ワールドニュース

米国ニュース


SUBWAY ファーストフード フランチャイズがオーダーメイドの Cisco Unified Communications を導入

SUBWAY レストラン 26 店舗の業務効率・顧客満足度・生産性の向上に向け、シスコ、Calence、IPcelerate の 3 社が協力

2006 年 3 月 14 日、米カリフォルニア州サンディエゴ「CISCO PARTNER SUMMIT 2006」発

シスコシステムズは本日、アリゾナ州トゥーソンで 26 店舗の SUBWAY®レストランを展開するフランチャイジー企業が、通信インフラストラクチャのアップグレードと多機能なビジネス アプリケーションの追加に向けて Cisco®Unified Communications システムを導入すると発表しました。

今回のシステム導入に伴い、レストラン従業員は、タイムカード/シフト管理や、毎日の入金報告、タスク リマインダー、911(救急)アラートといった IP ベースの革新的なアプリケーションを利用できるようになります。スタッフは Cisco Unified IP Phone 7970G のカラー ディスプレーのタッチスクリーンを使い、フランチャイズ店舗にある店頭販売コンピュータを操作するのと同じやり方で、ソフトウェア アプリケーションと交信することが可能になります。

Cisco Technology Developer Program(CTDP)パートナーである IPcelerate 社(テキサス州ダラス)が、この細かくカスタマイズされたアプリケーションの設計・開発・導入を行ういっぽうで、システムのプランニングと設計および導入は Cisco Gold Certified パートナーの Calence 社(アリゾナ州フェニックス)が担当しました。

アリゾナ州にある 26 店舗の SUBWAY レストランでは 400 人近いスタッフを抱え、年間来店者数は 50 万人を越えています。Zeus Nestora 社の社長で、レストランの所有・経営者であるレス・ホワイト(Les White)氏はこう話します。「ファーストフード レストラン業界における成功は、いかにスタッフにやる気を起こさせ、業務を合理化し、社員の能力を引き出せるかにかかっています。Cisco IP フォン上で動作するアプリケーションは、当社独自の文化を維持し、通信機能を改善するのに役立っています。1 台の電話がこれほどまでビジネスに影響を与えるとは今まで想像もしていませんでした」

ビジネス ソフトウェア アプリケーションで運用コストを削減

Calence 社の CEO であるマイク・フォン(Mike Fong)氏はこうコメントしています。「完全統合型のセキュアな IP 通信インフラストラクチャに移行したことで、SUBWAY フランチャイズでは、コスト効率に優れ、時間を節約してくれる様々なアプリケーションに、Cisco IP フォンを使って簡単にアクセスできるようになりました。SUBWAY の事例は、ネットワーク技術を活用することで成長企業がいかにコストを削減し、新しいアプリケーションとサービスを取り入れ、業務効率を向上させることができるかを如実に示しています」

IPcelerate 社は「Application Discovery Workshop」を開催し、レス・ホワイト氏とレストランのマネージメント チームに対し、音声・データの統合アプリケーションで対応可能な一連のビジネス アクティビティについて詳しく説明を行いました。アクティビティには以下のようなものが含まれます。

  • タイムカード/シフト管理
  • 毎日の入金
  • 全店舗における緊急事態通知
  • 顧客オーダーの改善
  • 全店舗における日々の職務の把握
  • 社員の認識
  • 社員の安全確保

IPcelerate のアプリケーション コンサルティング グループ担当ディレクタであるジョン・ムーア(John Moore)氏はこう話します。「ホワイト氏と話し合い、業務上の課題を教えてもらうことで、本当の意味でビジネスの役に立ち、投資する意義がある音声アプリケーションを開発することができました。結局のところ、経営者は技術がどうこうといったことよりも、ビジネス上の解決策に興味があるのです」

26 の SUBWAY レストランをつなぐ Cisco Unified Communications システムは、業界屈指のセキュリティを備え、Cisco Unified CallManager ソフトウェアを動作させる Cisco Media Convergence Server と、Cisco Unity®Voice Messaging、Cisco Unified IP Phone 7970G、Cisco Catalyst®スイッチ、シスコの統合サービス ルーター、および PIX®ファイアウォールから構成されています。

SUBWAY について

SUBWAY は 83 カ国 2 万 5000 カ所にフランチャイズ店舗を持つ、世界最大のサブマリン サンドイッチ レストランです。また、ファーストフード店としては世界第 2 の規模を誇っています。詳しくは www.subway.com をご参照ください。

IPcelerate 社について

IPcelerate, Inc. はテキサス州ダラスに本拠を置くソフトウェア開発会社です。VoIP 通信環境に向けたビジネスインパクト アプリケーションの開発を中心に行っています。詳しくは www.ipcelerate.com をご参照ください。

Calence 社について
Calence, LLC はアメリカの大手ネットワーク ソリューション専門プロバイダです。業務効率、生産性、および顧客満足度を向上させるためのコア ネットワーク ソリューション、最新テクノロジ、コンサルティング、およびマネージメント サービスを世界の大手企業に向けて提供しています。Calence 社はアリゾナ州テンペに本社を置き、Cisco Gold Certified、IP Communications Specialized、IP コンタクト センター向けのCisco Advanced Technology の 3 つのパートナー資格を有しています。詳しくは www.calence.com をご参照ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ