ワールドニュース

米国 ニュースリリース


HP とシスコ、企業カスタマー向けに包括的な屋内ワイヤレス ソリューションを提供

2006 年 8 月 29 日、カリフォルニア州パロアルト発

HP とシスコシステムズ(ナスダック:CSCO)は本日、企業カスタマーが、シスコの Pervasive Indoor Wireless テクノロジーに基づく、数々の新しいアプリケーションとサービスを利用できるよう、共同で支援を行うことを発表しました。

この新しいアプリケーションとサービスには、セキュリティ、ゲスト アクセス、Voice over Wi-Fi、ロケーションベース サービスなどが含まれ、さらに、IT 資産のトラッキング、プレゼンス ベースのアプリケーション、デュアルモードの音声、統合された侵入検出⁄防止機能など、さまざまな新しいアプリケーションの作成を可能にします。

HP は、Cisco Catalyst 3750G 統合ワイヤレス LAN コントローラや、Cisco Unified Wireless Network Software Release 4.0 など、シスコのユニファイド ワイヤレス ネットワーク ファミリの新製品や拡張製品を利用したシステム統合サービスを提供します。今回の提携は、WLAN サービスの運用効率の改善と、コスト削減を目指したものです。

「これは、多くの新しいアプリケーションを利用可能にするワイヤレス基盤を構築するための両社の戦略的試みです。」と、HP Service のテクノロジー サービス担当副社長、ブライアン・ブロイレット(Brian Brouillette)氏は言います。「こうした試みを通じて、お客様は、さまざまな新しい、スケーラブルなアプリケーションの恩恵を、迅速かつコスト効率よく享受することができます。」

シスコのユニファイド ワイヤレス ネットワーク ソリューションは、企業が直面する、WLAN のセキュリティ、実装、管理、コントロール上の問題に効率的に対応します。HP は、シスコの包括的なワイヤレス プラットフォームを足場に、設計、統合、管理サービスを提供し、このソリューションのカスタマー向けサポートを行なうことによって、総合的な企業向けネットワーク コンピューティング ソリューションを確立します。

「我々の戦略は、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合したユニファイド ワイヤレス ネットワーク アーキテクチャを提供することで、ネットワークのスケーラビリティを実現し、実装を簡素化し、総所有コストを低減することです。」と、シスコの副社長兼ワイヤレス ネットワーキング事業部のジェネラル マネージャであるブリット・ギャロウェー(Brett Galloway)は言います。「我々は、HP と提携して、企業ビジネスを、アプリケーション、ビジネス プロセス、収益率を推進するインテリジェント ネットワークに誘導できることをとても嬉しく思います。」

今年のもっと早い時期に、シスコは、ワイヤレス ネットワークのインテリジェンスを中央に集中させるための同社の管理プロトコルである、Light Weight Access Point Protocol(LWAPP)とともに機能する、いくつかの新製品およびアップグレード製品を発表しました。インテリジェンスの大部分を中央集中型コントローラに移すことによって、アクセス ポイントの設定時間が大幅に削減されます。これにより、HP は Cisco Pervasive Indoor WLAN をより高速に実装、拡張し、管理を簡易化できるようになります。お客様は、新しいシスコ製品を実装する際、または、既存の Cisco 1200 IOS ベース アクセス ポイントのファームウェアを変更する際に、HP の専門知識を頼りに、LWAPP を完全に活用することができます。

「HP とシスコは、当大学の新しいワイヤレス キャンパスを設計、実装しました。これにより、柔軟性が増し、運用効率が大幅に改善されたことを大変嬉しく思います。」と、カナダのニューブランズウィックにある、Université de Moncton の学長、イヴォン・フォンテーヌ(Yvon Fontaine)氏は話しています。「新しいワイヤレス ネットワークのおかげで導入することができた新しいアプリケーションとサービスは、私達により多くの恩恵をもたらしました。当大学の新しいVoice over IP アプリケーションにより、コストを削減し、大学のスタッフおよび学生に対するサービスを強化することができました。たとえば、現在、スタッフ メンバーは、他のキャンパスで行なわれる会議に出席するために 4 時間も移動する必要はありませんし、電話会議のための高価な長距離電話代も必要ありません。もっとも意外だったのは、これらすべてが一緒に、サービスを中断させることなく、たった4週間で導入されたことです。」

本日の発表は、HP のマルチベンダー ネットワーキング戦略の一部です。この発表は、企業が戦略的データ、音声、ビデオを、必要とする時、必要な場所で作成、保存、配信することができるインテリジェント インフラストラクチャを展開しようする HP とシスコの試みを拡張します。また、この発表は、両社のグローバルな戦略的提携を確立します。HP とシスコの提携によって提供されるその他のソリューションとしては、インテリジェント ビルディング、IP テレフォニー、統合サービス管理、HP OpenView ネットワーク管理、モバイルおよびワイヤレス、仮想データ センター、ネットワーク ストレージ ソリューションなどがあります。

シスコ ユニファイド ワイヤレス ネットワーク ソリューションについての情報は、www.cisco.com/go/wireless をご覧ください。HP のシステム統合サービスについての情報は、www.hp.com/go/services をご覧ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

HP について

HP はコンシューマ、企業、各種機関等にグローバルにサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダです。同社は、IT インフラストラクチャ、グローバル サービス、企業および個人向けのコンピューティング、イメージング、印刷まで、幅広い製品、サービスを提供しています。2006 年 7 月 31 日締めの年間売上高は 900 億ドルでした。HP(NYSE、Nasdaq:HPQ)についての情報はhttp://www.hp.com/ をご覧ください。.

編集者への注意 : HP のニュース リリースは、www.hp.com/hpinfo/rss.html から RSS フィードで入手可能です。

このニュース リリースには、現時点では未確定の情報が含まれており、リスク、不確定要素、仮定が存在します。このようなリスクまたは不確定要素が現実となったり、またはこのような仮定が不正確であることが判明した場合は、HP および HP の連結子会社による業績が、その不確定要素や仮定に基づいて表示または暗示された予測と著しく異なる可能性があります。過去の事実以外の情報はすべて、未確定の情報とみなされます。これらの情報には、将来の経営の計画、戦略、管理目標に関する情報、製品やサービスの予測される開発、業績、市場シェアに関する情報、期待される操業成績および財務結果、予測または信念、前述のいずれかを基礎とする仮定が含まれますが、これに限られません。リスク、不確定要素、仮定には、予測された業績の達成や HP の証券取引委員会への報告(2006 年 4 月 30 日までの四半期分の Form 10-Q での四半期報告書、および 2005 年 10 月 31 日までの営業年度分のForm 10-K での HP 年次報告書の後に提出されたその他の報告書を含むがこれに限るものではない)にその時々に記述されているその他のリスクを含みます。HP はこの不確定情報について責任を負わず、これを更新することはありません。

2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P. ここに記述された情報は予告なく変更される場合があります。HP 製品およびサービスに対する保証は、当該製品およびサービスに付属の明示的保証規定に記載されているものに限られます。ここに記載されているいかなる内容も、新たに保証を追加するものではありません。HP は、ここに含まれる技術的および構成上の誤り、省略に対しては責任を負いません。 8/2006

▲Return to Top

お問い合わせ