ワールドニュース

米国ニュース


カリュメットシティ、シスコの新しいワイヤレス技術を利用して通信と治安を強化

新しい 4.9 ギガヘルツ ワイヤレス ソリューションが認定済みのセキュアな高速通信を提供します

2005 年 7 月 19日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、イリノイ州カリュメットシティが、部門間の通信の強化および地域社会の安全性向上のために、シスコの革新的なワイヤレス技術を役立てていると発表しました。提供が開始されたばかりのこのワイヤレス技術は、パブリック セーフティ(公安)サービス向けに割り当てられた 4.9 ギガヘルツ(GHz)の無線周波数帯に対応しています。

現在カリュメットシティでは、警察巡回車両内の Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス & モバイル ルーターに搭載された新型 4.9 GHz ワイヤレス モバイル インターフェイス カードを、高帯域幅のデータ アプリケーションへの自動アクセス、および警察官同士や他地域の警察署との通信体制の強化に役立てています。たとえば、シカゴ警察が提供するローカルエリア インテリジェンス データ ネットワークへのアクセスにもこのワイヤレス技術が使われており、これによってカリュメットシティ警察は、最近地域内で発生した犯罪に関する情報にリアルタイムでアクセスできるようになっています。

「『パブリック セーフティ』用に限定されていること、および他のワイヤレス ネットワークからの干渉がないことなどから、4.9GHz 技術は高い安全性を確保でき、治安ネットワークのパフォーマンスの改善や対象範囲の拡大が実現します」とカリュメットシティで警察署長を務めるパトリック・オマーラ(Patrick O'Meara)氏は語ります。「シスコがカリュメットシティにとって欠かせないパートナーであることは明らかです。犯罪の撲滅およびパブリック セーフティ サービスの改善に向けた革新的なアプローチとして、この 4.9GHz ワイヤレス技術を活用していきたいと考えています」

カリュメットシティではクック郡と共同で設備の強化に取り組んできました。今回の展開で使用されるインフラは、ワイヤレス通信に関するクック郡の戦略に準じたものとなっています。市内での通信だけでなく他の自治体機関との通信も合わせて向上させるための鍵となるのが、標準技術の採用です。

「シスコの 4.9GHz ワイヤレス技術を導入することで、先ごろ FCC(米連邦通信委員会)によって承認されたばかりの認定周波数帯の使用が可能になります。公安機関にとっては、まさにマイルストーンと呼ぶにふさわしい出来事です」とシスコのアクセス ビジネス部門シニア ディレクター、サム・エゼキエル(Sam Ezekiel)はコメントしています。「本技術によって、カリュメットシティ警察をはじめとする市の諸機関では安全性と信頼性に優れたワイヤレス ネットワークの構築が可能になり、モバイルおよび固定の屋外用高速アプリケーションの市内全域での普及が実現します」

カリュメットシティでは、既存の 802.11b ワイヤレス ネットワーク インフラストラクチャに 4.9GHz 技術を統合する計画を進めています。4.9 GHz 技術を採用した Cisco 3200 モバイル アクセス ルーターを、他の警察車両および一部の消防車両に搭載することで、対応性の向上と緊急事態対処プロセスの改善を図っていく予定です。さらにはワイヤレス ネットワークの長時間使用により、携帯型スキャニング デバイスや、車載チケット発行、音声認識といったパブリック セーフティ分野の新規アプリケーションにも対応したいと考えています。

パブリック セーフティ アプリケーションに向けた 4.9 ギガヘルツ技術

2003 年、FCC によって 4.9 GHz 周波数帯のうち 50 MHz がパブリック セーフティ サービス用に割り当てられました。公安機関はこの認定済みの 4.9 GHz 帯を使って、ビデオや、データ、地図、行方不明者の画像といったミッションクリティカルな情報を伝送するための最新サービスをワイヤレス ネットワークに実装することが可能です。

この新しい標準技術は、高速で、かつ高い安全性と信頼性を備え持つ IP 通信ネットワークの構築に向けた新たな選択肢を公安機関に提供する一方で、通信性能の向上や現場職員への情報提供量の拡大を可能にする、新規アプリケーションの導入の機会を創出します。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ