ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、e-ラーニング Web ポータル Packetville を開設

「インターネットにジャンプイン」してインタラクティブ ゲームと魅力的なコンテンツにアクセス、楽しみながらテクノロジーの基礎知識が身につきます

2005 年 6 月 28 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、教育コンテンツとインタラクティブ コンテンツを満載した Web ポータルを開設しました。コンテンツはいずれも、算数や理科などの教科、実社会での問題解決、教養、および職業に関連した内容となっており、小中学生にインターネットの面白さを知ってもらうのに最適です。子供たちはピーター・パケット(Peter Packet)とペニー・パケット(Penny Packet)というキャラクターと一緒に「インターネットにジャンプイン(jump into the Internet)」し、さまざまな楽しいアクティビティを通じて、テクノロジーおよびそれが持つ社会での重要な役割について学んでいきます

「ゲームは楽しい学習ツールです。また、利用者とコンテンツ次第では大きな効果を発揮します」とシスコのクリエイティブ ラーニング スタジオのシニア ディレクターであるマルシア・シコースク(Marcia Sitcoske)は説明します。「Packetville の教育ゲームやインタラクティブ ゲームは子供たちを夢中にさせ、楽しい学習経験を提供します」

サイモン フレーザー大学のメディア分析研究室によると、全米の 65 パーセントの家庭ではすでにビデオ ゲームが習慣的な娯楽として定着している、ということです。Packetville ではゲームを使うことで 8 ~ 14 歳の子供たちに IT に触れて親しむ場を提供し、子供たちがテクノロジーについて理解し、世界中の人びとやコミュニティを支援するために IT がどのような使われ方をしているかを学べるようサポートします。また、International Society for Technology in Education (ISTE) 標準に沿った教材や授業計画をはじめ、両親、教育管理者、インストラクター、指導担当者に向けたリソースも多数取り揃えています。

「子供たちが早い時期からテクノロジーに親しむことができる絶好のチャンスです」と米シスコ ネットワーキング アカデミー プログラムのシニア マネージャーであるジーン・ロンゴ(Gene Longo)は述べています。「多くの子供たちにとって、 Packetville は初めてのインターネット体験となることでしょう。楽しいアクティビティや、親しみやすいキャラクター、ゲームで遊ぶことは、算数、理科、そして IT に対する前向きな視線を育んでいく良いきっかけとなるはずです。また、テクノロジー分野の職業について広い知識を得るのと同時に、今後どのような学校に進み何の職業を目指すかに関係なく、子供たちを支えることになる重要なライフスキルを身につけることができます」

Packetville の詳細は http://www.cisco.com/go/packetville をご参照ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ