ワールドニュース

米国ニュース


広範分野のサービス プロバイダーがシスコシステムズの ROADM を採用、カスタマーへの提供サービスを大幅に拡大

Cisco ROADM の世界における売り上げ数が 650 に達しました

2005年6月6日、米イリノイ州シカゴ発 (Supercomm 2005、ブースナンバー71037)

シスコシステムズは本日、幅広いサービス プロバイダー層に向けた Cisco Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexing (ROADM : 再構成可能な光挿入分岐多重化) ソリューションの新規展開について発表しました。ROADM の導入によってサービス プロバイダーでは、サービス提供の幅をビデオ オン デマンドや、Voice over IP (VoIP)、および Storage Area Networking (SAN) といった分野にまで広げることが可能になります。またカスタマーは、ネットワーク全域であらゆる波長を常時プロビジョニングすることができ、ネットワーク保守の簡素化と、導入時間の短縮が実現します。2004年10月の発売開始以来、650基のCisco ROADM が世界の次世代 DWDM (高密度波長分割多重化装置) ユーザーによって購入されました。

Cisco ONS 15454 Multiservice Transport Platform (MSTP) に搭載された ROADM は、SONET (同期式光ファイバ網) と同様の管理性をメトロ DWDM にもたらす先進ネットワーク技術です。ROADM により、プロバイダーはあらゆる組み合わせの波長を遠隔制御で挿入、分岐、通過させることが可能になります。DWDM 専門のオンサイト スタッフを配置して、ノード構成の設定や調整をマニュアルで行う必要はありません。

ROADM のメリットとしては、シンプルな操作、柔軟性、運営コストの削減などがあげられます。さらにサービス プロバイダーやケーブル マルチサービス事業者は、自社のネットワークの任意の場所にギガビット イーサネットや 10 ギガビット イーサネットを導入することができます。現在設置されている Cisco ONS MSTP プラットフォームは、いずれも ROADM アップグレードに対応しています。

「シスコは、当社の 1200キロメートル・17ノードのネットワークに対し、ROADM 技術を低価格で提供できる唯一のベンダーでした」とEastLink 社のオペレーション および エンジニアリングのディレクターであるジム・フィッツジェラルド (Jim Fitzgerald) 氏は語ります。「ROADM によってネットワークの運用が簡素化され、プロビジョニングの柔軟性が増しました。今では、DWDM 専門のオンサイト スタッフを配置してノード構成の設定や調整をマニュアルで行う必要もなく、あらゆる組み合わせの波長を遠隔制御で挿入、分岐、通過させることが可能です。このことによって、技術者がネットワーク構成を変えるときに発生しがちな人為的ミスが減り、また設備調整のために技術者が遠隔地に出向く回数も最少限に抑えられます。このシステムのおかげで、既存のサービス ポートフォリオの需要に応えつつ、新しいサービスに尽力するだけの余裕が生まれてくるのです」

ウィスコンシン大学では自らがプロバイダーとしてサービス提供を行っていますが、ネットワークに Cisco ROADM ソリューションを搭載し、世界中の研究機関との膨大なデータのやり取りに役立てています。「大学の予算には限りがあります。このソリューションの場合、必要なときに帯域幅を増やすことができ、コストが抑えられるのです」とウィスコンシン大学のシニア ネットワーク エンジニア、ビル・ジェンセン (Bill Jensen) 氏は語ります。「Cisco ONS 15454 MSTP はしばらく成長段階にありましたが、ROADM カードが登場したことで、ボックスのプロビジョニングや管理が効果的に行えるようになりました。カードごとの情報量が豊富で、簡単に設定ができ、動的な調整が可能です。また、各カードの状態の定期的な監視も容易に行えます」

Veroxity Technology Partners 社のチーフ ネットワーク アーキテクトであるマット・ロス (Matt Roth) 氏はこうコメントしています。「すでに設置済みの Cisco ONS 15454 MSTP にROADM 技術が新たに付加され、当社の全世界的な光インフラストラクチャで、ファイバ チャネル イーサネットおよびギガビット イーサネットのサービスをダイナミックに構成、プロビジョニング、展開することが可能になりました。また、お客様のトラフィック パターンの突然の変化に伴い、ネットワークにおいて急な変更が必要になった場合には、トラフィック パターンを変更し、柔軟な対応が取れるようになっています」

シスコのすべての光ネットワーキング ソリューションに関する情報は http://www.cisco/go/optical でご覧いただけます。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ : CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #
▲Return to Top

お問い合わせ