ワールドニュース

米国ニュース


Romtelecom、シスコの技術を利用して企業市場に向けたサービスを展開

シスコ技術を搭載したネットワークが、ルーマニアの企業および消費者に新たなブロードバンドのメリットをもたらします

2005年6月1日、ルーマニア ブカレスト発

シスコシステムズは本日、430万の回線と400万以上の顧客を擁するルーマニア最大の通信会社 Romtelecom 社が、 IP ネットワークの導入を完了したことを発表しました。これにより Romtelecom は、高い安全性を備えた IP ベースの新サービスを国内43の大都市圏にある企業に迅速に提供できる、最初の企業になります。

Multiprotocol Label Switching (MPLS) 技術を採用したキャリアクラスの新しい IP ネットワークはまた、今年5月に Romtelecom が開始したデジタル加入者リンク (DSL) の全国展開に向けた基盤を作るものでもあります。

Romtelecom では、2007年までに企業サービス市場のリーダーになるという戦略プランの一環として、IP アクセスおよび仮想私設網 (VPN) サービスを含む付加価値サービスの完全ポートフォリオの開発を進めています。IP ベースのビジネス サービスを開始して以来、2000を超える企業のお客様を持つこの分野での収益が大幅に拡大しました。

「Romtelecom のブロードバンド インターネット アクセス サービスに対する企業の関心は日々高まりつつあります。特に高品質で専門性の高いカスタマー ケア、および当社が提供させていただくシスコの顧客宅内機器に注目が集まっています」と Romtelecom のデータ サービス&インターネット ジェネラル マネージャーであるバシレ・ボイク (Vasile Voicu) 氏は語っています。

Romtelecom では今年、自社の IP ネットワークのサービスエリアを50パーセント拡大し、ルーマニアのお客様にメディアリッチで可用性の高いサービスを提供することを目標に、次世代ネットワークの展開に向けた取り組みに着手する予定です。

「シスコは、Romtelecom の事業についての確かな認識と理解に基づいた貴重なアドバイスと共に、当社の IP サービスをできるだけ早く市場に投入するために必要なキャリアクラスのソリューションを提供してくれました」と Romtelecom のチーフ コマーシャル オフィサーであるピーター・ベイカー (Pieter Bakker) 氏は語ります。「また Cisco Powered Network (CPN) プログラムを使うことで、企業市場に向けた IP サービス提供に関するシスコのノウハウを学ぶというさらなるメリットも享受できました」

「Romtelecom 社では、ネットワーク インフラストラクチャの開発、および最新のビジネス通信サービスをルーマニア全域に行きわたらせる構想の推進に力を注いでいます。ネットワークの拡張およびアップグレードを行うという今回の計画は、この国の経済発展に大きく貢献することになるでしょう」とシスコシステムズの中欧および東欧担当副社長ミヒャエル・ガンサー (Michael Ganser) は述べています。

Romtelecom では、シスコの 12000 シリーズ ルーターを8ヶ所の主要な Point of Presence (POP) に、7200 シリーズ ルーターを40都市の POP に設置しました。首都ブカレストの高速メトロポリタン ネットワークは、Cisco Gigabit Ethernet 技術を基にした3つの光ファイバ リングにより構成されています。

# # #
Romtelecomについて

利用回線数は 430万を超え、その内訳は、デジタル 82%、自動 100%、公衆電話 (プリペイド カード使用) 5万6000台、光ファイバ 3万km 以上となっています。また、国内最新の通信インフラストラクチャを所有しています。Romtelecom のサービスと製品ポートフォリオの詳細、および詳しい会社情報は http://www.romtelecom.ro でご覧いただけます。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ : CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ