ワールドニュース

米国ニュース


中国鉄通、自社バックボーン ネットワーク CRNET 拡張計画に再度シスコ技術を採用

シスコの IP/MPLS 技術がネットワーク性能を強化、付加価値サービスを実現します

2005 年 6 月 22 日、中国 北京発

シスコシステムズは本日、中国鉄通(China TieTong : 旧「中国鉄道通信(China Railcom)」)が、自社の CRNET バックボーンの新たな拡張計画に向け、Cisco IP Next-Generation Network (IP NGN) への移行を開始したと発表しました。バックボーン拡張に伴い中国鉄通では、高パフォーマンス、使いやすさ、低料金を顧客に提供する、音声・動画・データ(「トリプル プレイ」)サービスを開始し、その革新的な企業文化を維持していく予定です。Cisco IP / MPLS 技術を採用した新ネットワークが完成すれば、サービス範囲が現在の 129 都市から 250 都市に広がり、伝送ルート数と伝送容量の増加に伴う顧客ベースの拡大が期待されます。

IP NGN とは、サービス プロバイダー ネットワークの完全 IP 化を目指し、シスコが掲げている戦略です。IP NGN を導入することにより中国鉄通では、革新的な新サービスの提供、運用・資本コストの効率化、ネットワーク管理とサービス管理の改善など、自社とその顧客が長期的な成功を手にするための要件を実現することが可能になります。

中国鉄通の CRNET バックボーン ネットワークは、10 ギガビット/秒(Gbps)の帯域幅を持つ中国初の大規模 IP/MPLS ブロードバンド キャリア ネットワークで、管理の一元化およびディスパッチの集中化を可能にします。

「シスコのブランドと技術に対する中国鉄通の信頼の厚さが、ビジネス戦略の共有および長期の相互サポートという形になって表れていると考えます。シスコと中国鉄通は、長きにわたり有効な協業関係を築き上げてきました。同社のネットワーク拡張計画の次段階でも、ブロードバンド IP 技術の真価を見出すために、両社一丸となって取り組んでいきたいと考えています」とシスコシステムズ中国の副社長であるハン・トゥ(Hanh Tu)は述べています。

通信ネットワークとしてはまだ歴史の浅い中国鉄通の CRNET ですが、最新の技術や装置を積極的に取り入れることで、ブロードバンド ビジネスを急速に拡大させています。ディスパッチとアクセスの集中化により、ブロードバンド ユーザーに革新的なインターネット体験を提供します。2000 年 12 月の設立当初、中国鉄通はナローバンドのダイヤルアップ ユーザーをわずかに抱えるだけで、ブロードバンド ビジネスにはまだ参入していませんでした。2001 年から 2004 年にかけて同社ではマーケティングに力を注ぎ、ブロードバンド契約の顧客ベースを拡大。現在では、120 万以上のブロードバンド ユーザーにサービスを提供しています。

中国鉄通の広報を担当するグオ・シャオザオ(Guo Xiaozhao)氏は次のようなコメントを寄せています。「中国の新興通信会社である当社の競争力は、お客様のニーズに応えるための徹底したマーケティング、およびビジネスの差別化と最新技術の導入に焦点を絞った技術戦略から生まれるものです。シスコの IP NGN 戦略は、ビジネス目標達成のために当社が掲げる戦略をサポートする内容となっています」

これ以前にも中国鉄通とシスコは、CRNET バックボーン ネットワーク構築の第 1、第 2 フェーズをはじめ、中国鉄通のローカルエリア ネットワーク、Voice-over-IP (VoIP) ネットワーク、メトロポリタンエリア ネットワーク、課金ネットワークなどのプロジェクトに共同で取り組んできました。今回のネットワーク拡張は、IP/MPLS 技術によって、仮想私設網(VPN)を展開しているお客様の要求に応えるために計画されたものです。また、マルチメディア アプリケーションを通じて、ブロードバンド サービスの便利さをより多くのお客様にお届けできるようになります。

今回の拡張計画では、Cisco 12416 ルーターおよび Cisco 7304 ルーターをはじめとしたシスコ製品が採用され、ネットワーク性能の大幅な向上が見込まれています。また、シスコ ルーターを使った MPLS VPN によって、セキュアで効率的なプライベート ネットワーク サービスを提供できるようになり、別々の都市にある支店間での高速かつ確実な通信が実現。高い品質と信頼性を備えたマルチメディア サービスへの対応が可能になります。包括的な事前サービス、技術サポート、および価格優位性を提供することで、さらなるビジネス チャンスが中国鉄通にもたらされることでしょう。

中国鉄通について

2000 年 12 月 20日、中国鉄通の前身である中国鉄道通信が設立されました。2004 年 1 月 20 日、同社は中国鉄道部から国務院国有資産監督管理委員会(SASAC)の管理下に移り、「中国鉄通集団公司(hina TieTong Telecommunications Corporation)」に社名を変更。設立時から今日まで、中国鉄通は国営の大手通信会社の地位を維持し続けています。詳しくは www.chinatietong.com をご覧ください。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ