ワールドニュース

米国ニュース


ミシシッピ州教育省、全米初の取り組みとして、シスコ技術を使った学習カリキュラムと専門能力開発のマルチメディア配信を開始

800 校への高品質メディア配信が実現します

2005 年 6 月 28 日、米ペンシルベニア州フィラデルフィア 「全米教育コンピュータ会議(NECC)」発

シスコシステムズは本日、ミシシッピ州教育省が自州の「プロジェクト ストリーム イニシアティブ(Project Stream Initiative)」の一環として、IP ビデオ配信をサポートするためにシスコの Content Delivery Networking (CDN) ソリューションを導入する予定であると発表しました。プロジェクト ストリーム イニシアティブのビジョンは、全州 800 校の K-12(幼稚園から高校までの教育機関)に、高帯域幅ビデオと教育用マルチメディア コンテンツへのアクセスを提供する、というものです。イニシアティブの第 1 フェーズでは、ミシシッピ州内の全学校区への CDN ソリューションの導入が計画されており、これによってミシシッピ州教育省は、全学校区に提供するためのビデオ素材を作成、管理、保管、配信できるようになります。

本日の発表は、フィラデルフィアで開催されている全米教育コンピュータ会議(NECC : National Education Computing Conference)で行われました。本会議においてシスコは、良質な教育と効率的な管理を実現するための、ネットワーキング ソリューション ポートフォリオのデモンストレーションを実施しています(ブース ナンバー 1630)。

「ミシシッピ州教育省の現在のネットワーク性能は決して突出したものではありませんが、全米で初めて、最高品質コンテンツの配信を全校に向けて開始する予定です」とミシシッピ州教育省の副教育長であるボニータ・ポッター(Bonita Potter)博士は語ります。「シスコシステムズの協力のおかげで、最高品質のサービス、リソース、およびカリキュラムを、管理者や、教師、保護者に同時に提供することが可能です。技術の革新的な利用により、使える予算は減少状態でさえあるにも関わらず、単に州教育省としての活動に留まらないさまざまなことができるようになりました」

プロジェクト ストリームの第一段階では、州内のすべての教室から、ビデオ、マルチメディア、および補助教材に瞬時にアクセスできるようになることを目指しています。第 2 フェーズでは、国や州が指定する法令(「No Child Left Behind(落ちこぼれを作らない)」法など)や会議などに関する正確な情報を学校の管理者に提供するために、コンテンツを学校区事務所に配布します。これによって、教師は専門能力開発の機会が増え、生徒は高校の教科試験対策のカリキュラム ツールを手にすることができるようになります。第 1、第 2 フェーズは現在並行して進められており、2005 年 8 月に完了する予定です。

「今回のミシシッピ州教育省のケースは、学校におけるより良いテクノロジー利用に向けたシスコの取り組みを示す格好の例と言えるでしょう」とシスコの教育部門グローバル リードのチャールズ・フェイデル(Charles Fadel)は述べています。「メディア配信に IP 技術を利用することによって、物理的な制限を受けることなく、州内のすべての学校が優れた学習ツールにアクセスできるようになるのです。結果、すべての生徒に最良のリソースが行きわたり、学習経験が大幅に改善され、教師はより良質で多様な教材を使って授業を行えるようになります」

今週開催中の NECC においてシスコは、教育者が「真に結束した学校区を作り、結束したコミュニティの一員となる」ことを支援する目的でIP ベースのソリューションのデモンストレーションを行っています。デモンストレーションでは、次のような教育製品ポートフォリオを紹介する予定です。

  • Cisco Network Solutions for Education
  • Cisco Direct Line Solution for K-12
  • Cisco IP Video Conferencing for K-12 Solution
  • CiscoSecure Wireless Solution for K-12
  • Cisco Networking Academy

シスコの K-12 ソリューション、プログラム、およびリソースの完全スイートは現在発売中です。シスコの教育ソリューションに関する情報は www.cisco.com/en/US/strategy/education/index.html でご覧いただけます。

本ソリューションの開発・導入は、シスコ パートナーである Business Communications, Inc とビデオ ソリューション インテグレータの Time 2 Market により、Time 2 Market の Producer Connect を使って行われました。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ