ワールドニュース

米国ニュース


Yahoo! BB、Cisco IP NGN を使った IPTV サービスの提供に向けて Cisco CRS-1 40Gbps OC-768 インターフェイスを導入

2006 年 5 月 15 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズ®(以下シスコ)は本日、日本のブロードバンド サービス プロバイダの最大手の 1 社である Yahoo! BB が大容量の 40Gbps(OC-768c/STM-256c)インターフェイス カードを既存の Cisco Carrier Routing System(Cisco CRS-1)に導入したと発表しました。将来的に Yahoo! BB は、同インターフェイスの導入を全国レベルにまで拡張する予定です。

日本最大のブロードバンド サービス プロバイダの 1 社である Yahoo! BB は、シスコの IP NGN(Internet Protocol Next-Generation Network)アーキテクチャを採用することで、ビデオ オンデマンド(VoD)をはじめとする最新の IP ビデオ サービスの成長を加速させています。同社は現在 500万 人以上の ADSL 加入者を抱え、東京、北海道、埼玉、千葉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡など 23 の地域で最新のビデオ サービスを展開中です。Cisco IP NGN アーキテクチャは、Yahoo! BB が現在の急成長を維持し、さらなる発展を遂げるために必要な拡張性とセキュリティ、および安定性を提供します。

「Yahoo! BB は、世界を代表する先進的かつ顧客中心型のプロバイダの 1 社です。シスコでは、最新の IPTV サービスを実現する技術の開発・導入において、今後も同社と緊密な協力関係を維持していけますことを光栄に思っております」とシスコのルーティング & サービス プロバイダ テクノロジ担当上級副社長であるトニー・ベイツ(Tony Bates)は述べています。

ソフトバンク BB 株式会社の技術本部本部長、牧園啓市氏はこうコメントしています。「CRS-1 に 40Gbps インターフェイス カードを導入することで、Yahoo! BB ネットワークの伝送効率と拡張性が大幅に向上しました。その結果、ネットワーク容量が 4 倍に増え、ブロードバンド ユーザの増加に対応できるようになりあました」

ソフトバンク BB 株式会社および BB テクノロジー株式会社について

ソフトバンク BB 株式会社と BB テクノロジー株式会社は、旧ソフトバンク BB 株式会社より分割して発足したソフトバンクグループの事業会社です。両社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご覧いただけます。

http://www.softbankbb.co.jp/

http://www.bbtec.co.jp/index.html

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ