ワールドニュース

米国ニュース


Euskaltel、シスコの IP 次世代ネットワークのサービス エクスチェンジ機能を使い従量課金制ケーブル ブロードバンド サービスを開始

2005 年 10 月 4 日、スペイン ビルバオ発

シスコシステムズは本日、スペイン バスク地方の大手ケーブル オペレーター兼ブロードバンド サービス プロバイダーの Euskaltel が、ブロードバンド サービスの選択肢の拡大と加入時の手間の軽減を目指し、自社のブロードバンド サービス ポートフォリオへの従量課金制導入を進めていると発表しました。新しい課金機能は、シスコのIP 次世代ネットワーク(IP NGN : Internet Protocol Next Generation Network)のサービス エクスチェンジ フレームワーク(SEF : Service Exchange Framework)を使うことによって実現。このフレームワークにはシスコのケーブル モデム終端システム(CMTS : Cable Modem Termination System)に組み込まれた CableLabs 標準準拠の Subscriber Account Management Interface Specification(SAMIS)が含まれます。Euskaltel では先ごろ、バスク地方最多のブロードバンド加入者を抱えるオペレーターとして、ブロードバンド市場のリーダーの地位を確立したところです。

2005 年 7 月、Euskaltel はユーザに帯域幅と課金オプションの広範な選択肢を提供するために従量課金制ブロードバンド サービスを開始しました。「Euskaltel では、市場最大のサービス レンジを提供するという戦略のもと、ブロードバンドの普及を目指しています」と Euskaltel のマーケティング部門ディレクターであるアイトール・マルカイダ(Aitor Marcaida)氏は言います。バスク地方におけるブロードバンド サービス プロバイダーのリーダーとしての地位を維持していくことが当社の目標であり、幅広い選択肢と高速なアクセス スピードを提供することで、早いうちにブロードバンドを全国に普及させたいと考えています」。Euskaltel では最高速度 8 Mbps のブロードバンド サービスを、定額制、時間制、従量制の 3 種の課金方式で提供しています。

Euskaltel のネットワーク & サービス エンジニアリング部門ディレクターであるイドイア・ウリアルテ(Idoia Uriarte)氏は次のようなコメントを寄せています。「Euskaltel のケーブル アクセス ネットワークでは Cisco CMTS ルーターが使われています。これは、標準準拠のソリューションをベースとした加入者管理機能を利用することが従量課金制導入の理想的な方法だと判断したからです」

「Euskaltel は移り変わりの激しい市場で事業を展開していることから、ポートフォリオの開発および顧客ベースの拡大を常に行う必要があります」とシスコシステムズのケーブル ソリューション デベロップメント マネージャーであるルイス・マーティンズ(Luis Martins)は説明します。「SEF はシスコの IP NGN の基本コンポーネントであり、従量制課金をはじめとする加入者管理ソリューションが含まれます。シスコの SEF は、お客様がより創造的で魅力的なサービスをすばやく市場に投入するための鍵となるソリューションです」

Euskaltel の従量制課金ソリューションでは、Cisco uBR7246VXR および Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロードバンド ルーターに内蔵された SAMIS フォーマットの管理情報ベース(MIB: Management Information Bases)に含まれる詳細な加入者アカウントと課金情報が採用されています。SAMIS フォーマットは DOCSIS(Data Over Cable Service Interface Specifications) OSSI(Operations Support System Interface)規格において規定されたフォーマットであり、DOCSIS 1.0、DOCSIS 1.1、および DOCSIS 2.0. 準拠のケーブル モデムに対応しています。

Cisco CMTS の SAMIS 包含は、Cisco IP NGN の SEF の一部として実施されています。SEF は、サービス プロバイダーが複数のアクセス パスを使って多様なサービスをさまざまなデバイスに配信し、顧客のアクセスやサービスの利用をアプリケーションの種類に関係なく管理することを目的に考案されたものです。アクセス独立型のオープン フレームワークである SEF は、加入者が誰で、どのようなサービスを受けていて、どのようなポリシーに従っているのかを知らせることによって、ネットワーク オペレーターの理解、可視性、および管理性を改善します。こうすることでネットワーク オペレーターは、ネットワークの管理方法を決定し、ユーザとそのデバイスがどこにあるのかを常に知ることができるのです。また高度な可視性と管理性によって、顧客の行動を綿密に把握し、差別化されたサービスをより安全かつ有利に提供することが可能になります。

Euskaltel について

Euskaltel は、固定/移動電話、インターネット、およびテレビ サービスを提供するグローバル テレコミュニケーション オペレーターです。バスク自治区最大のブロードバンド オペレーターである同社は、固定テレフォニー 45%、ブロードバンド インターネット 44%、モバイル テレフォニー 31% という市場シェアを占め、その売上はバスク地方の通信分野総所得の 25% に相当します。2004 年度の売上高は 2 億 9100 万ユーロ、純利益は 1620 万ユーロでした。現在 Euskaltel では、12 億ユーロ――国民 1 人あたり 600 ユーロ――を投じて、バスク地方で前世代光ファイバー ネットワークの導入を進めているところです。これは、国民 1 人あたりのネットワーク投資額としてはスペイン全体で最高の額となります。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ