ワールドニュース

米国ニュース


シスコと IBM Global Services 社、VoiceCon 2006 にて IBM Lotus Sametime と Cisco Unified Communications システム新版の統合デモを実施

Cisco Unified Presence サーバ上で Lotus Sametime プレゼンスと連動して働き、音声とインスタント メッセージのコラボレーションを可能にするプレゼンス機能の詳細が明らかに

2006 年 3 月 6 日、米フロリダ州オーランド発

IBM とシスコシステムズは本日、「VoiceCon 2006」において、近日リリース予定の IBM Lotus Sametime 7.5 とシスコ呼制御ソフトウェアの新版 Cisco Unified CallManager 5.0 に向けた専用プラグインのデモンストレーションを実施しました。

このプラグインは Cisco IP フォンへのインスタント メッセージの送信を可能にすると同時に、ユーザの IP フォンのプレゼンス(在席)情報を一元管理し、Lotus Sametime Connect クライアント上でそれを表示します。また、IBM Global Services(以下、IGS)の「Click to Call(クリックで電話をかける)」機能をあわせて導入することで、ユーザは Lotus Sametime のコンタクト リスト上の氏名をクリックするだけで、Cisco Unified IP フォンでその人物に電話をかけることが可能になります。

この標準ベースの技術統合では、接続確立用として Session Initiation Protocol(SIP)が使われております。さらに SIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)によって IBM とシスコのプラットフォーム間でプレゼンス情報を共有できることから、エンタープライズ企業の通信効率が改善されます。今回のデモンストレーションでは、Lotus Sametime 7.5 の標準べースの Eclipse 環境を活かして、多様なリアルタイム用途に向けた拡張型プラットフォオームという Lotus Sametime 7.5 の特徴をアピールしています。

ユーザは Lotus Sametime Connect クライアントの色分けされたシンプルなアイコンを使い、コンタクトごとにオンラインと電話のステータスを一括して確認することが可能です。通話相手の名前をクリックするだけで、「IM」でチャットを開始するか、「Call」で電話をかけるかを選ぶことができます。また、インスタント メッセージを送った相手が不在の場合にも、Click to Call 機能によって自動的にユーザの IP フォンにメッセージが転送されるようになっています。

今回のデモンストレーションでは、IBM のような大手サードパーティ デベロッパと標準ベースの統合を行うために、Cisco Unified Presence サーバを使ってプレゼンス アプリケーションと Cisco Unified Communications システムとを連動させる仕組みを説明しています。また、Lotus Sametime における Click to Call サービスでは、接続の確立に SIP が使われており、Cisco Unified CallManager 5.0 が SIP をサポートしていることが分かります。

Cisco Unified Presence サーバは、Cisco Unified IP Phone 内に保存された各通話先に対し Lotus Sametime ステータスを発行。このステータスはユーザの電話/ビデオ ステータスと連動することから、相手が Lotus Sametime を起動中でインスタント メッセージを受信可能な状態かどうかを確認することができます。起動中であれば、ユーザは Cisco IP フォンから直接インスタント メッセージを送信し、それが相手のデスクトップ上の Lotus Sametime チャット ウィンドウに自動的に表示されるようになっています。

「プレゼンス アプリケーションを統合することで社員同士のコミュニケーションを合理化する。これは、現在、世界のエンタープライズ企業が大きな関心を持って注目している分野です。今回、シスコと IBM が標準技術を使ってプレゼンス アプリケーションを先進の IP 通信システム環境に統合してみせたことは、このトレンドを象徴するものであり、近々そういったソリューションが出現するであろうことを暗示しています」と Yankee Group 社のインフラストラクチャ リサーチ & コンサルティング担当副社長であるゼウス・ケラバラ(Zeus Kerravala)氏は分析しています。

シスコの IP コミュニケーション ビジネス ユニットの副社長兼ゼネラル マネージャであるバリー・オサリバン(Barry O'Sullivan)は次のように述べています。「今回、IBM と標準技術に関して協力しあうことで、Unified Communications をデスクトップ アプリケーションと関連付けて、社員同士の通信を効率化できることを証明することができました。Cisco Unified Presence サーバにプレゼンス機能を統合することによって、結果的にエンタープライズの通信能力と生産性が強化されることになります」

また、IGS の副社長、ボブ・クリッツァー(Bob Kritzer)氏はこう話します。「意思決定を改善するためにコラボレーションと音声通信の統合を図るには、リアルタイム テクノロジが欠かせません。今回の IBM とシスコのプラットフォーム統合に関するデモンストレーションは、両社がいかにしてリアルタイム通信をオンデマンドで提供し、双方の顧客のニーズに効果的に応えることができるかを示しています」

今回 VoiceCon の会場で実演されたこの統合技術は、IGS のサービス契約という形で提供される予定です。IGS では、本ソリューションのあらゆるライフサイクル フェーズに向けた幅広いサービスを用意しています。また、Unified Messaging と Lotus Domino、Cisco MeetingPlace と Lotus Notes、および Cisco Voice Portal と Websphere Application Server とを組み合わせた共同ソリューションがシスコと IBM により提供されます。

IBM とシスコの連携について

IBM とシスコは、両社顧客のオンデマンド ビジネスへの移行を支援すべく、独自の協力関係を多岐にわたって築いてきました。両社は、統合型のソリューション、技術、および製品に関する戦略を共有すると同時に、ソリューション、サービス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーキングの各分野におけるワールドクラスのリーダーシップを発揮して連携を行っています。IBM とシスコの協業関係については http://www.ibm.com/services/alliances/cisco または http://www.cisco.com/go/ibm をご参照ください。

IBM について

IBM は情報技術およびビジネス ソリューションを提供する世界最大の企業であり、80 年間にわたり企業のイノベーション支援をリードし続けています。IBM では、IBM および主要な IBM ビジネス パートナーの資源を活用し、あらゆる規模の顧客のオンデマンド エンタープライズへの移行を可能にする広範なサービス、ソリューション、技術を提供しています。詳しくは http://www.ibm.com/ をご参照ください。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

▲Return to Top

お問い合わせ