ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、ウィスコンシン州マディソン市に屋外用 Wi-Fi 技術を提供

Cellnet Technology 社が市内ブロードバンド サービス用の「メッシュ」ネットワークを構築

2006 年 3 月 7 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズ®は本日、ユーティリティ企業にリアルタイム固定ネットワークおよび最新の計測インフラ ソリューションを提供する大手プロバイダである Cellnet Technology 社(以下、Cellnet)が、ウィスコンシン州マディソン市による Wi-Fi 計画「マッドシティ ブロードバンド(Mad City Broadband)」に屋外用「メッシュ」技術を提供するベンダーとしてシスコを選定したと発表しました。マディソン市では、一般消費者・教育・商業・行政の各分野でワイヤレス人口が増加を続けており、Cellnet はそれに対処するための Wi-Fi ネットワークを構築・管理していく予定です。

市民や訪問客、および企業に対するアクセスの提供に加え、マディソン市では計測や警察通信、ゴミ・リサイクル品収集車の管理といった公安・公共事業にも、このネットワークを役立てていく考えです。

「マディソンを市営 Wi-Fi のベストプラクティス モデルにしたいと考えています。このメッシュ ネットワークが完成すれば、地元企業に新たな機会がもたらされると同時に、公安・公共事業の業務の効率化が進み、マディソンの市民や訪問客、学生のインターネット体験が向上することでしょう」とマディソン市長のデイブ・チェシレヴィチ(Dave Cieslewicz)氏は話します。

第一段階として、今月中に 150 台のアクセス ポイントを設置し、市の中心にある議事堂から半径 16 キロメートルの範囲にネットワークを行きわたらせる予定です。管理を簡素化しネットワーク制御を集中化するために、街路灯や電柱に取り付けられた Cisco Aironet 1500 シリーズ アクセス ポイントの管理用として、Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラとシスコ ワイヤレス コントロール システムが使われています。

Cellnet の CIO(最高情報責任者)であるルイス・ケック(Louis Kek)氏はこう説明します。「マディソン市の導入プロジェクトに向けて、Cellnet では拡張性に優れたワイヤレス メッシュ ネットワーク製品を探していましたが、シスコのソリューションは明らかに抜きん出ていました。Cisco Aironet 1500 シリーズには自己回復機能と自己設定機能が備わっており、今回のような大規模プロジェクトでも極めて容易に導入することができました。また、当社が 1500 シリーズを選んだもうひとつの理由は、そのデュアル無線設計にあります。これによって、ワイヤレス ラップトップ PC や携帯端末といった低電力デバイスによる接続が可能になるのです」

「今回のプロジェクトは、複合的な公共環境でモビリティ サービスを提供する画期的な試みだと思います」とシスコのワイヤレス ネットワーキング ビジネスユニットのプロダクト マネージメント担当上級ディレクタであるアラン・コーエン(Alan Cohen)は言います。「マディソン市のような先進的な地方自治体に屋外用ワイヤレス メッシュ ソリューションを提供することは、シスコの統合型ワイヤレス戦略のまさに中核を占める活動です」

今回のネットワーク導入では、マディソン市が費用を負担することはいっさいなく、Cellnet はインターネット サービス プロバイダ(ISP)とのサービス契約によって初期資金を確保しています。Cellnet は地域の ISP に帯域幅を販売し、ISP はそれに各自のブランド名をつけてサービス提供する予定です。地元企業は、ISP が提供するセキュアな仮想私設網(VPN)サービスに加入し、モバイル社員用としてマッドシティ ブロードバンドを利用することになります。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ