ワールドニュース

米国ニュース


Kindred Healthcare 、シスコベースの SAN で IT 環境を効率化

米 Gartner 社のレポート「Magic Quadrant for SAN Fibre Channel Switches」で
シスコがリーダーのポジションを獲得

2006 年 3 月 7 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、全米で医療サービスを展開する老舗プロバイダで「Fortune 500」企業にも選ばれている Kindred Healthcare 社が、Cisco MDS 9509 Multilayer ディレクタを導入し、自社のストレージ エリア ネットワーク(SAN)をアップグレードしたと発表しました。

ケンタッキー州ルイヴィル拠点に 73 の病院と 245 の看護センター、39 の薬局を展開し、5 万 1000 人の社員を擁する Kindred Healthcare は、アメリカを代表する老舗医療プロバイダです。同社のメイン データセンターでは、エンタープライズ リソース プランニングや、電子カルテ、医療アプリケーションといった社内で使われるアプリケーション用のデータをまとめて管理すると同時に、データの一括バックアップを行っています。

今回の SAN アップグレードをプランニングする際、同社の IT スタッフからは既存の SAN スイッチ ベンダーを使うという案が出されましたが、最終的に、シスコを含むほかの選択肢も検討することになりました。Kindred Healthcare のストレージ管理部門担当コーポレート マネージャであるティム・ヘッソン(Tim Hesson)氏はこう話します。「私たちは各社の製品を比較検討し、ソフトウェアの概要を調べた上で、上司に報告し、数カ月をかけて評価を行いました。最終的にシスコに決めたわけですが、そのとき、今回のアップグレードはストレージ環境全体を見直し、次世代機能を備えた SAN を再構築するいい機会だということに気づいたのです。こうして、単にポートを交換するだけでなく、未来に向けた設計を行うことになりました」

Kindred Healthcare のストレージ チームは、Cisco Professional Services の協力のもとコスト効率と柔軟性に優れたデザインを計画・構成し、モジュラ化されていない 26 台の既存スイッチを、Cisco MDS 9509 Multilayer ディレクタをベースに新たに構築された 2 つの SAN へと集約しました。

Kindred Healthcare のシニア システム プログラマであるクリス・コーショ(Kris Kostyo)氏は次のような感想を述べています。「この集約化だけでも、スイッチ同士を接続するためだけに使われていた 100 基のポートを無くすことができました。それに、新しく導入した 4 台のディレクタは 26 台のスイッチに比べると格段に管理が楽ですし、コストもかかりません」

今回新たに構築された SAN は、アメリカ各地に点在する同社組織を対象とした、給与計算や診察予約から研究室使用予定、経理、Web ベースのアプリケーション、電子メールまで、すべてのミッションクリティカルな用途をサポートしています。すべての下部組織が利用することをかんがみて、この SAN ではエンドツーエンドの耐障害性に重点を置いた設計がなされました。デュアル ファブリック構成で冗長化を図ると同時に、ほかのすべてのコンポーネントも二重化し、本当の意味で障害に強い環境を構築したのです。また、完成した SAN 環境に実際にデータを移動させる作業は、ユーザに影響をおよぼすことのないよう、70 日という期間をかけて行われましたが、その際 Cisco Virtual SAN(VSAN)機能を使うことで、データを機能ごとに分割して移行することができました。

「事実上、いっさいダウンタイムを発生させることなく移行を終えることができました。言われなければ、誰も変化に気づかなかったことでしょう。今回私たちは、極めて高い安定性と信頼性の実現を目指して、この SAN を設計しました」とヘッソン氏は言います。

効率化とコスト削減も Kindred Healthcare にとって重要な要素です。同社ではわずか 4 人の社内チームだけでストレージ ネットワーク システムを管理しています。アップグレードによって自動化と効率化が進んだことから、IT スタッフの生産性が向上し、今後も人材を増員することなくストレージ容量を継続的に拡張できるようになりました。運用コストをさらに削減するために、同社の管理チームでは将来的に Inter VSAN Routing(IVR)を使うことで LAN フリー バックアップを可能にし、IP ネットワーク上のミッドレンジ サーバの接続に iSCSI を活用したいと考えています。

世界中のエンタープライズ企業が、シスコのストレージ ネットワーク技術を活用し、今回の Kindred Healthcare のケースと同じような成果をあげています。先ごろシスコは、その優れたビジョンと実行力が認められ、Gartner 社の「2005 Gartner Magic Quadrant for SAN Fibre Channel Switches」レポートで Leader Quadrant のポジションを獲得しました。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ