ワールドニュース

米国ニュース


Sydkraft Bredband 社、スウェーデン南部の地域ブロードバンド サービスの拡大を目指し Multiservice Optical Network 搭載の Cisco IP NGN を導入

ONS 15454 シリーズ光ネットワーキング プラットフォーム搭載の Cisco IP Next-Generation Network (IP NGN) を使ったブロードバンド アクセスのメリットを、病院、地方自治体、サービス プロバイダーに提供します

2005 年 6 月 28 日、フランス カンヌ 「WDM & Next-Generation Optical Networking Conference」、およびスウェーデン マルメ発

シスコシステムズは本日、Sydkraft Bredband 社が Cisco IP Next generation Network (IP NGN) への移行を開始したと発表しました。今回の移行は、スウェーデン国内の病院、地方自治体、学校、企業に向けたブロードバンド インターネット アクセス サービスの展開をサポートするためのもので、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域では最大規模となるシスコの光ネットワーキング プラットフォームの導入が行われる予定です。

IP NGN は、サービス プロバイダーが完全 IP ネットワークへの移行を実現させるためにシスコが掲げる戦略です。IP NGN を導入することにより Sydkraft Bredband では、革新的な新サービスの提供、運用・資本コストの効率化、ネットワーク管理とサービス管理の改善など、自社とその顧客が長期的な成功を手にするための要件を実現することが可能になります。

Sydkraft Bredband による IP ネットワーク展開の対象地域には、スコーネ地方にある 32 の地方自治体の町や村が含まれます。これらの自治体のいくつかはスウェーデンでも特に人口密度の高い地域で、中央政府から部分的な資金援助を受けて運営されていますが、このたび Sydkraft Bredband との間にインフラストラクチャ構築の契約が締結されました。インフラストラクチャが完成すれば、人口 200 人以上のすべての町や村にブロードバンド アクセスが行きわたることになります。Sydkraft Bredband では、Cisco ONS 15454 シリーズ光ネットワーキング プラットフォームの Ethernet and Resilient Packet Ring (RPR) 機能を使って、電話交換システムの DSL 機器用のメトロ イーサネット アグリゲーションを提供する予定です。

Sydkraft Bredband では、病院や教育機関に高速接続サービスを提供すること、さらには各自治体が新しいインフラストラクチャのメリットを享受できるよう、専用のローカル ネットワークを開発するためのサービスを提供することを目標に、Cisco IP NGN を基本に据え、スウェーデン南部の専門業者と協力して取り組んでいます。

「シスコは、スウェーデン南部の広範な施設に DSL アクセスを行きわたらせるためのインフラ構築に向けた、効果的なメソッドを我々に伝授してくれました」と Sydkraft Bredband のアンデルス・ニーマン(Anders Nyman)副社長は語ります。「この Cisco IP NGN は、DSL トラフィックのインテリジェント イーサネット アグリゲーションに関する先駆的アプローチです。当社の性能と冗長性のニーズに合致しており、病院や学校などの公共機関、およびインターネット プロバイダーに接続性を提供することを通じて、地方経済を活性化させる上での重要な役割を担ってくれることでしょう」

Sydkraft グループは地元の専門業者と緊密に連携しあい、電気・ガス、環境、通信の各サービスをスウェーデン全域に提供しています。同グループでは現在、シスコ技術を使って 2 つの光マルチサービス SDH ネットワークの構築を進めているところです。

そのうちの 1 つが全国規模の「STM-16 (Synchronous Transport Module level 16)」です。ビジネス ユーザーを主なターゲットとしており、スコーネ、ハランド、エーテボリ、カルマル、エステルイェトランド、オレブロ、ストックホルム、イェブレボリにハブを置き、スウェーデンの 3 分の 2(人口比)をカバーする予定です。

もう 1 つの「Sk?net(スコネット)」は地域型ネットワークで、スコーネの市庁舎と、医療施設、企業、市民をつなぐ STM-64 リングで構成されています。Sk?net は、ローカル電話交換システムの DSL インフラストラクチャに実装された光ファイバによる高速バックホールを提供します。

「Sydkraft Bredband がブロードバンド アクセスの提供を開始して 5 年が経とうとしていますが、今回の Cisco IP NGN 導入により同社は、公共機関や市民に向けた高密度アクセス提供の実績を築き、これで将来の大規模なサービス拡張に向けた準備が整ったと言えるでしょう」とシスコシステムズ EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ地域)の北欧担当副社長であるアンディ・ロックハート(Andy Lockhart)はコメントしています。

マルチサービス提供プラットフォームを実装した Cisco IP NGN を採用したことで、Sydkraft Bredband のネットワーク インフラストラクチャは、将来的な通信サービス ポートフォリオの拡張に対応できるようになりました。Cisco ONS マルチサービス光プラットフォームにより、配置済みのネットワーク エレメントに新しいカードを接続するだけで、TDM(時分割多重)、イーサネット、SAN(ストレージ エリア ネットワーク)、Lambda などのサービスの提供が可能になります。

Cisco Advanced Services では、Sydkraft Bredband 社および Dimension Data 社と緊密に協力して今回のプロジェクトにのぞみました。中核の光技術として使われているのは、Resilient Packet Ring (RPR) ネットワーク冗長性および最適化機能を提供する、 ML シリーズ インターフェイスを搭載した Cisco ONS 15454 SDH Multiservice Provisioning プラットフォームと、Cisco ONS 15305 Multiservice Customer Access プラットフォーム、および Cisco Transport Manager Centralized Network Management システムと共に稼動する ONS 15216 Regional Dense Wavelength Division Multiplexing (DWDM) システムです。Sydkraft Bredband ではまた、Cisco 76097304 のルーター、Catalyst 4500 および 3550 シリーズ スイッチ、Cisco 837 ADSL ブロードバンド ルーターなど、公共機関と企業にポイントツーポイントの接続性を提供する、多様な IP ルーターとスイッチを採用しています。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ