ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、Cisco IP NGN 経由の多スクリーンへの多サービス配信向けにインテリジェント サービス ゲートウェイ(ISG)を発表

また、新しいルーティング エンジンにより Cisco 10000 シリーズおよび Cisco 7200シリーズ ルータのパフォーマンスが向上、サービスの加速化と投資保護の強化を実現

2006年6月5日、シカゴ、グローバルコム 2006発
シスコシステムズ®は本日、Cisco 10000 シリーズ、Cisco 7200 シリーズおよび 7301 モデルのルータで一連のインテリジェント サービス ゲートウェイ(ISG)機能が利用可能になったことを発表しました。Cisco ISG の高度な加入者認識、リソース プロビジョニング、アクセス コントロール性能は IP ネットワーク エッジにサービス インテリジェンスを提供します。これにより、Cisco IP 次世代ネットワーク(IP NGN)上での拡張 IP サービスの作成が簡易化され、サービスの配信が加速されます。こうしたサービスの処理を加速し、投資保護を強化するために、シスコは、Cisco 10000 シリーズおよび Cisco 7200 シリーズのルーティング プラットフォーム上でのルーティング エンジンのパフォーマンスを拡張したことも発表しました。Cisco ISG は IP マルチメディア サブシステム(IMS)ベースのアプリケーションと非 IMS ベースのアプリケーションの両方をサポートするよう設計されています。

「インクリメンタリズム(増分主義)の枠を超えてインフラストラクチャを本当の意味で変革しようとすると、プロバイダーは、アプリケーションやアクセス、トラフィック需要にとらわれない加入者管理、ポリシー実行、ポリシー マネジメント、サービス アシュアランス能力を持つことを求められます。」と、Ovum-RHKの IP サービス インフラストラクチャ担当副社長、マーク・シーリー(Mark Seery)氏は述べています。「シスコは幅広いカスタマーをサポートしており、構造上の柔軟性を求められていました。そのことが、インテリジェント サービス ゲートウェイの開発に結びつきました。このゲートウェイは、Cisco サービス エクスチェンジ フレームワークの欠くことのできない部分であり、他のベンダーにも満たすべき標準を提示するものとなっています。」

2005 年 11 月、シスコは、ブロードバンド アグリゲーション向けに5万台のルータを出荷したことを発表しました。そのすべてが、ISG にアップグレード可能か、または新しいルーティング エンジンを搭載しており、比類ない投資保護を提供します。ブロードバンド アグリゲーション用としてシスコのルータを採用した主要プロバイダーには、China Network Communications Group、China Unicom、Deutsche Telekom、EarthLink、Telefonica de Espana、Telecom Italiaがあります。

インテリジェント サービス ゲートウェイ(ISG)を発表

ほぼすべての IP デバイスが、音声、ビデオ、データを処理可能なので、サービス プロバイダーは、統合された固定ネットワークおよびモバイル ネットワーク経由で多数のサービスを多数のスクリーンに配信しています。今日のデータ、音声、ビデオ(トリプルプレイ)サービスの利用者は、家庭でも、職場でも、外出先でも、統一された高性能なエクスペリエンスを求めています。Cisco ISG は、ネットワーク エッジで加入者のアクセスを制御するため、幅広いアクセス、エッジ テクノロジー、加入者数、サービスのタイプに対応したブロードバンド ネットワークのプロビジョニングと管理を可能にします。加入者のサービス リクエストを分散されたポリシー コントロールと効率的にリンクさせ、未来の「コネクティッド ライフ(接続された生活)」に向けた高品質なエクスペリエンスを約束します。

QoS(Quality of service)は、メディア エクスペリエンスにおけるユーザ満足度の主要決定要因です。Cisco ISG は、サービスの優先順位付けおよび調整に必要な加入者認識を提供して、コンバージド IP ネットワーク上でトリプルプレイ サービスとモバイル サービスの同時配信を可能にし、最適な QoS の確保に貢献します。

新しいCisco ISG およびシスコのサービス コントロール エンジン ソリューションに、加入者認識⁄アプリケーション 認識機能が追加、エクスペリエンスの質が向上

Cisco ISGは、Cisco IP NGN アーキテクチャのサービス エクスチェンジ フレームワーク(SEF)に欠くことのできない部分であり、以下を提供することによって、多スクリーンへの多サービス配信に必要なインテリジェンスを提供します。

  • 多次元身元識別性能―あらゆるアクセスポイントからのシングル サインオンを利用して認証を簡素化し、拡張可能な加入者プロファイルを確立。これにより、高品質で、個々の必要性に応じたサービス配信を実現します。
  • 統合ポリシーマネジメント―サービス プロバイダーによる加入者ベースのダイナミックな QoS 適用を可能にする。ネットワーク インテリジェンスの分配により、シスコは、よりスケーラブルで効率的なポリシー管理を実現します。
  • ダイナミックな個人化―加入者に固有の個人的なプリファレンスの透過的な適用を可能にし、アプリケーション パフォーマンス全体を強化。
  • 運用の統合―複数のサービスのネットワーク管理を簡素化。幅広いクロスプラットフォームな相互運用性と、オープン スタンダード準拠により、Cisco ISG は、サービスとネットワークの管理機能を橋渡しし、マルチネットワークな運用を排除する、オープンな統合ポイントとして機能します。これにより、プロバイダーは新しいサービスの市場への投入を加速させることができます。

シスコは、共有する共通のバス テクノロジーを使って Cisco ISG をシスコのサービス コントロール エンジンと結合させるソリューション アプローチによって、SEF にさらなる機能性を追加しました。これらのデバイスによって実現された加入者アウェアな機能とアプリケーション アウェアな機能の密接な結合により、サービス プロバイダーは、トリプルプレイ サービスのエクスペリエンスの質をダイナミックに強化できます。従来型の加入者管理システムでは、ペアレンタル コントロールやセルフケア、ターボ ボタンといった、加入者の要求に基づき一定の時間内に特定の用途に向けてパフォーマンスを加速させるプルベースの技術によって、ユーザ エクスペリエンスを向上することが可能です。Cisco ISGとCisco SCE の統合により、アプリケーション駆動型の新しいプッシュベースのネットワーク機能も有効になります。これにより、加入者は、個人のニーズおよびプリファレンスに基づいて、自動的に優先順位付けを行なうアプリケーションまたはアプリケーション群を選択できるようなります。

エッジ ルーティング エンジンのパフォーマンスを強化

Cisco 10000 シリーズおよび Cisco 7200 シリーズ エッジ ルータ向けのシスコの新しいPRE-3および NPE-G2 ルーティング エンジンは、ネットワークへの投資を保護しながらパフォーマンスを向上させます。これらのルーティング エンジンは、統合ルーティングおよび加入者管理機能の強化に向けて開発されました。これらの製品は、サービス インテリジェンスをネットワークに統合して、プロバイダーの資本設備コストを抑えるという、シスコの戦略に基づいています。

「ワイヤーライン、ケーブル、モバイルのプロバイダーは、いつでもどこでも利用可能な強力な IP サービスを提供する、データ、音声、ビデオの新しい統合サービスによって利益を増大しています。」と、シスコの上級副社長兼サービス プロバイダー/ルーティング テクノロジー グループの責任者であるパンカジ・パテル(Pankaj Patel)は言います。「Cisco ISG の強化された加入者認識性能は、統合 IP サービスのサービス アービトレーションと優先順位付けの確実な実行に役立つ一方で、サービス プロバイダーによるサービスの配信や運用を簡易化します。」

詳細については、シスコのウェブサイト、http://www.cisco.com/en/US/netsol/ns537/networking_solutions_announcement0900aecd8049afd0.html をご覧ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ