ワールドニュース

米国ニュース


Norwich Union社、ストレージ データ管理の改善とコストの削減に向けてシスコのSANを導入

シスコの技術が、急速な拡大を続けるデータ リソースの管理を効率化

2006年7月5日、英ロンドン発
イギリス最大の保険会社Norwich Union社が、ストレージ管理の効率化、データのセキュリティと信頼性の向上、および総ITコストの削減を目指し、シスコシステムズ (以下シスコ) のストレージ エリア ネットワーク (SAN) の導入を進めています。

Norwich Union社のSANはCisco MDS 9000 Multilayerのファブリック スイッチとディレクタで構成されており、導入が完了すれば、ストレージの「アイランド」を1つに統合し、データセンターのマルチプラットフォーム環境をサポートするSANポートを2500台以上設置できるようになります。多様なホストOSをサポートし、複数のストレージ デバイスのストレージ ニーズに対応することが可能です。さらには、年間のストレージ コストが大きく削減され、ストレージ リソースを有効に利用できるようになると見込まれます。

新しいSANでは、コスト高率に優れたストレージ技術を選択できることから、既存のストレージ容量を活用し、ストレージ メディアのコストを節約することが可能です。Norwich Union社の顧客情報――イギリスの世帯の5分の1と自動車の7分の1に相当――からなる150テラバイト (TB) のデータの管理に、同SANが利用されることになっています。金融サービス業界では、毎年70パーセントの割合でデータが増加すると言われています。

Norwich Union社の主任コンサルタントのロリー・ゴラム (Roly Goram) 氏はこう話します。「シスコベースのSANによって、データ ストレージ環境の統合と効率化が進むと同時に、コスト削減が可能になることから、ITをビジネスの経費から資産に変えるという当社のビジョンの実現化が期待できます。シスコ ソリューションのようなテクノロジーを有効に利用することで、金融製品およびサービスの提供が改善されるばかりでなく、既存のITリソースを活用できるようになると確信しています」

「Norwich Union社のような大企業では、コスト削減や、カスタマーサービス、法令順守などを効果的に行う戦略的ビジネス ツールとしてのエンタープライズワイド ネットワークの重要性がますます高まりつつあります。シスコの技術は、イギリスの大手金融機関の中核を支えているばかりでなく、ビジネスの効率やパフォーマンスに大きな影響を与える様々なアプリケーションの礎を支えてもいるのです」とシスコシステムズUKのファイナンス部門ディレクタであるスコット・ガードナー (Scot Gardner) は述べています。

Norwich Union社では、2つのデータセンターのストレージ リソースを共有するCisco MDS 9509 MultilayerディレクタをSANソリューションの管理用として利用すると同時に、データセンター ネットワーク アーキテクチャの1要素としてCisco Catalyst 6500シリーズ スイッチを採用する予定です。Norwich Union社のSANソリューション導入では、Cisco Strategic Alliance PartnerのIBM社がメインフレーム環境を、Cisco Registered PartnerのEMC社がオープンスタンダード プラットフォームをそれぞれ担当します。

Norwich Union社について
Norwich Union社は約14パーセントの市場シェアを持つイギリス最大の保険会社です。個人やスモールビジネスにターゲットを絞った事業を展開しており、イギリス国内の5分の1の世帯と、自動車の7分の1、および約80万社の企業が同社の保険に加入しています。Norwich Union社の製品は、ブローカー、銀行や住宅金融組合などのコーポレート パートナー、およびNorwich Union Directといった様々な販売チャネルを通して提供されます。親会社であるAviva社は、先ごろRAC社の買収を発表しました。この買収によって、Norwich Union社の専門知識ならびに自動車保険市場での優勢さと、RAC社の強力なブランド力と顧客ベースとが1つに融合されることになります。
シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ