ワールドニュース

米国ニュース


Scientific Atlanta社、OCAP対応製品のラインナップを拡充

OCAPソリューションにより、さまざまなデバイスに対応可能な標準プラットフォームを基盤に、
次世代の家庭用双方向アプリケーションの配備が可能に

2006年4月10日、米ジョージア州アトランタ、National Show発
シスコの事業会社の1つであるScientific Atlanta社はこの度、ケーブル ネットワーク上で、業界標準のOpenCable™ Application Platform(OCAP™)対応アプリケーションの相互運用をサポートするため、対応するハードウェア製品およびソフトウェア製品のラインナップを拡充することを発表しました。Scientific Atlanta社のOCAP製品には、OCAP Digital Network Control System Release 4.0シリーズ、OCAP Axiom™ ミドルウェア製品、OCAP対応セットトップボックスなどがあります。

「業界は今、デジタル革命を迎えようとしており、OCAP Axiomミドルウェア製品をはじめとする当社の製品がアプリケーションの移植性をサポートすることによって、次世代の双方向ケーブル アプリケーションのための共通のプラットフォームが確立され、CATV事業者の皆様にとってよりいっそうの新しい機会が生まれるでしょう。さまざまなアプリケーションやデバイスのシームレスな橋渡しを実現するテクノロジーの開発は、Scientific Atlanta社の最優先事項の1つであり、ケーブル業界がOCAP規格の採用に向けて積極的に進化をつづけるなか、当社の革新的な技術は、常にお客様やお客様のビジネス目標を念頭に置いて生み出されています」と、Scientific Atlanta社加入者ネットワーク部門製品戦略・開発担当副社長、ジェフ シーベックは述べています。

Scientific Atlanta社は、2006年3月に開催されたCableLabs®主催のOCAP Interopのイベントに、多くのハードウェア ベンダーやソフトウェア ベンダーとともに参加し、自社のOCAPプラットフォームの相互運用性について説明しました。Scientific Atlanta社は、CableLabs のInteropプログラムに積極的に参加しており、CableLabsなど、娯楽・情報・通信等のサービスを開発する上で統一された環境の整備に取り組む団体主催の新しい業界標準を支援しています。

Scientific Atlanta社は、4月9日から11日までの間、米ジョージア州アトランタで開催されているNCTA主催の2006 National Show(ブース:#2251)にて、OCAPソリューションのフルラインナップのデモンストレーションを行うなど、今後もOCAP構想の実現に向けて取り組んでいく考えです。

Scientific-Atlanta社について

シスコの事業会社の1つであるScientific Atlanta社は、デジタル コンテンツ投稿・配信システム、家庭用ブロードバンド伝送ネットワーク、映像配信用双方向デジタル セットトップボックスおよび加入者システム、高速インターネットおよびVoice over IP(VoIP)ネットワーク、世界的な顧客サービスおよびサポートを提供する代表的企業です。Scientific Atlanta社は、シスコシステムズ社の100パーセント子会社です。Scientific Atlanta社の詳細については、http://www.scientificatlanta.comをご覧ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ