ワールドニュース

米国ニュース


ベルギー連邦財務省、シスコシステムズの技術を採用し、4,000 台の IP フォンを配備

シスコの IP テレフォニー、IP コンタクトセンター、 Catalyst スイッチ、および他のシステムを配備し、納税者向けサービスの向上、オフィスの効率および通信の改善を実現

2005 年 10 月 6 日、ベルギー ブリュッセル発

シスコシステムズは本日、ベルギー連邦財務省(Belgian Federal Public Service Finance)に勤務する4,000 人の公務員が、 IP 技術を利用してより効率的に業務を遂行できるようにするために、データと電話のコンバージドなネットワークを構築した、と発表しました。このプロジェクトは、IBM との共同管理によって進められ、ベルギーにおける過去 5 年間で最大規模のテレフォニー移行となっています。

プロジェクトの主な目的は、音声とデータのネットワークを一体化させてマルチ チャネル サービスの導入を加速し、電話やファックス、オンラインを利用した場合でも、直接同省を訪れた場合でも、同じレベルのサービスを市民や企業の代表者に提供できるようにする、というものでした。さらに、省内のそれぞれの職員には、ユニファイド メッセージングを利用してより良いサービスを提供するために、共通のツールも新たに配布されました。ユニファイド メッセージングの利用により、ボイスメールや e-メール、ファックスのメッセージが管理できるだけでなく、テレフォニー アプリケーションを駆使して、電話やデスクトップ PC からイントラネット経由でスタッフ ディレクトリにアクセスすることもできます。とくに、スタッフ ディレクトリは、これまで使用しされていた、費用のかかる紙のディレクトリに取って代わるものとなります。このプロジェクトは、ブリュッセルの Tower of Finances から North Galaxy コンプレックスへの同省本部の移転がきっかけとなりました。

「このプロジェクトでシスコと IBM を指名したのは、スピードと可用性とともに、統合的なセキュリティを備えたネットワークを迅速に配備する能力があるからでした。価格、技術品質およびプロジェクトの管理能力に対する基準も満たしていました」と、ベルギー連邦財務省のネットワーキングおよび IP テレフォニー コーディネーター、リュック・ロルノワ(Luc Lornoy)氏は話しています。

プロジェクトで採用されたシスコの技術には、 7912G 、 7940G および 7960Gといった Cisco IP フォン の各モデル、 Cisco Catalyst® 6509 および Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチ(後者はインライン電源)、 Cisco CallManager 4.0 コール処理ソフトウェア、 Cisco Unity ユニファイド メッセージング システム、 IPCC Express Edition IP コンタクトセンター パッケージ、ならびに CiscoWorks モニタリング ソフトウェアなどがあります。

「IP テレフォニーは、公共部門やその機関がインフラストラクチャの近代化を図るときの新たな標準となっています。現在、ベルギーでは 100 以上の企業および機関が、シスコのインフラストラクチャを利用して、すでに電話とデータ処理システムを統合しています。ほとんどすべての組織が、費用削減効果、使いやすさ、システムの相互運用性、および新しいアプリケーションへの対応能力といった、IP コミュニケーションの良さを実感しているのです」と、シスコシステムズ ヨーロッパおよび新興マーケットのビジネス開発マネージャー、フランク・ルーゲ(Frank Ruge)は述べています。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ