ワールドニュース

米国ニュース


ニュージャージーの高速道路管理当局が、シスコのオプティカル ソリューションでネットワークをアップグレード

シスコのオプティカル マルチサービス転送プラットフォームが、ニュージャージーの州当局による高速道路の管理を改善して、公衆安全を向上

2006年6月6日、カリフォルニア州サンノゼ、およびニュージャージー州ニューブランズウィック発
シスコシステムズ®は本日、ニュージャージー州の高速道路管理当局が、Cisco® ONS 15454 マルチサービス転送プラットフォーム(MSTP)を使って、初の最新オプティカル ネットワークを採用し、ネットワーク運用を最適化したことを発表しました。シスコのオプティカル ソリューションは、ニュージャージー州の有料道路が、ネットワークを効率的に監視することで収益を拡大し、さらにこの有料道路を年間 60 億マイル以上走行する 2 億 5 千万台の車両の安全を強化するのに役立ちます。

Cisco ONS 15454 MSTPプラットフォームとCisco 3550、4500、6500 Catalyst®シリーズのスイッチを装備したことにより、シスコのインテリジェントな高密度波長分割多重(DWDM)ソリューションがネットワーク メンテナンスを簡易化し、サービスの提供をスピードアップしたことをニュージャージーの高速道路管理当局は実感しました。

「この冬の気象条件、特に 2 月 13 日に記録的な大雪をもたらした北東の風は、ニュージャージーの高速道路管理当局にとって手ごわい敵となりました。」と、ニュージャージー州高速道路管理当局の局長、マイケル・ラポラ(Michael Lapolla)氏は述べています。「我々は、これらの難題を克服して、高速道路を走行中のドライバーに提供するセーフティ サービスのレベルを大幅に増大することができました。それは主に、従来のネットワーク インフラストラクチャを完全な光ネットワークにアップグレードしたことによるものでした。」

「Cisco ONS 15454 オプティカル ソリューションを導入したことによって、最大のスケーラビリティと柔軟性が提供されました。」と、ニュージャージー州高速道路管理当局の技術責任者であるブライアン・ゴーマン(Brian Gorman)氏は述べています。「高速で高帯域幅の新しいネットワークが導入されたことで、この前の冬のようなピーク期にも、ネットワークを使って交通量の集中に対処できる、幅広い革新的サービスの運用をサポートする設備が整いました。」

新しいネットワーク テクノロジーが、ニュージャージーの高速道路管理当局によるドライバーの効果的な安全確保にいかに貢献しているかという実例の1つが、高速道路のさまざまな地点で撮影される高画質写真の伝送です。画像は、リアルタイムで州全体の道路交通情報センターに伝送され、高速道路管理当局または州のその他の行政機関の担当者がそれを監視します。これにより、高速道路管理当局は、報道機関やその他の情報源とタイムリーに情報をやりとりすることができます。ドライバーや企業はその情報に従って、高速道路を利用した移動や荷物の運搬の計画を調整することができます。

「ニュージャージーの高速道路を走行するドライバーの安全が第一優先事項です。我々は常に、現在手元にあるリソースとツールを利用してドライバーのエクスペリエンスを向上する新しい方法を模索しています。ネットワーク インフラストラクチャのアップグレードは、我々の目標の達成を確信させる建設的な一歩です。」とラポラ氏は述べています。

ゴーマン氏によると、ネットワーク インフラストラクチャの改良はニュージャージーの有料道路管理当局に、その他にも利益をもたらしました。それは、運輸省や州警察など他の州当局と密接に連携できるようになったことです。

「高速道路を走行する人々の究極的な利益のために連携するということは、行政機関にとって新しい概念で、こうした試みはおそらくこの国で初めてでしょう。」と、ゴーマン氏は述べています。 「よりインテリジェントで堅牢なネットワークを使って我々に出来ることは、異なる行政機関の間のコミュニケーションを改善して、より詳細な情報に基づく決断を行うことです。そして、もっとも重要なのは、ドライバーに正確な情報をよりタイムリーに、効率的な方法で提供することです。シスコのオプティカル ソリューションでネットワークをアップグレードする前、我々はこのことに四苦八苦していました。」

「ニュージャージーの高速道路管理当局のような公的機関は、既存のインフラストラクチャをより活用し、その上、その他のアプリケーションをサポートする方法を探すことをますます迫られています。」と、シスコの副社長兼アクセス/アグリゲーション事業部の事業部長であるシュリヤ・パンディティ(Surya Panditi)は述べています。「シスコのオプティカル マルチサービス転送プラットフォームを導入することにより、ニュージャージーの高速道路管理当局は、ドライバーにより安全な環境を供給する上でリーダーシップを発揮しています。」

シスコのオプティカル ネットワーキングについて

シスコのオプティカル ネットワーキング製品およびサービスは、シスコのインターネット プロトコル次世代ネットワーク(IP NGN)の主要コンポーネントであり、公共部門機関による IP ベースのネットワークへの移行とサービス提供を可能にするアーキテクチャです。Cisco IP NGN を採用することで、公共機関は、より迅速に革新的なサービスをエンド ユーザに提供できるようになります。また、公共機関は、機関および機関のエンドユーザの長期的な成功に必要なネットワーク テクノロジーとサービス コントロールを強化しながら、運営または設備にかかる経費の効率を改善して、納税者の利益に貢献することができます。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ