ワールドニュース

米国ニュース


Grand Hotel Europe が Wi-Fi を導入

サンクト・ペテルブルクの Grand Hotel Europe の客室および公共エリアで Wi-Fi が使用可能に

2006 年 4 月 17 日、ロシア、サンクト・ペテルブルク発

Grand Hotel Europe が、ワイヤレス フィディリティー、つまり Wi-Fi として知られる無線インターネット アクセス サービスを開始しました。このサービスは現在、全客室、会議室、公共エリアを含むホテル全体で利用可能となっています。このプロジェクトは、サンクト・ペテルブルク最大のインターネット サービス プロバイダ、Peterstar 社と、インターネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的リーダーであるシスコシステムズの協業で実施されました。この高速インターネット アクセスは、シスコシステムズの最新技術の一部に基づいており、また、Peterstar 社のインターネット バックボーンに高速で直接接続することによって実現されています。このシステムは、「Wi-Fi ゾーン」規格の認定を受けています。

今年秋にヨーロッパのビジネスホテル ベスト 20 に挙げられたGrand Hotel Europe は、インターネット接続性を向上したことでさらに進歩しました。「私達の社会は、技術と技術がもたらす利便性、移動性にますます依存するようになってきています。地域社会や出張旅行者にとって、インターネットにアクセスする必要性が次第に高まってきていると我々は感じています」と、同ホテルの総支配人、トーマス・ノル(Thomas Noll)氏は言います。

シスコ ベースの Wi-Fi ソリューションは、革新的なゲスト サービスとスタッフ リソースの幅を広げ、今後もそれを提供し維持し続けようとする次世代型ホテルへのサポート基盤を提供します。

客室やスイート、ロビー、レストラン、そのほかの公共エリアに至るホテルのあらゆる場所で、高速インターネット アクセスと Wi-Fi ホットスポットが利用できるため、宿泊客は、リラックスした環境で、都合のいいときに仕事をすることができます。ロシア、サンクト・ペテルブルクにある Grand Hotel Europe の Wi-Fi ネットワークは、802.11b と 802.11g の両方の規格で動作可能な 47 基の Cisco Aironet 1200 シリーズ アクセス ポイントから構成されおり、セキュリティ機能を備えた無線通信を可能にし、宿泊客へのモビリティ・サービスをサポートします。Barsum 課金システムとともに、このソリューション全体が、この地域で最大かつ最先端の Wi-Fi ゲスト アクセス サービスを提供することになります。

このソリューションでは、導入が容易で、集中管理に対応し、新技術追加の余地が残されているなど、コストの効率性が追求されています。導入されたネットワークは、ホテルの宿泊客やスタッフに革新的なサービスを提供する上で、柔軟性に富んだ基盤を提供します。

「建物の歴史的特性により、ホテルの内装に影響を与えずに、高品質な最新技術を導入することは大きな課題でした。しかしそれが、このホテルで継続中だった大規模な刷新に欠かせない要素となりました。インターネット リンクは、10Mbps の高速光接続に基づいています。ほかのホテルが外部委託されたソリューションに依存しているのと異なり、Grand Hotel Europe はシステムを所有し、自社管理しています」と、Orient Express Hotels の地域 IT マネージャであるマルコ・コレイア(Marco Correia)氏は言います。

お客様のニーズに応えるため、ホテルでは、ビジター向けの 1 時間アクセス、宿泊客向けの 24 時間または 72 時間アクセスなど、複数の価格オプションを用意しています。

Grand Hotel Europe の公共エリアでは、必要とされるあらゆる便宜に応えています。たとえば、Mezzanine Caf では、1 平方メートルごとにノートブック用の特別な電源アウトレットが用意されており、オフィス外での長時間作業に対応しています。

Orient-Express Hotels, Trains and Cruises(www.orient-express.com)は、卓越した文化的、歴史的、レクリエーション的要素を持つ地域を訪れる見識の高い旅行客に、贅沢な旅行体験を提供するホテル⁄レジャー企業です。Orient-Express は、1976 年、ベニスにある名高いホテル、Hotel Cipriani を買収した際に設立され、世界 22カ国で 50 の事業、きわめて個性的な 38 のホテル、 3 つのレストラン、6 本の旅行者用列車と 2 隻のリバー クルーズ船の運航を所有、またはこれらに投資しています。

Orient-Expressでは、見識の高い旅行者は、チェーン経営のブランドよりもむしろ有名で個性的な資産を選ぶと考えます。このため、ヨーロッパを横切り、ロンドン、パリとベニスを結ぶ伝説的なベニス シンプロン オリエント急行(Venice Simplon-Orient-Express)高級列車を除き、同社のどの事業にも、Orient-Express の名を冠していません。Orient-Express は、単なる管理手数料収入よりも株式配当のほうが大きいとの考えから、事業を所有または部分所有する道を選び、発展する可能性の高いユニークな資産を常に探し出しています。そうすることで、ロマンスや魅力、スタイルを取り戻させるような新しい体験を海外旅行に提案し続けています。

Orient-Express のホテル、列車、クルーズの高画質写真は、http://www.orient-expressimages.com/www.orient-expressimages.comからダウンロード可能です。

▲Return to Top

お問い合わせ