ワールドニュース

米国ニュース


Cisco Medical-Grade Network が新たな臨床用接続性ソリューションに

新たな機能により、臨床医の通信およびワークフローが向上

2005 年 10 月 11 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、臨床医が必要なときに、必要な情報、人々、機器とより効率的かつ容易に連携できるようにするために、 Cisco Medical-Grade Network を拡充すると発表しました。新たに発表された Cisco Clinical Connection Suite は、「Nurse Call」、「Patient Monitoring」、「Location-Based Services」および「Collaborative Care」という 4 つの統合型ソリューションで構成されており、これらのソリューションによって臨床医および患者に関する情報の転送、割り振り、および優先順位付けができるようになるため、より迅速で、よりスマートな医療態勢の構築が可能になります。そのため、病院では、職員の生産性向上とともに、これまで大規模なシステムに費やしていた資本および運営経費の節約ができるだけでなく、ケアおよびサービスの品質を大幅に向上させることができます。

「臨床ワークフローの改善は、今日の IT ソリューションがまだ適切に対処できていない、大きな課題となっています。 Cisco Medical-Grade Network をベースとする Cisco Clinical Connection Suite により、Boston Medical Center やノルウェーの St. Olav's といった世界中の病院では、通信プロセスの合理化および高速化が可能になっています。シスコの新しいソリューションにより、患者の診断、モニターおよび処置方法が改善されるだけでなく、医療機関では患者ケアの向上および費用の削減が実現します」と、シスコのエンタープライズ マーケティング担当副社長のピエールポール・アラード(Pierre-Paul Allard)は述べています。

Cisco Clinical Connection Suite : 週 7 日、1 日 24 時間態勢での通信

音声、動画およびデータに対応する、単一のコンバージド環境を提供する Cisco Medical-Grade Network より派生した Cisco Clinical Connection Suite により、リアルタイムの通信、モニタリング、コラボレーションおよびリソース トラッキングが可能になります。アプリケーションおよび医療デバイスを扱う、業界トップクラスのパートナーを通じて、統合型ソリューションとして提供されます。

  • Nurse Call : 患者あるいは介護者のいる場所よりリアルタイムのアラートを発し、患者やモバイルの医療関係者との直接通信を実現します。臨床医と連絡をとるには、もはや頭上のページング システムや専用のポケットベルを使う必要はありません。代わりに、 Cisco IP フォン などのワイヤレスあるいは有線のデバイスを使って、 Rauland-Borg や、Emergin Technologies 社のミドルウェアなどのナースコール システムにアクセスできます。

トップクラスの非営利病院で、ボストン大学医学部の主要な教育施設でもある、Boston Medical Center のCTO ダレン・ドゥオーキン(Darren Dworkin)氏は、次のように話しています。「旧式のナースコール システムに代えて Cisco Medical-Grade Network や Nurse Call を導入した結果、当院の臨床医は、まさに初めてリアルタイムの通信機能を手にするようになり、生産性が大幅に向上しています。その効果は患者様への応対時間にも現れており、看護スタッフに対する満足度も向上しています」

  • Patient Monitoring : 有線あるいはワイヤレスの IP デバイスを利用するもので、モバイルでのリアルタイム アラートとして機能するほか、テキストあるいは wave 形式でデモグラフィック データや重要な患者情報を配信することによって、患者の状態を看護士に知らせることができます。医療の現場での仕事はつねにワイヤレスな状況であり、介護担当者は、看護士ステーションや同じ診療地域に一定時間留まっているわけにはいきません。シスコの通信機能によって、患者と大手メーカーのモニター デバイスを結びつける Patient Monitoring により、臨床医は患者への応対をより迅速に行うことができます。
  • Location-Based Services : 病院内の重要な資産の振り分けおよび追跡ができるため、患者ケアの改善が可能になります。現在、看護士や臨床医が病院内で重要な医療機器や他のリソースを探さなければならないために、貴重な時間が無駄にされるケースがあります。このような資産を追跡する時間を減らせば、患者が、機器、デバイス、あるいは他のリソースが到着するまで無駄な待ち時間を過ごす必要もなくなります。さらに、医療施設では、機器の紛失や買い替えのための支出を防ぐこともできます。 Location-Based Services は Cisco Medical-Grade Network とともに、IEEE 802.11(Wi-F)および RFID(Radio Frequency Identification Systems)トラッキング技術に対応している、リアルタイム ロケーション サービスの機能を拡張するもので、 Cisco Wireless Location Appliance 、資産追跡アプリケーション プロバイダーである PanGo Networks 社の製品、ならびにPanGo Networks および AeroScout の両社から発売されている アクティブ RFID タグとの併用も可能です。

「車椅子が必要な場所にないというのは、あらゆる病院に共通の問題です。この問題にはお金もかかります。というのも、職員が通常の業務を離れて車椅子を探さなければなりませんし、紛失した車椅子の代わりを入れるための費用も必要になります。さらに、患者の受診プロセスも遅れがちになり、不満の元になっています。シスコの Location-Based Services のおかげで、3 人の正規雇用職員に、1 週間に数時間を費やして車椅子を探してほしい、と頼まないでよいようになりました。このシステムがあるために、スタッフはより生産的な活動に専念できるようになっていますし、患者様の要望にもよりタイムリーに対応できるようになっています。さらに、患者様の満足度も向上しています。私たちが車椅子を見つけるまで、何時間も待つ必要がなくなりましたからね」と、Bronson Healthcare Group の病院で、ミシガン州南西部でサービスを提供している非営利の三次医療システムであるBronson Methodist Hospital の正看護士兼カスタマー サービス、看護士患者関係およびパストラル ケア担当ディレクター、ナンシー・ラドクリフ(Nancy Radcliff)氏は話しています。

  • Collaborative Care : スタッフと臨床医の間で臨機応変なコラボレーションを構築し、診断および処置までの時間短縮を可能にするもので、オンデマンドのオーディオおよび動画会議機能を使って、適切な介護担当者と患者データをリアルタイムで結びつけることができます。 Cisco MeetingPlace と Tandberg 社のビジュアル コミュニケーション技術が使用されている、 Collaborative Care により、病院や診療所では、英語を話せない患者のための動画ベースのリアルタイム翻訳機能など、新しいサービスの提供ができるようになります。

Cisco Clinical Connection Suite は、本日、全世界で発売されます。詳しい情報は、以下の Web サイトをご参照ください。www.cisco.com/go/healthcare

# # #
シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。



▲Return to Top

お問い合わせ