ワールドニュース

米国ニュース


アルゲーニー郡コミュニティー カレッジ、シスコのソリューションで最先端の光ネットワークを構築

高速、高帯域容量の新ネットワークで、オンラインのワークフォース シミュレーション、ビデオ オンデマンド、オーディオ ストリーミング、Web ベース サービスが可能に

2005 年 4 月 5 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、アルゲーニー郡コミュニティー カレッジ(Community College of Allegheny County: CCAC)が「Cisco ONS 15454」マルチサービス トランスポート プラットフォーム(MSTP)を利用した、先進の光ネットワークを構築した、と発表しました。このネットワークでは、複数のキャンパスが網羅され、4 つのキャンパス、7 つのカレッジセンターおよび通信教育プログラムを利用している、およそ 9 万人の学生の技術ニーズが満たされることになります。

「本校では、学生や教職員、管理担当者の間で、隆盛をきわめている Web ベースのサービスやビデオ オンデマンド、オーディオ ストリーミング、オンラインでのワークフォース シミュレーションといった新技術をサポートして欲しいという声が高まっていました。古いネットワーキング インフラストラクチャではこのような新しい技術に対応できませんでしたので、ニーズへの対応が可能な、新しい、費用効果の良い光ネットワークを構築する時が来たのだと、判断しました」と、CCAC の技術情報サービス担当ディレクターのクリスティーナ・ラッセル(Christina Russell)博士は話しています。

ラッセル博士とそのチームは、専用の ATM ワイドエリア ネットワーク(WAN)に替えてシスコの高密度波長分割多重(Dense Wavelength Division Multiplexing: DWDM)光ソリューションを導入し、「Cisco ONS 15454」マルチサービス トランスポート プラットフォーム(MSTP)によって、現在および将来のニーズに対応するために求められる高速接続と拡張性を実現しました。CCAC では、単一の帯域幅でスタートし、スループットへの要求が高まるたびに帯域幅を追加するシンプルな方法をとることができるようになっています。

「シスコの光ソリューションには、最高の安定性と最高の柔軟性が備わっています。新しい、高速かつ高帯域幅のネットワークにより、本校では、多様な新サービスで学生や教職員の要望に応えられるようになっており、さらに学術コミュニティー内での競争力も向上しています」と、ラッセル博士は言います。

新しいネットワークを補完する目的で、このカレッジでは、「Cisco Catalyst 6500」シリーズ スイッチを導入してコア ネットワークもアップグレードし、キャンパスを結ぶ光ネットワークの接続性をさらに向上させる予定です。また、継続的な運営が保証されるように、「Cisco Catalyst 6513」を使ってデータセンターをアップグレードし、主要なシステムとデータの完全冗長性も実現させる予定です。さらに、データセンターとネットワークの各所にシスコの侵入検知システム(Intrusion detection System: IDS)ネットワーク モジュールを配備し、データの安全性とシステムの円滑な稼働が保証されるようにする計画もあります。データセンターでは、シスコのファイアウォール サービス モジュールを導入し、カレッジのインフラストラクチャ上できめ細かいセキュリティ ポリシーの設定を実現したいと考えています。

アルゲーニー郡コミュニティー カレッジについて

ペンシルベニア州西部にあるアルゲーニー郡コミュニティー カレッジには、4 つのキャンパス、7 つの近隣センターおよびオンラインでの履修コースがあります。CCAC では、170 のプログラムを用意しており、文系準学士(Associate of Arts)と応用科学系準学士(Associate of Applied Science)の学位が授与されています。詳しい情報は、以下の Web サイトをご参照下さい。www.ccac.edu

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ