ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、チリ初の 10 ギガビット イーサネット ネットワークを構築

独自の最新インフラストラクチャが Telmex 社のネットワーク網を支えます

2005 年 6 月 29 日、チリ サンチアゴ発

シスコシステムズ チリは本日、Telmex Chile 社が、国内初となる IP 10 ギガビット イーサネット ネットワークの基盤機器として、シスコ製品を選択したことを発表しました。この IP/MPLS メトロポリタン ネットワークはサンチアゴ都市圏をカバーするもので、Cisco ONS 15454 マルチサービス光プラットフォーム、Cisco 7600 シリーズ ルーター、Catalyst 3750 および 3550 のイーサネット スイッチが搭載される予定です。本ネットワークの伝送速度は 10 ギガビット/秒(gpbs)、総アグリゲーション容量は 300 gbps 以上となっています。

新しいネットワークにより Telemex Chile では、顧客に QoS、拡張性、マネージド サービス、高速性、およびコスト効率を提供できるようになると見込んでいます。

「新しいネットワークを構築するというイニシアティブは、企業ばかりでなく、教育や医療といった、大容量の情報を伝送する必要があるあらゆる分野のお客様の要望から生まれたものです。これが今ようやく実現しつつあります」と Telmex 社の企業顧客部門コーポレート マネージャーであるロドリゴ・エレーラ(Rodrigo Herrera)氏は語ります。

シスコの 10 gbps ネットワークを導入することで、サンチアゴ都市圏の「パイプ」グリッドが拡大され、複数種のルートに大量の情報を伝送することが可能になります。

「より大きな帯域幅を、というのが今のトレンドです」とエレーラ氏は説明します。「たとえば教育機関では、1 つの敷地内に複数のキャンパスが建っている場合もあることから、100 メガビット接続だけではとても万全とは言えません。新しいネットワークによって、リモート バックアップなどのアプリケーションを、より経済的に、大容量で、かつセキュアに利用できるようになることでしょう。帯域幅についても、時間、ユーザー、アプリケーションごとの平易で緻密な管理が可能になることから、VoIP (Voice over IP) やテレビ会議といった、特定のアプリケーションのパフォーマンスを確保できるようになります。

Telmex ではすでに、顧客がこのインフラストラクチャのメリットを得られるよう支援を行っています。また市場成長に合わせて、近いうちにバルパライソや、コンセプシオン、テムコといった都市に対しても、多様な最新アプリケーションの提供を開始する予定です。

Telmex とシスコ : 革新企業同士の結束

その卓越した革新性と大手サプライヤとしての実力を知り、迷うことなくシスコに決めた、と Telmex のマーケティング & 製品部門のコーポレート ネージャーであるジャン・ポール・ジョフレ(Jean Paul Jofré)氏は言います。「当社は革新的な取り組みを行う企業として業界では有名です。シスコとの協力関係はその最たる例と言えるでしょう」

シスコシステムズ チリと Telmex 社の協業の歴史は 2001 年に遡ります。Chilesat 社(この 3 年後、メキシコの Telmex 社に吸収され Telmex Chile となる)が、中南米初の DWDM および IP MPLS 光ファイバ ネットワークを構築し、サービス規模を倍に拡大したときのことです。

このときの DWDM ネットワークでは、障害管理、コンフィギュレーション、パフォーマンス、機器の安全性確保などのためにシスコの長距離光伝送技術と Cisco Transport Manager ソフトウェアが使われていました。このインフラストラクチャは以前のネットワークの 257 倍もの性能を持つもので、切望されていた帯域幅冗長性が実現し、こうして Telemex Chile のエンタープライズ カスタマーに向けた最新 IP サービスの提供が開始されたのです。

「あの年以来、新しいネットワークを基に、販売・サービス分野の強固なつながりが築かれていきました」とエレーラ氏は述懐します。「またエンジニアリングと販売の両部門でも、複数のプライベート サービスを提供する単一プラットフォームを中心に、1 つの文化が育まれていったのです」。エレーラ氏は、この技術によって Telmex Chile は競合他社の少なくとも 3 年先を行く企業に成長した、と強調します。

「ゼロから始めたことで、古いプラットフォームのインフラストラクチャを引き継ぐためのコストがかからず、フラットなネットワークのメリットを十分に活かし、広範なサービス ポートフォリオを低コストで提供することができました」とシスコシステムズ チリのアカウント マネージャーであるベンジャミン・ロドリゲス(Benjam?n Rodr?guez)は言います。「新技術によって拡張性と柔軟性が実現し、一方でレガシー ネットワークによる制限をいっさい受けずにすんだのです」

Chilena Consolidada 保険会社や Scotia Bank など、新しいネットワークの最初のクライアントは情報通信技術に精通しており、Telmex との契約を強く望んでいました。しかし、これらの企業は同時にコスト面でのメリットにも気づいていたのです。その後は他の企業もこのメリットに着目するようになり「便乗」し始めた、とエレーラ氏は説明します。

Telmex 社のサービスの成功は、ネットワークにおけるサービス品質や、帯域幅管理、マルチサービス伝送オプションなど、DWDM および IP MPLS ネットワークの特質に起因するものです。「IP MPLS がマルチサービス データ ネットワークの基本技術であることは、今や疑う余地もありません。誰もが求めるスタンダードなのです」とエレーラ氏は言います。

TELMEX 社について

TELMEX 社は、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、チリ、ペルー、メキシコ、アメリカで事業を展開する中南米最大の通信会社です。通信サービスに必要な技術、サービス、配慮、およびサポートを確実に提供できる技術力と戦略的パートナーシップを備えています。TELMEX とその子会社は、優れた技術力と広範なネットワーク網によって、音声、データ、ビデオの伝送、インターネット アクセス、統合ソリューションなどの多様な最新通信サービスを、中小企業および大規模な国際企業に提供しています。TELMEX サービスは好調な成長を継続しています。TELMEX 社については www.TELMEX.com をご参照ください。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ