ワールドニュース

米国ニュース


State Street がCisco IP Communications システムを導入、
通信ネットワークの改善と運用コストの削減に成功


2006 年 2 月 27 日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズは本日、金融サービスの世界的大手である State Street 社が Cisco IP Communications システムを導入し、音声・データ アプリケーションに向けたネットワーク可用性と応答時間の改善、および管理・通信コストの削減で成果をあげていると発表しました。

シスコの IP ベース インフラストラクチャを新たに導入したことで、ボストンに本拠を置く State Street の障害回復機能が強化されました。集中化・仮想化された呼処理および音声アプリケーション アーキテクチャによって同社は、アプリケーションの追加・変更・増加、オンデマンドの容量拡張、およびネットワーク管理スタッフの効率化などにいつでも対応することが可能です。金融サービス市場に向けたシスコの Financial Markets Solution ポートフォリオに含まれる IP ベースのソリューションは、State Street のような企業で働く金融専門家がサービス品質、適時性、オペレーションを向上させつつ、顧客によりよい価値を提供できるよう支援します。

世界中に 2 万 1000 人以上の社員を抱える State Street ですが、IP ベース インフラストラクチャ導入の始まりは、マサチューセッツに新しく開設されたオフィスの 600 人のスタッフに向けて 1 台の Cisco CallManager 呼処理システムを設置したことでした。その同じシステムが、今では世界の 10 ヶ所以上のオフィスに置かれています。また、同社の Cisco IP フォンの導入数は、現在 6000 台を超えています。

さらに、State Street の小規模のブランチ オフィスでは Cisco 3800 シリーズ Integrated Services Router(ISR)が使用されています。Hot Standby Routing Protocol(HSRP)および Survivable Remote Site Telephony(SRST)機能が搭載された 2 台の Cisco 3800 シリーズ ISR によって、WAN 障害時にも音声サービスを継続して利用することができ、ビジネス継続性が実現します。

State Street のグローバル インフラストラクチャ サービス担当執行副社長であるマッジ・メイヤー(Madge Meyer)氏はこう話します。「 VoIP によって技術面での劇的な改善が可能になるいっぽうで、コストが抑えられ、業務効率の向上が期待できます。たとえば、当社では頻繁にオフィスの移転を行いますが、VoIP では電話はオフィスというより個人に属しているので、ネットワークの可動性が高まり、移設や追加、変更に多くの人数を要することはありません。またシスコ ソリューションを使うことで、個別のインフラストラクチャを管理する必要がなくなり、複数ロケーションでの保守やリモート サポートにつきものの多額の重複コストも軽減されます。Cisco CallManager によって、ページングやトレーディング環境アプリケーション、インテリジェント コンタクト センター サポートをはじめとする様々な生産性向上アプリケーションを電話システムに導入することが可能になります」

また State Street では、顧客とカスタマー コンタクト センターに向けてビジネス ユニット サポートを提供するために Cisco IP Contact Center(IPCC)Enterprise Edition を導入しました。Cisco IPCC Enterprise は、インテリジェントなコンタクト ルーティング、コール処理、およびネットワーク ツー デスクトップのコンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)を提供します。これによって State Street では、リアルタイム チャットや Web コラボレーション、電子メールといったインターネット アプリケーションに送受信音声アプリケーションを統合することができることから、カスタマー サービスの強化につながります。

「テレビ会議やビデオ会議、オーディオ会議を単一バックボーンに統合すれば、さらなるコスト節減になります。シスコ ソリューションによって、すでにネットワーク パフォーマンスが 10~25 パーセント向上し、全体的な支出も削減されました。当社経営陣もお客様も、全員がこの新技術を大いに歓迎しています。まさに当社にとっての『ウィン ウィンの』ソリューションと言えるでしょう」とメイヤーは言います。

State Street 社について

State Street 社(NYSE: STT)は、機関投資家に向けて投資サービスや、投資管理・投資調査、および売買サービスを提供する、世界有数の金融サービス企業です。2005 年 12 月 31 日現在、同社は 10 兆 1000 億ドルの保管資産と 1 兆 4000 億ドルの運用資産を有し、世界 26ヶ国、100ヶ所以上の市場で業務を展開しています。詳しくは www.statestreet.comをご参照ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

▲Return to Top

お問い合わせ