ワールドニュース

米国ニュース


次世代ネットワーキング技術の発展を目指し、シスコシステムズと IDA が提携

2005 年 10 月 14 日、シンガポール 発

シスコシステムズとシンガポールのInfocomm Development Authority(IDA : 情報開発局)は、シンガポールにおける IP ネットワーキングの発展を目的とした、3 年間、総額 1,800 万シンガポールドルの契約趣意書(MoI)に署名いたしました。この投資の主な目的は、次世代ネットワーキング技術の配備、スキルを備えた情報通信ネットワーク プロフェッショナルの育成、および現地のエンタープライズが製品やソリューションをマーケットに紹介するための Singapore Solutions Centre を国内に設立することの 3 つとなっています。

シスコシステムズ シンガポールのマネージング ディレクターのクレイグ・グレッドヒル(Craig Gledhill)と、IDA シンガポールの最高経営責任者チェン・イエン・キット(Chan Yeng Kit)氏による MoI への署名が、シスコシステムズ上級副社長兼最高開発責任者のチャールズ・ジャンカルロ(Charles Giancarlo)立会いの下、行われました。

企業およびコンシューマは、あらゆるときに、あらゆる場所からシームレスに情報にアクセスできる環境をこれまで以上に求めるようになっています。シスコと IDA は、ユビキタスなコンピューティング環境を実現する技術の発展、ならびにシンガポールにおける次世代ネットワーキング ソリューションの開発および導入を進めるための積極的なイノベーション支援に取り組みます。シスコは業界のリーダー企業で、同社の「Intelligent Information Network(インテリジェントな情報ネットワーク)」構想は、弾力性および適合性に優れているだけでなく、企業の優先順位に応じた情報通信技術(ICT)リソースの配備が可能な、将来のインフラストラクチャ構築を目指したものとなっています。「Intelligent Information Network」によって、人々は、仕事をしているときでも、遊んでいるときでも、あるいは学習しているときでも、適切な情報を適切なときに適切なフォーマットで入手でき、目前の課題に対処することができます。

「シスコのような業界リーダーと提携し、次世代ネットワーク技術の可能性を追求するとともに、この分野におけるシンガポールの実力を強化できるのを、IDA では喜ばしく思っています。提携による成果は、10 年先を見越した壮大な計画である“iN2015”でも速やかに活用されるようになるでしょう」と、チャン氏は話しています。

「シンガポールの情報通信セクターの発展および成長に協力できる機会をいただいたのは、シスコにとって素晴らしいことであります。IP ネットワーキング技術は、政府や企業、個人の通信方法を変えるだけでなく、他者と提携したり、競争したりする方法をも変革します。このグローバルなマーケットは、あらゆる者に機会を創出していますが、IP ネットワーキング技術を最も効果的に活用している者が、その勝者となるでしょう。IP ネットワーキング技術を利用して、シンガポールが国としての潜在能力を最大限に発揮できるように、シスコは尽力いたします」と、ジャンカルロは述べています。

シスコと IDA の今回の提携における重要な目的の 1 つに、音声、動画およびデータを統合した次世代ネットワークを配備するための実現可能性について調査を行い、シンガポールにシームレスで、ユビキタスなワイヤレスおよび有線の通信を実現する、というものがあります。この目的が達成されれば、シンガポールは現状の技術から飛躍的な発展を遂げ、長期的な視点で見た通信要件に対応できるようになります。

このビジョンを実現するためには、シンガポールは、トレーニングを受け、スキルを身につけたネットワーク プロフェッショナル、ならびに地元のエンタープライズの絶対数を保つ必要があります。そのため、MoI の 2 番目の目的は、シンガポールにおけるネットワーク関連のプロフェッショナルや学生のスキルやコンピテンシーレベルの発展および向上となっており、そのためには、トレーニングおよび認定、国内および海外の産業の支援や助成、ならびに「Cisco Networking Academy」を通じた、20 以上の教育機関のリソース向上が必要となります。目標は、今後 3 年間に 600 人以上の情報通信関連のプロフェッショナルおよび学生にトレーニングを提供することとなっています。

MoI の3 番目の目的は、国内に Singapore Solutions Centre を設立し、シンガポールのエンタープライズが自社の製品およびソリューションを開発、テスト、展示、販売できるようにすることとなっています。この施設の最終的な目標は、シンガポールを先進の IP ネットワーキング技術の主要開発国に変革することにあります。

IDA について

Infocomm Development Authority of Singapore(IDA)は、シンガポールにおける情報通信の発展、促進および規制を業務としており、シンガポールを世界でも屈指の情報通信の首都にすることを目標としています。情報通信産業の国際競争力を育むために、IDA は、国内および海外の企業を対象に多様かつ包括的なプログラムおよびスキームを提供しています。詳しい情報は、以下の Web サイトをご参照ください。www.idanews.gov.sg

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ