ワールドニュース

米国 ニュースリリース


シスコ SMB パートナーである Peak IP Solutions 社が、ユニファイド コミュニケーションによる新規企業のオフィス統合を支援

2006 年 8 月 24 日

概要

新規会社の運用担当 VP が、本社と 12 の支社を結ぶ通信システムを選択する必要に迫られています。非効率なテクノロジーを採用して交換せざるを得なくなるリスクを負うよりも、適切なテクノロジーでスタートを切りたいと考え、彼女はシスコ ユニファイド コミュニケーションを選択しました。シスコのソリューションが、どのようにしてこの企業の分散したオフィスを統合し、標準的な PBX タイプのソリューションと比較して月額 $ 15 K の節約を実現したか、是非お読みください。

Liberty Title 社は 2005 年 9 月に業務を許可された新規企業であり、本社はサンフランシスコから 40 分東に離れたウォールナットクリークにありました。同社の 80 名の従業員は、カリフォルニア北部の 6 つの郡にある支社に勤務していました。

企業が新しかったため、Liberty Title の運用担当副社長であるジャネット・ウィリアムズ ミラー(Janet Williams-Miller)女史は、テクノロジーに関するいくつかの主要な意思決定をする必要に迫られていました。

「何に投資するにしても、私達はそれを長い間使わなければなりません。だからこそ、最新のネットワークと通信テクノロジーを希望しました。」と彼女は言います。「効率の悪い古いテクノロジーを取り替えるのは、新しいものを揃えるよりもお金がかかります。このため、私達は本当に適切なソリューションでスタートを切りたいと思ったのです。」

彼女はまだ特定のソリューションを決定する段階にありませんでした。より重要なのは、信頼でき、コミュニケーションが取りやすく、確実なアドバイスを期待できるパートナー企業を見つけることでした。カリフォルニア州リバーモアにあるシスコ プレミア パートナー兼 SMB セレクト パートナーである Peak IP Solution 社のダグ・ラナー(Doug Renner)氏と彼が率いるチームに会ったとき、ウィリアムズ ミラー女史は求めていたものを見つけました。Peak IP Solutions は、2 社のコア パートナー、Microsoft とシスコシステムズに焦点を当てて、SMB セグメントのクライアントをターゲットにソリューションを提供している企業です。

「当社独自の付加価値は、Microsoft とシスコの両方のプラットフォームを組み合わせて、SMB 規模の企業にトータル ソリューションを提供することです。」と Peak IP Solutions 社長、ダグ・ラナー氏は言います。ウィリアムズ ミラー女史は、Peak IP Solutions が最近、ほかのマルチサイト プロジェクトで非常に良い結果を出していたことも気に入りました。

ウィリアムズ ミラー女史は、VoIP(voice over internet protocol)と選択可能なその他のソリューションに関する基礎知識を持っていました。彼女は、新しい事務所を開設した場合には敷設に時間と費用がかかることから、標準的なPBX(構内交換機)電話システムには難色を示しました。全国各地の顧客やさまざまな不動産業者、貸手との通話で会社が負担することになる長距離電話代も心配でした。ラナー氏は彼女に、なぜ VoIP テクノロジーが最適な最先端通信であるかを示しました。シスコ ユニファイド コミュニケーションを採用することによって、Liberty Title は最新のテクノロジーを入手し、さらに、標準的な電話サービスと比較して約 60 %も節約することができます。同氏はまた、このソリューションの柔軟性について、新しい事務所を開設する場合にどれだけ迅速な敷設が可能か、また統合通信ソリューションが将来にわたって企業にどのように貢献するかを説明しました。

Peak IP Solutions は、ダイナミック マルチポイントVPN、2800シリーズ統合サービスルータ、中央管理型のCallManager、そして、モバイルに完全に対応したユニファイド コミュニケーション ソリューションを実現するために、Treo 700w 携帯電話と組み合わされた Unity Unified Messaging を搭載したシスコ ユニファイド コミュニケーション システムを推奨しました。さらにラナー氏は、シスコの IP ソリューションをQwest 社のインターネット バックボーンと統合するよう提案しました。Qwest 社のOne Flex Integrated Access サービスと統合することによって、Peak IP Solutions は、同社が考える現在利用可能なものの中でもっとも安い音声データソリューションを提供することができたのです。Qwest は、QOS (Quality Of Service) が可能なバックボーンを供給し、また、ダイナミックな帯域幅を実現する 1 本の T1 ラインで、音声とデータの両方を提供します。

「従来型の T1 による音声⁄データ ソリューションでは、T1 ラインは半分が音声用、もう半分がデータ用に恒久的に分割されます。」とラナー氏は解説します。「Qwest のソリューションでは 100 % データ用の接続を提供して、ライン上で音声による通話が行なわれた場合に、その通話用の帯域幅を保護してQoS を確保するので、使用されない帯域幅は発生しません。当社では、これが、通信事業者が提供するもっとも安価な音声⁄データ ソリューションだと考えています。」

ラナー氏は、シスコ ユニファイド コミュニケーションは、Integrated Access T1 サービスにスムーズに適合すると言います。スイッチはルータと相性が良く、リモートサイトでの機能性も、競合他社のソリューションより格段にスムーズです。

要求された実装スケジュールでは、3 箇所ですぐに着手する必要があったため、処理に約 3 週間を要する T1 ラインを発注しました。その他の課題として一部の機能停止がありましたが、Qwest がすぐに対応しました。最後に残った課題は、新しい電話とその最新機能に適応できるよう、ユーザを支援することでした。新規会社とエスクロー会社の従業員は、何時間もこの電話を操作して、十分に慣れ親しみました。ラナー氏と IP Solutions のチームはトレーナーを送り込んで、従業員がこの新しい電話に慣れ、5桁の電話番号やすべてのユニファイド コミュニケーション機能に適応できるよう支援しました。

現在、Liberty Title 社では、最初の事務所が開設され、従業員は電話を使いこなしています。同社および同社の従業員は、IP 通信の恩恵を享受しています。ウィリアムズ ミラー女史は、長距離電話代と回線使用料だけで、月額 $ 15,000 を節約していると報告します。また、ラナー氏は、Liberty Title がファックス サーバを導入すれば、SOX への準拠を強化しながら、膨大な紙とインクを節約できると考えています。

「シスコ ユニファイド コミュニケーションによって私達の会社は統合されました。」とウィリアムズ ミラー女史は言います。「それに、当社の電話代の請求書は最小限で済んでいます。特に、標準の PBX タイプの電話システムに支払わなければならない金額と比べると雲泥の差です。」

Peak IP Solutions のラナー氏と彼のチームは、IP クライアント企業の熱意をを熟知しています。ビジネサーバからシステム、インフラストラクチャ、そして今や電話まで、全範囲のテクノロジーをに効率的に組み入れる同社の能力のおかげで、ビジネスは成長を続けています。

「SMB セクタには、システムやサーバに精通しているシステム インテグレータはたくさん存在します。しかしこれらの企業は、インフラストラクチャやファイアウォール、ましてや音声技術についてはほとんど知識がありません。だからこそ、当社がターゲットとする SMB セクタでは、これらすべてに関する当社の専門知識が本当に貴重であると感じています。」とラナー氏は言います。

▲Return to Top

お問い合わせ