ワールドニュース

米国ニュース


UNET 、アルメール市でのギガビット ブロードバンド サービス提供に向けて
シスコ キャリア イーサネット技術を採用

ギガビット ブロードバンドによって公共機関に向けたシェアードサービスが多様化

2006 年 2 月 21 日、オランダ・アルメール発
シスコシステムズは本日、オランダで革新的なブロードバンド サービスを提供する大手プロバイダーの UNET 社が、100 メガビット/秒以上の超高速ブロードバンド 音声・ビデオ・データ サービスを単一の光ファイバ ネットワークを使ってアルメール市内の公共施設や非営利組織に提供するために、シスコ キャリア イーサネット技術を採用したと発表しました。

UNET は 2005 年半ばにこの公共部門シェアードサービスに関する大プロジェクトの担当プロバイダーに選出され、現在は、学校、医院、病院、消防署、図書館、市役所などの 165 を超える施設をつなぐために、Cisco Catalyst 4500 シリーズ スイッチと Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチの導入を進めているところです。

これが完了すれば、非対称デジタル加入者線(ADSL)接続の 100 倍以上という最速 2 ギガビット/秒の対称ブロードバンド接続によって、集中型のシェアードサービスが各組織に向けて提供されるようになります。このシェアードサービスには、Cisco IP フォンを使った IP テレフォニーや、集中データ バックアップ/ストレージ、VoIP リモート サーベイランスなどが含まれます。また、Cisco Content Delivery Network を使うことで、IP を介して教育テレビ プログラムを中央サーバから学校にオンデマンドで配信することも可能です。アルメール市公共サービス エクストラネットは 2006 年 4 月に完成する予定です。

アルメール市長のアンネマリー・ヨリツマ(Annemarie Jorritsma)氏はこう述べています。「アルメール市にとってブロードバンドは、近代都市をビジネスや生活、勤労の場にしたいと考える企業や個人を引きつけるための一手段です。オランダを代表する、企業と市民にフレンドリーな都市へと同市を導いてくれることでしょう。また社会的な視点から見ると、ブロードバンドは、通信・医療・教育といった分野における新たな機会を市民にもたらします」

既存の電話システムから集中型の IP テレフォニー サービスへ移行することで、最先端の医療機関では、最初の 1 年間で 40 パーセント強の運用コスト削減が見込まれています。100 を超える学校に提供されている情報通信技術(ICT)サービスについても、同様に集中データセンターへと移管され、セキュリティの向上ならびに運用・サポート コストの大幅な削減が図られます。UNET はまた、医師と専門家が高精細度ビデオ会議サービスを用いて、リモートで意見を交換しあい、MRI スキャンなどの詳細な画像情報を共有するための医療パイロット プロジェクトの開発にも取りかかっています。

Cisco ME 3400 シリーズは、メトロ イーサネット アクセス サービスに向けた堅牢なセキュリティ ソリューションを提供するイーサネット アクセス スイッチです。プロバイダーの顧客ロケーションへのサービス導入に配慮した設計となっており、ETTH(Ethernet to the home)トリプルプレイ サービスと ETTB(Ethernet to the business)仮想私設網(VPN)サービスの双方に向けて最適化されています。

UNET の技術ディレクターであるゲル・ベイカー(Ger Bakker)氏はこう説明します。「UNET では、イコールアクセス モデルにもとづき、アルメール市のファイバ ネットワークを運用しています。UNET のものだけでなく、サードパーティのサービスも含めた多種多様なサービスをサポートするためには、万能なネットワークであることが必要不可欠です。私が調べたところ、真のマルチサービス ネットワークの要件を完全に満たしつつ、音声とビデオのサービス品質を維持できるベンダーはシスコ以外にありませんでした。しかし、公共サービスにとって何より重要なのは、シスコが高水準のセキュリティをネットワーク エッジで提供し、すべてのネットワークを不正アクセスから守ってくれる点です。この新しい ME 3400 スイッチによってマルチサービス機能がもたらされることから、1 台の顧客ベース デバイスをもとに、様々なビジネス サービスを提供できるようになります」

シスコシステムズ オランダのジェネラル マネージャーであるコックス・ストファー(Coks Stoffer)はこう述べています。「ブロードバンドのことをエンターテインメントを提供するための手段だと考えている人が多くいますが、人と人の共同作業の改善や情報へのリアルタイム アクセスによってもたらされる医療および教育面でのメリットに目を向けることも大切です。UNET と緊密に協力して『知識都市アルメール(Almere Knowledge City)』構想の実現化を支援する中で、実際にシスコでは、同市の医療・教育・公安の質の向上を目の当たりにしています」

1975 年に埋め立て地を造成して作られたアルメール市は、年間の新規転入者数が 5000 人を超えるヨーロッパ随一の成長都市です。自治体は、官民の連携によって、2002 年に光ファイバによる市のイコールアクセス ネットワークを構築しました。「知識都市アルメール」を造るという構想のもと、アルメール市のファイバ プロジェクトは最新のブロードバンド サービスを市民と企業に提供し、市の経済成長に貢献しています。同市はまた、ヨーロッパでもっともブロードバンドの普及が進んだ都市の 1 つに数えられ、人口の実に 80~85 パーセントがブロードバンド接続を利用しています。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ