ワールドニュース

米国ニュース


ONO、IP マルチキャストを使い、次世代デジタル動画伝送ネットワーク上で TV コンテンツを配信

「Cisco 10720」ルーターと「Cisco Catalyst® 6500」シリーズ スイッチ プラットフォームにより、スペインのケーブル事業者が運営費用の削減を実現

2005 年 3 月 21 日、ECCA 会議、ハンガリー ブダペストおよびスペイン マドリード発

シスコシステムズは本日、ONO 社が、DPT/RPR(Dynamic Packet Transport/Resilient Packet Ring)、ギガビット イーサネット、ならびに「Cisco 10720」ルーターと「Cisco Catalyst® 6500」シリーズ スイッチ プラットフォームの IP マルチキャスト機能をベースとする次世代デジタル動画伝送ネットワークを利用して、放送品質のテレビ コンテンツを配信する、と発表しました。この技術によりONO では、SDH(Synchronous Digital Hierarchy)ネットワークを使ったアナログ信号伝送などを含めた従来の動画配信方法に比べて、大幅な運営費用の削減が可能になります。

ONO では、スペインの 22 の地域のカスタマーに、電話やテレビ、インターネットのサービスを提供しています。2004 年、同社では、155 のテレビと 5 つのオーディオ チャンネルの配信を行うために、IP 伝送に移行することを決定しました。地域でのアナログ電波中継をやめることによる費用節約効果、およびIP ベースの動画伝送ソリューションによる管理の簡易性、ならびにサービスの展開における柔軟性、それに伴うローカルのラジオやテレビ チャンネルを中央より配信することの費用効果の高さが、その理由でした。このような柔軟性の向上により、2005 年中に ONO では、単一のインフラストラクチャを使い、電波中継局間でビデオ オンデマンド コンテンツの配信ができるようになります。

「シスコの IP コア、ならびに『Cisco IP マルチキャスト』、サービス品質、および DPT/RPR での技術、『Cisco Catalyst 6500』シリーズの信頼性が、動画コンテンツの配信にこのモデルを導入するという決定を下す際の大きな理由となりました。シスコのイーサネットと IP の技術は、ONO がビデオ配信を行うために必要な、復元力のある基盤レイヤを構築するための土台となっており、ビデオ オンデマンドなどのサービスを、テレビ放送用に配備されたのと同じのインフラストラクチャ上でシームレスに追加するために必要な柔軟性も備えています」と、ONO の CTO(最高技術責任者)のエドアルド・ベルダ(Eduardo Belda)氏は話しています。

現在、ONO の新規カスタマーは全員、地域中継局(RHE)より HFC(hybrid fiber-coaxial)ネットワークを介して家庭に提供される、デジタル テレビ サービスを利用することができるようになっています。このサービスは、費用のかさむ地域のアナログ中継局を使わずにRHE を相互接続する、国営の光バックボーン上にある IP レイヤによってサポートされています。まだアナログ サービスを利用しているカスタマーがいるため、ONO では、SDH 伝送ネットワーク上で他のアプリケーション用に使用されている部分のみの移行を先行させています。

「このソリューションの強みの 1 つは、ビデオ配信に充分対応できる柔軟性があることです。動画や音楽のコンテンツは、地域の中継局から中央の中継局に配信できるほか、中央から他のネットワークにマルチキャストすることができます。さらに、DPT により ONO では費用節約も可能になっています。SDH より光ファイバ インフラストラクチャの最適化ができるようになりますし、保護のレベルも変わりません。シスコのネットワーク管理システムにより、管理の煩雑さと費用負担が軽減され、人件費の大幅削減が可能になります」と、シスコシステムズ EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)の技術ソリューション担当ディレクター、パオロ・カンポーリ(Paolo Campoli)は述べています。

ONO の IP インフラストラクチャ上での動画配信を支える技術としては、ギガビット イーサネット モジュールおよび「OC-48c/STM-16c DPT/RPR」ラインカード搭載の「Cisco 10720」ルーターと、ギガビット インターフェイス搭載の「Cisco Catalyst 6500」シリーズ スイッチなどがあります。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ