ワールドニュース

米国ニュース


The Executive Centre、一貫性があり差別化された付加価値サービスの提供に向けてCisco Unified Communicationsシステムを導入

業界の先駆を切り、フレキシブルなリース オプションと最先端のIPベース通信技術のメリットを享受

2006年6月14日、香港発
シスコシステムズ (以下シスコ) は本日、アジアの大手サービス オフィス運営会社であるThe Executive Centre (以下TEC) が、アジア太平洋地域の7つのビジネスセンターにCisco Unified CommunicationsシステムとCisco Unified Wireless Networkを導入したと発表しました。これらのビジネスセンターのうち3つは香港に、残りの4つはソウルと台北に置かれています。シスコのフレキシブルなリース オプションを使うことで、TECでは、国や都市が違っても同様にコスト効率よくソリューションを導入することが可能になります。

TECは顧客の音声通信ニーズをサポートするために、サービス オフィス業界のなかでいち早く IP ベースの通信システムを導入しました。シスコのソリューションを使うことで、同社では、差別化された付加価値サービスを7つのロケーションすべてにおいて一貫して提供することが可能になっています。

現在TECでは、すべてのビジネスセンターで同じサービスが受けられる電話システム サービスなど、複数の付加価値サービスを通して、よりフレキシブルで高度なコミュニケーション体験を顧客に提供しています。これは、従来の構内交換機 (PBX) システムではできなかったことです。

「お客様のニーズに合わせてアップグレード可能であるというのが、テクノロジーを採用する際の前提条件です。さらに当社では、フレキシブルなコスト調整とスケーラブルなソリューションを実現可能なリース オプションを必要としていました」とTECのグループ バーチャル オフィス マネージャのテレサ・チューク (Teresa Cheuk) 氏は述べています。

IPベース通信ソリューションの綿密な調査を実施した結果、TECではCisco Unified CommunicationsシステムとCisco Unified Wireless Networkソリューションを採用することにしました。「以前にシスコのルータとスイッチを利用したことがあったため、ミッションクリティカルな音声・データ システムを構築するにあたり、シスコ ソリューションを導入することに迷いはありませんでした。また、専門知識、リソース、サポートがすぐに入手可能な点も、採用を決めた要因の1つです」とチューク氏は説明します。

「なかでも、Cisco Systems Capitalはフレキシブルなリース構成を提供してくれることから、この1年で新たに7つのロケーションにソリューションを導入することができました。Cisco Unified CommunicationsシステムとCisco Unified Wireless Networkソリューションの組み合わせは、今日販売されているなかでもトップクラスのトータル ソリューションです」

「シスコでは、アジア随一のサービス オフィス プロバイダーであるTECに製品を提供できますことを光栄に思っております。当社のリース オプションは、毎月の収益に合わせてコストを調整できることから、TECのようなお客様の迅速なROI (投資回収) を可能にします。また、キャッシュフローやリソースを効果的に管理し、ほかのビジネスエリアに配分できるほか、機器のアップグレードや技術の移行にもフレキシブルに対応するため、市況の変化に即時に対応することが可能になります」とシスコシステムズ香港のゼネラルマネージャであるチャールストン・シン (Charleston Sin) は述べています。

Cisco Unified Communicationsシステムは、Cisco Unified CallManager、Cisco VG224 Analog Phone Gateway、Cisco Catalyst® 3560シリーズ スイッチ、Cisco IP Softphone、および500台超のCisco Unified IP Phoneで構成されています (最新モデルのCisco Unified IP Phone 7941G、7961G、7971G-GEを含む)。

なお、TECへのCisco Unified CommunicationsシステムとCisco Unified Wireless Networkソリューションの導入は、香港ではシステム インテグレータのMacroview社が、そのほかの国ではDatacraft社が担当しました。

新たな差別化サービスと収益源の創出

シスコが提供するこれらのソリューションを使うことでTECは、集中課金や、コール ポップアップ、eボイス、IPソフトフォン、ワイヤレス テレフォニーといった差別化サービスをテナント顧客に提供することができるため、新たな収益源の創出が見込めます。

すべてのコミュニケーション サービスの利用代金を一括して請求できるようになり、複数の請求書作成にかかる時間が短縮されました。Cisco Unified Communicationsシステムの「ポップアップ スクリーン」サービスでは、レセプショニストに顧客情報とプレゼンス情報が前もって伝えられるようになっており、一貫したカスタマーサービスが保障されます。eボイス サービスでは、wav形式のボイスメールをeメール アカウントに直接送信することができ、電話でボイスメールをチェックする必要がないことから、業務をリモートで管理することの多いTECのバーチャル オフィス利用者は、生産性を向上させることができます。

またIPソフトフォン サービスは、通信コストの削減とモビリティ レベルの向上を促進し、テナント顧客にメリットをもたらします。Cisco Unified Wireless IP Phoneをリースすることで、オフィス内外でのUnified Wireless Networkの利用が可能になり、モビリティを有効活用することができます。

すべてのセンターで一貫したサービス提供を実現

TECはアジアの異なる都市にシスコ ソリューションを導入しており、今後もその範囲を拡大していく予定です。よって、利用者はアジア地域のどのビジネスセンターでも同じようにサービスを利用し、メリットを享受することができるようになっています。

「シスコのソリューションによって、アジアのビジネスセンターのイメージを統一するという当社の戦略が拡充されると同時に、お客様に満足していただけるサービスを提供できるようになります」とチューク氏は言います。

「今回のソリューション導入の最終的な目標は、カスタマーサービスの改善であり、シスコのプラットフォームのおかげで、かつてなかった革新的な方法でサービスを提供できるようになりました。シスコ ソリューションは業界最高レベルのテクノロジーという一面を持つと同時に、その優れたユーザ インターフェイスによって、使いやすさの点でも申し分のない製品となっています」

同一市内ならば場所を移動しても電話番号を変える必要がなく、以前の番号を引き続き利用できるため、より効率的な通信環境を確保することが可能です。

「シスコのソリューションは、国内外のお客様に大変ご好評をいただいています。特に海外ではシスコの知名度が高いことから、お客様は信頼性と堅牢性に優れたシスコ ソリューションを香港で利用できることを喜んでくださっています。また国内のお客様のあいだでも、ハイテク主導のサービスを利用できると評判です。Cisco IP Phoneの便利な機能によって、お客様の通信効率の大幅な向上が実現しました」とチューク氏は言います。

「シスコの最先端の通信システムのおかげで、より高品質のサービスをバーチャル オフィス ユーザに提供できるようになりました。毎月の契約料をお支払いいただければ、上級管理者、会計士、セールス&マーケティング スタッフ、およびサポート担当者など総勢150人からなるチームのサポートのもと、完全なグローバル ソリューションをご活用いただくことができます。チームのメンバーは全員、異なる地域の言語を熟知し、卓越したサービスを提供するために必要な専門知識を備えています。12年におよぶ国内外での業務実績、ならびに各市場で業務にあたる公認コンサルタントの存在が、バーチャル オフィス ユーザに向けたTECの最新サービスを支えているのです」

TECでは、アジア太平洋地域の19のビジネスセンターをCisco Unified Communicationsシステムによって接続することを計画しています。これによって地理的な障壁が取り払われ、その結果お客様には、ロケーションが違っても、安心して自社の通信ニーズに沿ったサービスをご利用いただけるようになります。

「様々な分野の企業が付加価値サービスを提供できるよう、IPベース通信への移行を支援する。今回のプロジェクトは、そんなシスコの取り組みを端的に表しています。アジア太平洋地域では、サービス オフィスという概念はきわめて革新的なものです。最先端テクノロジー、そしてリース オプションなどのフレキシブルなファイナンス プログラムを提供するプロバイダーのサポートがあってはじめて、サービス オフィスを有効に利用することができます」とシンは述べています。

The Executive Centreについて

1994年に香港中区にあるBank of America Towerのフロアの一画からスタートしたThe Executive Centre (以下TEC) は、10の都市に19のセンター――いずれも、フレキシブルなオフィス スペースと、高コスト効率、高生産性を求めるグローバル企業のニーズに応える設計になっています――を持つ、アジア太平洋地域最大のサービス オフィス プロバイダーにまで成長しました。現在、東京、ソウル、北京、上海、台北、香港、シンガポール、ジャカルタ、シドニー、ソフィア (ブルガリア) でサービス オフィスを展開しています。また、Three Pacific Place、Cambridge House、Cheung Kong Center、Wheelock House、Bank of America Tower、30 Queen's Roadといった香港中心の好立地に建つビルにおいて、プレミアム サービス オフィスならびに秘書業務のフルサービスを提供しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ