ワールドニュース

米国ニュース


「世界最速に違いないインターネット カフェ」が英国コーンウォールにオープン

グーンヒリーの町で通常のブロードバンド接続の25~50倍のデータ ダウンロード レートが実現

2006年6月26日
間もなく、イギリスの辺鄙な田舎町に世界最速に違いないインターネット カフェが開店します。

英国コーンウォール州のリザード半島にあるBTの「Goonhilly Satellite Earth Station」が明日、人気の観光センターで高速サービスを開始します。

カフェのコンピュータはBTの高性能グローバル IP ネットワークに接続され、100メガビット/秒 (Mbit/s) でデータをダウンロードすることができます。これは、家庭で使われる一般的なブロードバンド接続の25~50倍に相当する速さです。

インターネット カフェを始動するにあたり、BTでは世界有数のテクノロジー企業の機器を採用。Apple社は最新のIntel Core Duoプロセッサ搭載のiMac 12台とXserveサーバを、シスコはルーティング、スイッチング、Voice over Internet Protocol (VoIP) テクノロジーを、そしてSennheiser社はヘッドセットを提供しています。

Goonhilly Satellite Earth Stationには年間8万人の人々が訪れていますが、今後はインターネット カフェの超高速通信を無料で利用することが可能になります。

カフェ始動の音頭を取るBTのコーポレート リスポンシビリティ部門担当ディレクタのエイドリアン・ハスフォード (Adrian Hosford) 氏はこう説明します。「私たちが世界最速であると確信するこのインターネット カフェは、未来のネットワークに接続され、これまでの常識を覆すオンライン スピードを体感できるようになっています」

「たとえば、カフェのコンピュータを使えば、DVD版のブリタニカ大百科事典――1万9000のイラストと、629のオーディオ/ビデオ クリップ、および10万の記事を収録――と同サイズのファイルを15分以内でダウンロードすることができます。標準的なブロードバンド接続なら、5時間はかかるでしょう」

「また、この技術をうまく活用すれば、乗り物での移動を減らすことができ、異常気象の抑制と環境保護につながると期待できます。グーンヒリーの観光センターにこの『必見』スポットをオープンするために、Appleやシスコ、Sennheiserなどのワールドクラス企業の協力をあおぐことができましたことを、たいへん光栄に思っております」

シスコのBT担当マネージングディレクタであるニール・クロケット (Neil Crockett) はこう話します。「このインターネット カフェでは、独自の環境で誰もが超高速ブロードバンドのメリットを直に体験することができます」

「また、ここで紹介されている最新テクノロジーを通して、テレフォニーのような従来サービスが、どのように単一のIPネットワークに統合されているのかを知ることができます」

インターネット カフェのオープンは、Helston Community Collegeの生徒である17歳のコール・スミス (Chloe Smith) 君とジェームズ・エヴァンズ (James Evans) 君によって正式に宣言される予定です。ふたりはIT分野でたいへん優秀な成績を収めています。

貴重な植物が自生するイギリスの「Site of Special Scientific Interest (SSSI)」地区に位置するGoonhilly Satellite Earth Stationは、60本のアンテナを有し、数千コールの国際電話への対応が可能となっている世界最大の地上衛星ステーションです。

Goonhilly Satellite Earth Stationはまた、もっとも歴史のあるステーションでもあります。1962年、Telstar衛星を追跡するために「アーサー」と呼ばれる最初のアンテナが建てられ、米国からのテレビの生中継を初めて受信しました。現在ではアーサーはグレード2の建物に指定されており、今も現役で稼動しています。

編集担当者へ:


BTについて

BTは世界170カ国で通信ソリューションとサービスを提供するリーディング プロバイダーであり、ネットワーク型ITサービス、市内・国内・国際を網羅する通信サービス、高価値のブロードバンド/インターネット製品ならびにサービスを基幹事業としています。同社の事業は、BT Global Services、Openreach、BT Retail、BT Wholesaleの4つの主要ビジネス ラインで構成されています。 BT Groupの前年度 (2006年3月31日期末) の売上は195億1400万ポンド、税引前利益は20億4000万ポンドでした。

British Telecommunications plc(BT)はBT Groupの100%子会社であり、同グループの事実上すべての業務と資産を所有しています。BT Groupは、ロンドンおよびニューヨークの証券取引所に上場しています。

詳しくは www.bt.com/aboutbt をご参照ください。

Sennheiserについて

Sennheiserは、50年以上にわたり、音声のレコーディング、転送、再生に関するすべての分野で最高品質の製品とテーラーメードのソリューションを提供し続けています。ボーカル マイクから音楽用コンプリートシステム、カンファレンスおよびビジター案内システム、聴覚障害者用製品、航空機用ヘッドセットまでの各種マイクとヘッドフォン、RF転送機器――Sennheiserの製品はまさに世界のオーディオ テクノロジーの頂点に位置しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、Cisco Catalyst、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ