ワールドニュース

米国ニュース


中国農業銀行、シスコのサービス統合型ルーターを使いネットワーク管理の簡素化と運営コストの削減を目指す

河北省全域をカバーするネットワークの統合に向け、Cisco Integrated Services Router(ISR)250 台を導入

2005 年 9 月 8 日、中国 北京発

シスコシステムズは本日、中国農業銀行 河北支店(ABC Hebei : Agricultural Bank of China HeBei Branch)が河北省の 250 の支店および出張所をつなぐ 3 ティア ネットワークのアップグレードに向け、Cisco® Integrated Services Router(ISR)2800 シリーズの採用を決めたと発表しました。250 台の Cisco ISR 2800 シリーズを導入することによって、個別に運営されていた営業、業務管理、および複数のサービス ネットワークが 1 つの統合型ネットワークに集約され、各部門のデータセキュリティ機能を維持しつつ、コストの削減ならびにシステムの簡素化が実現します。今回の導入は、2004 年にこのブランチオフィス ルーターの新ラインが発表されて以来、中国国内で実施された Cisco ISR 2800 シリーズ ルーターの導入プロジェクトの中で最大規模のものになる予定です。

ABC Hebei では 1998 年以来、シスコ機器をコアビジネスおよび市内ネットワークの開発に用いてきました。今回の全国レベルのネットワーク拡張においても、シスコ ソリューションの業界随一の可用性と拡張性および安定性、ならびに ABC Hebei に提供し続けてきたサービスが決め手となり、真っ先にシスコの名が浮上してきたというわけです。加えて、Cisco ISR 2800 シリーズが提供する独自の管理機能とパフォーマンスも ABC にとって魅力的な要因となりました。

Cisco ISR は、データ、音声、ビデオのすべてを、安全性を保ちつつ、ワイヤスピードで企業のブランチオフィスに配信する、業界初のルーターです。シスコでは、Cisco IOS ソフトウェアベースの VPN(Virtual Private Network)、ファイアウォール、IPS(Intrusion Prevention System)サービス、コンテンツエンジン ネットワーク モジュールと共に、業界最高のパフォーマンスを備えたブランチオフィス ルーターを ABC Hebei に提供します。

シスコの卓越した MPLS(Multiprotocol Label Switching) VPN 技術をもってすれば、ネットワークをタイプごとに論理的に分割し、コアビジネスや、業務管理、カスタマーサービスに適したサブネットワークを作成することも可能です。ネットワークごとに異なるレベルのセキュリティが求められる金融業界においては、このような柔軟性がとりわけ重要になってきます。

「現在進められている ABC Hebei 情報ネットワークへの最新ネットワーク技術の導入は、同社の壮大なビジョンを具現化するものです」とシスコシステムズ中国の副社長であるウィリアム・シェン(William Shen)は述べています。「シスコでは、当社のイノベーションという伝統をお客様に提供する企業活動の一環として、今後も ABC にソリューションを提供できることをたいへん光栄に思っております」

Cisco ISR 2800 に加え、Cisco 7609 インターネット ルーターと Cisco 7206 ルーターが ABC Hebei のヘッドクォーターおよび市内のサブブランチに導入される予定です。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ