ワールドニュース

米国ニュース


Oakwood Healthcare System社、ミッションクリティカルなデータとアプリケーションを管理するためにシスコベースのSANを採用

ヘルスケア企業のデータ急増に対処し、ストレージ管理コストを削減

2006年6月15日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ (以下シスコ) は本日、35の地域で4つの救急病院と40以上の初期/特別医療施設を展開し、100万以上の人々に医療を提供しているOakwood Healthcare System社 (以下Oakwood社) が、Cisco MDS 9509 Multilayer DirectorとCisco MDS 9216i Multilayer Fabric Switchを搭載したストレージ エリア ネットワーク (SAN) を導入したと発表しました。

米ミシガン州ディアボーンに本拠を置くOakwood社では、優れた医療とカスタマーサービスの提供に力を注いでいます。その医療活動の一端を担っているのが、ミッションクリティカルなアプリケーションとデータをサポートするデータストレージ インフラストラクチャです。8ポートの小型ファブリック スイッチ搭載のSANの拡張とアップグレードを行うことが決まった時点で、Oakwood社のデータストレージ チームは、自社のニーズに合った機能を提供してくれるスイッチ ベンダーを特定すべく、綿密な調査を実施しました。

「当社では、ミッションクリティカルなシステムをゼロ ダウンタイムで24時間365日稼動させることを目標にしていましたが、ベンダーの提供する製品のなかには、ダウンタイムの原因となるシングル ポイント障害を持つものもありました。その点、シスコのストレージ スイッチはシングル ポイント障害がないばかりでなく、当社の病院ネットワークで利用しているCisco IOS Softwareのものとほぼ同じコマンドが使われていることから、ネットワーク管理者のトレーニングが容易に行え、SAN管理の手間を省くことができました」とOakwood社のテクニカル アーキテクトであるブライアン・パールシュタイン (Brian Perlstein) 氏は述べています。

慎重に検討した結果、Oakwood社では2台のCisco MDS 9509をデュアル ファブリックのコアに導入することを決断。このディレクタとデュアル ファブリック デザインによって冗長性が確保され、シングル ポイント障害の防止が可能になり、45テラバイトという同社のデータを管理するのに必要な高可用性が実現しました。「当社のようなヘルスケア企業にとっては、ダウンタイムの1分1秒が莫大な額の損失につながるのです。Cisco MDS 9509の高可用性とSANの冗長性によって、必要な情報を、それがどこに保管されているかを気にかけることなく、いつどもどこでも自由に取り出せるようになりました」とパールシュタイン氏は説明します。

Oakwood社の新しいSANはコスト効率に優れ、管理がしやすく、これを使うことで、患者データの保管、アクセス、保護について定めたHIPAA (医療情報のポータビリティとアカウンタビリティに関する法律) への準拠が容易になります。同社のストレージチームは、リモート ロケーションのストレージを中央データセンターのSANに統合すると同時に、サーバの集約も実施。これによって、資産コストと運用コストの両方を適切に管理できるようになりました。パールシュタイン氏は、「シスコがストレージ タスクとリソース管理を効率化するためのツールを提供してくれたおかげで、コストを削減することができました」と話しています。

次段階としてOakwood社では、SANとミラーデータの適用範囲を障害回復 (DR: disaster recovery) サイトにまで広げ、Cisco MDS 9216i Multilayer Fabric SwitchのFCIP (Fibre Channel over IP) 機能を利用して、データ保護のさらなる強化を図っていく予定です。

結局、今回のSAN導入がOakwood社にもたらした最大のメリットは、医療の現場に欠かせないデータ アクセスにおける信頼性とコスト効率の向上に成功したことでした。「当社のミッションは、患者様に最高レベルの医療を提供することであり、新しいSANはそれを可能にしてくれます。今では、必要な情報をそれがどこに保管されているかを気にかけることなく、いつどもどこでも自由に取り出すことが可能になっています」とパールシュタイン氏は言います。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ