなんて感激です。」と、OneCommunity の代表、スコット・ラーク (Scot Rourke) 氏は語ります。「Wi-Fi メッシュ ネットワークの多くの用途は、インターネット アクセスの改善にとどまりません。住民たちは近日中に、リモート健康管理などの新しいサービスを体験できるようになります。このようなサービスは、直ちにこのコミュニティにプラスの効果を与えるはずです。」

デジタル ブリッジ プログラムの試験運用は、ケース ウェスタン リザーブ大学で本日から開始されます。キャンパスでは、学生、住民、医療の専門家などが、どのように無料ネットワークを活用するかを説明するデモが行われます。

Cisco Unified Wireless Mesh Networking ソリューション

Cisco Unified Wireless Mesh Networking ソリューションを利用することで、セキュリティ保護された屋外ワイヤレス LAN をコスト効率良く、スケーラブルに配備できます。政府機関や個人は、固定およびモバイル アプリケーションにアクセスできるようになり、公共の安全、効率、生産性、応答性を改善できます。

このソリューションは、IP ネットワークを広域環境に拡大するために、シスコの Aironet 1500 シリーズ軽量アウトドア メッシュ アクセス ポイントを使用しています。また、高速接続性を確保するため、規格として802.11a、802.11b、802.11g が採用されています。

このソリューションにより、地方自治体、公的安全機関、交通機関は、従来の有線ネットワークによるサービスやアプリケーションを、現在の物理インフラストラクチャを超えて拡大し、画期的な新しい方法によって、そこで働く人々と住民の両方に対する通信とサービス提供を加速させることができます。

シスコのエンタープライズ ワイヤレス ソリューションの詳細については、www.cisco.com/go/wirelessmesh を参照してください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ