ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、高性能 SSL VPN ソリューションを発表

Cisco Catalyst 6500 スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルーター用の新しい WebVPN サービス モジュールにより、高性能でフレキシブルなアプリケーション アクセスの提供を目指します

2005年6月1日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、エンタープライズとサービス プロバイダーのお客様が任意の Web ブラウザからリモート SSL Virtual Private Network (VPN) 機能を利用するための WebVPN サービス モジュールを発表しました。

スイッチベースのセキュリティ サービス モジュール ファミリーに今回新たな機能が追加されることで、業界最高レベルの SSL VPN の拡張性ならびに仮想化が実現し、柔軟なネットワーク分割とネットワーク デバイス統合が可能になります。またシスコの WebVPN サービス モジュールは、接続前にセキュリティ態勢をチェックし、機密データのあらゆる痕跡を堅実かつ確実に除去するための手段を提供する Cisco Secure Desktop (CSD) にも対応しています。

「リモート ユーザーの層は幅広く多岐にわたっていることから、高い安全性を備えつつも柔軟性に富んだリモート アクセスへのニーズが高まりつつあります」とニューヨーク大学のシニア テクノロジー アーキテクト、ジミー・キリアニス (Jimmy Kyriannis) 氏は語ります。「シスコの WebVPN サービス モジュールによって、今ある Cisco Catalyst 6500 シリーズのインフラ投資を使ったネットワークの安全な拡張・拡大が可能になり、日々増え続けるリモート ユーザー層に、簡単で柔軟性に富んだセキュア リモート アクセスを提供できるようになります」

シスコの WebVPN サービス モジュールを使うことで、モジュールごとに最大8000人の同時 SSL VPN リモート アクセス ユーザーと、シャーシごとに最大3万2000人のユーザーに対応できるようになります。また最新の仮想化機能が搭載されていることから、ひとつの物理モジュールを、独自のポリシーとマネージメント サポートを備えた複数の論理 SSL VPN ゲートウェイとして動作させることが可能です。これによって、資本および運用コストを抑えつつ、リモート アクセスのネットワーク分割をユーザー、ロケーション、またはアプリケーションの種類ごとに行うことができます。統合を伴う仮想化機能を利用することで企業では、ビジネス ユニットやユーザー グループごとにリモート ユーザーのリソース アクセスを分割し、そのアクセス要求を内部のセキュリティ ゾーンに配置することが可能です。またサービス プロバイダーの場合、仮想化によってトラフィックをユーザーごとに分類することで、新しい収益源を創出し、コスト効率に優れた共用 SSL VPN サービスを提供することができます。

WebVPN サービス モジュールによるシームレスなアプリケーション アクセスと統合性

シスコの WebVPN サービス モジュールは、接続する装置のセキュリティ状況あるいは「態勢 (posture)」を接続前にチェックすることにより SSL VPN エンドポイントのセキュリティ対策を支援する Cisco Secure Desktop (2005年2月発表) をサポートする予定です。そうなれば、機密データを保護するセキュアなバーチャル デスクトップを生成することでセッション時のセキュリティがチェックされ、続いて機密セッション情報の全痕跡を消去する「接続前クリーンアップ」が実行されます。

本ソリューションはまた、さまざまなタイプの SSL VPN 導入のシナリオに沿ったフレキシブルでカスタマイズ可能なアプリケーション アクセスを提供します。アプリケーション アクセスのサポートには、Web ベースのアプリケーションや Citrix アプリケーションへのアクセスに向けたクライアントレス サポート、Web、電子メール、カレンダー、インターネット メッセンジャー (IM) などのアプリケーション アクセスに向けたシン クライアント サポート、広範なアプリケーション アクセスに向けた SSL VPN クライアント サポートなどがあります。

シスコ ポートフォリオへの WebVPN サービス モジュールの追加は、先ごろ発表したシスコのセキュリティ戦略、 Cisco Self-Defending Network (SDN : 自己防衛型ネットワーク) の Adaptive Threat Defense (適応型防御システム) フェーズに焦点を当てたものです。SDN は、複数レイヤでの脅威に動的に対応し、ネットワーク トラフィック、エンドポイント、ユーザー、およびアプリケーションの確実な制御を可能にすることで、お客様のネットワーク セキュリティ リスクを最小限に抑えます。Cisco Catalyst® 6500 スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルーターの広範なポートフォリオに関する詳細は www.cisco.com/go/security をご覧ください。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ : CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #
▲Return to Top

お問い合わせ