ワールドニュース

米国ニュース


公立図書館の新たなページを開くCisco IP Communications

北米 6 位の規模を誇る市営図書館システムがカスタマーサービスの向上とコスト削減を実現

2005 年 11 月 16 日、カナダ カルガリー発

カナダ第 2 の規模を誇る公共図書館システムが、Cisco® IP Communications の導入によりカスタマー サービスの向上とコストの削減を実現し、将来に向けた成長の準備を整えつつあります。カルガリー市立図書館では先ごろ、シスコシステムズの音声、ビデオ、およびデータの統合ネットワークへの移行を完了、市内 18 の図書館がひとつにつながりました。

エンド・ツー・エンドのシスコ ネットワークがシスコ ゴールド認定パートナーの NexInnovations 社によって導入され、カルガリー市内すべての図書館にワイヤレス接続が完備されました。Cisco IP Communications は、Cisco IP フォン 350 台、ワイヤレス Cisco IP フォン 20 台、Cisco Unity ™ボイスメール 350 シート、Cisco IP Interactive Voice Response(IP IVR)をサポート。アルバータ州の 429 の地域をつなぐブロードバンド ネットワーク「Alberta SuperNet」を利用して図書館どうしを接続し、コスト削減をさらに促進することも可能です。

「Cisco IP Communications システムによって、図書館利用者に対するサービスの方法が大きく変わりつつあります。単純なことですが、分館どうしで電話を転送し合えるようになって、思いがけず重宝しています。以前は 1 度電話を切って別の番号にかけ直してもらっていたのが、今では分館や部署に転送するだけでいいのですから」とカルガリー市立図書館の情報技術部門マネージャー、スコット・スタンレー(Scott Stanley)氏は言います。

カルガリー図書館によると、Cisco IP Communications システムを導入したことで、オンライン辞書や、4 桁電話番号、分館間での電話転送といった新サービスを利用できるようになったということです。近いうちに、ワイヤレス IP フォンを使って、仕事を中断することなく電話を受けることができるようになる予定で、これによってスタッフの生産性の向上とカスタマー サービスの改善が期待できます。またネットワークの統合によりインフラストラクチャの無駄が解消され、管理の集中化と保守の簡素化が実現することで、総所有コストが削減されます。

「完全統合型で高い安全性を備えた単一通信インフラストラクチャへの移行をはたしたことで、カルガリー図書館は北米における市営図書館システムの『ベストプラクティス』として注目されはじめています。今回のケースは、納税者の出費の節減や、新サービスの提供、組織効率の向上を実現させるために、アルバータ州の自治体組織が Alberta SuperNet をどう活用すべきかを示す良い事例ではないでしょうか」とシスコシステムズ カナダの公共部門担当副社長、ミシェル・ウーデ(Michel Houde)は述べています。

NexInnovations のセールス&インテグレーション ソリューションズ担当上級副社長、ウェンディ・ルーカス(Wendy Lucas)氏は移行に至るまでの経緯をこう説明します。「Cisco IP Communications ソリューションは高い冗長性を備え、標準ベースで XML に対応しており、そこがカルガリー図書館の興味を喚起したのです。また Cisco IP Communications を、書籍追跡および利用者データベースの新型統合システム『Dynix Horizon』と組み合わせて使うことも可能です。そうすることで、図書館は革新的なセルフサービス アプリケーションを開発して、それをシスコ IP フォンのブラウザから利用できるようになります」

成長管理とコスト削減

カルガリー図書館はここ数年間で飛躍的な成長を遂げ、カナダ国内で 2 番目、北米全体では 6 番目の規模を誇る公共図書館システムとなりました。本館に設置された 20 年前の PBX(構内交換機)や分館の Centrex 混合システムといった旧来の電話システムは、管理の手間がかかる厄介な存在でした。

カルガリー図書館では、コスト管理がしやすく、可能な限り高いサービスレベルを維持でき、将来にわたって利用可能な通信を提供してくれるシステムを探していました。スタンレー氏は「変わらなければならないことは確かでしたが、そのためには正しい選択をしなければと考えていました。図書館の成長と新しいアプリケーションの取得、および生産性の向上を実現しつつ、コストも削減できる、そんなシステムが理想でした」と言います。

そんなスタンレー氏が申し分ない性能と信頼性を備えていると太鼓判を押すのが、Cisco IP Communications です。今では図書館スタッフはユーザフレンドリーなシステムで快適に仕事をこなしつつ、管理面を自分たちで担当し、問題にも速やかに対応できるようになりました。

カルガリー市立図書館について

年間 3100 万人が利用する、北米有数の大規模図書館システム。またもっとも効率的な図書館システムのひとつでもあり、図書配布にかかるコストは次点の図書館よりも 22 パーセントも低くなっています。1911 年に設立され、現在では 18 の分館を有し、90 万人以上のカルガリー市民に図書サービスを提供しています。詳しくは www.calgarypubliclibrary.com をご参照ください。

NexInnovations 社について

NexInnovations 社は 25 年以上にわたり、カナダ国内の組織に向けて技術に関するコンサルティング、インフラストラクチャ、導入、およびサポートを提供し続けています。小規模なカスタムオーダーから大規模な複合プロジェクトまで、全国 3000 を超える企業および政府機関の IT システムに関する計画、供給、導入、サポートを担当。国内の 30 のオフィスに約 1200 人の社員を擁し、カナダの株式非公開情報技術最大手の 1 社に数えられています。詳しくは www.nexinnovations.com をご参照ください。

Cisco IP Communications について

「Cisco IP Communications」は、IP テレフォニーやユニファイド コミュニケーション、オーディオ、ビデオおよび Web での会議などのリッチメディア コミュニケーション、IP ビデオ放送、カスタマー コンタクト ソリューションなどのエンタープライズクラスのソリューションで構成された包括的なシステムで、お客様の既存のシスコ IP インフラストラクチャを活用して、新しいコンバージド アプリケーションを提供することを目的としています。Cisco IP Communications に関する詳しい情報は、http://www.cisco.com/go/ipcをご覧下さい

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

▲Return to Top

お問い合わせ