ワールドニュース

米国ニュース


シスコシステムズ、CeBIT 2005 で Intelligent Information Network のビジョンをアピール

「Cisco Business Ready Data Center」アーキテクチャを通じて、仮想化技術を駆使したネットワークでの IT とサービスの統合を実証

2005 年 3 月 7 日、「CeBIT」第 13 ホール、C58 ブース - ドイツ ハノーバー 発

シスコシステムズは、2005 年 3 月 10 日から 16 日まで開催される「CeBIT 2005」において、「Intelligent Information Network(IIN)」ビジョンの進展状況を紹介いたします。この技術ビジョンはネットワーク インフラストラクチャを 3 つのフェーズに分けて進化させることを主眼としており、第 1 フェーズはネットワーク システム全体におけるインテリジェントなデータ、音声、および動画通信の実現、第 2 フェーズはネットワーキング リソースの仮想化、第 3 フェーズはアプリケーションとの連携が可能な(application-aware な)ネットワークおよびサービスの実現となっています。「CeBIT」において、シスコはインテリジェント ストレージ ネットワーキング ソリューションの技術革新が新たなフェーズに進んだことをアピールし、お客様が IT インフラストラクチャ費用を削減しながら、ビジネス上の優先順位の変化により機敏に対応するためのハードウェアとソフトウェアで構成されたソリューションのデモを行ないます。

新たに開発されたものの中には、現代のコンピューティング センターの運営機能を向上させるための統合型のシステム アプローチである「Cisco Business Ready Data Cener」アーキテクチャの最新バージョンも含まれています。フロントエンドのデータ ネットワークとバックエンドのストレージ ネットワークを共通のインテリジェント サービス群と連動させて提供する方法により、シスコはフレームワークを成長に合わせて補強し、同時にお客様のデータセンターの運営に必要な諸経費を大幅に削減いたします。

これらデータセンター サービスでは、仮想化技術や先進のセキュリティ、トラフィック管理などが統合されており、それらが一体となって、管理効率の向上、ならびにコンピュータおよびネットワーク、ストレージ リソースの最適な利用を実現いたします。

シスコシステムズ EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)のマーケティング、プラニングおよびオペレーション担当副社長のニック・アール(Nick Earle)は次のようにコメントしています。「今年シスコが出展する製品や技術は、『Intelligent Information Network』というビジョンを具現化させたものとなっています。サービスを一貫した方法で提供するための取り組みを続けている当社では、組織が現在のインテリジェントな通信という概念から統合型のサービスという概念に移行することで、成長に対応し、さらに経営コストを削減するための方法を提示するつもりです」

また、シスコでは、IP コミュニケーションやネットワークセキュリティ、ワイヤレス LAN、ルーティングおよびスイッチング、Linksys 部門といった分野における技術革新の代表的なものを紹介し、「Intelligent Information Network」のビジョンを具体的に説明する予定です。

業界トップの 92 テラビット/秒のシステム容量により「ギネスブック」の世界記録を保持している「Cisco キャリア ルーティング システム(CRS-1)」も、「CeBIT 2005」で初めて披露されます。サービス プロバイダーの皆さまには、IP 次世代ネットワークに対するシスコの姿勢、ならびにブロードバンド集約のためのソリューションについても、ご説明いたします。

シスコのキャリアクラス技術のプレゼンテーションでは、サービス プロバイダーが IP 次世代ネットワーク(IP-NGN)上でネットワークやサービス、アプリケーションを集約させて収益を挙げる方法や、革新的な付加価値サービスの創生によって運営費用の削減と新しい収益源の獲得を達成する方法などが話題となります。世界中のサービス プロバイダーがすでにシスコの IP 次世代ネットワーク技術を導入し、ブロードバンドや管理型 IT および通信サービスでのトリプルプレー(音声、動画、データの集約)に対する需要の高まりをビジネス チャンスとしています。

支社オフィス用ルーティングの分野では、シスコは、「CeBIT 2005」のシスコ ブースで展示される「Cisco サービス統合型ルーター」のポートフォリオを中心に、カテゴリの再定義を進めています。コール プロセッシングやボイスメール、自動転送、ハードウェア暗号化加速、VPN 集約といった機能を、データ通信とともに単一のデバイスに統合させる手法を通じて、シスコは高度なセキュリティを備えた音声、データおよび動画のサービスを、ワイヤ並の速度で、質を損なうことなく同時に提供する方法を紹介いたします。

独立機関のテストにより何度も立証されている比類なき性能、高いポート密度、およびハードウェア加速によって実現された統合型サービスが一体となって高い投資保護を実現する、シスコのサービス統合型ルーターは、中小規模の企業や企業の支社オフィスで好評を得ているほか、サービス プロバイダーの管理型サービスにも利用されています。

シスコは、サーバや PC のためのインテリジェントなエンドポイント保護を実現する、多彩なセキュリティ製品も出展いたします。これらの製品はいずれもシスコの「自己防衛型ネットワーク(Self-Defending Network)」構想をサポートするもので、「Cisco Traffic Anomaly Detectors and Guards(トラフィック異常の検知および防御)」を通じて攻撃を自動的に認知し、防御する、シスコの「Adaptive Threat Defence(脅威に対する順応的な防御:ATD)」技術が採用されています。

また、今回のショーでは以下のような高性能プラットフォームも出展されます。

エンド ツー エンド IP コミュニケーション - エンタープライズおよび支社オフィス、ホームオフィス向けの高度にセキュアなリッチメディア通信ソリューションや、個人および企業のカスタマーを対象としたサービス プロバイダー向け VoIP ソリューションのライブ デモンストレーションが行なわれます。音声と動画の IP テレフォニーや、ユニファイド コミュニケーションと「IP Contact Center」のソリューションに加え、コンピュータ テレフォニー統合ツール(CTI)と「Cisco MeetingPlace」を活用したオーディオ/Web 会議がこの包括的な通信ソリューションのコンポーネントとなっています。

未来のモバイル - シスコは、「Structured Wireless-Aware Network(SWAN)」のデモを通じて、企業がローカル ネットワークで利用しているすべてのサービスをワイヤレス ネットワークで同じように利用するための方法を紹介します。プレゼンテーションでは、アクセスポイントや、管理およびセキュリティ用サーバ、WLAN エンドポイント、インフラストラクチャ コンポーネントを利用した、包括的な SWAN アプローチを紹介いたします。さらに、WLSE (ワイヤレス LAN ソリューション エンジン)でワイヤレス インフラストラクチャを管理する方法をライブ デモンストレーションで紹介します。

中規模企業向けのさまざまなソリューション - シスコのパートナー企業も参加し、それぞれの中小企業向けソリューションを披露します。ワイヤレス LAN やネットワーク セキュリティ製品、IP テレフォニー、ルーター、およびスイッチのソリューションでカスタマーより高い評価を受けている企業ばかりです。

リビングルームでのネットワーキング - 未来のネットワーク対応ホームもショーの話題となるでしょう。シスコの Linksys 部門の展示エリアでは、個人ユーザーやホーム オフィス、小規模企業の支社オフィスなどを対象とした、ワイヤレスと Voice-over-IP の製品をご覧いただけます。また、新しい、パワフルな通信技術を利用したワイヤレス ルーターや VoIP の新製品、ワイヤレス ストレージ ソリューション、マルチメディア製品などが特別展示されます。

「CeBIT」の「DSL フォーラム」のゴールド スポンサーとして、シスコは「DSL フォーラム」をテーマとしたスタンド(第 13 ホール、D 37 スタンド)も開設いたします。スタンドでは、ブロードバンドでのトリプルプレーを実現するシスコのソリューションをはじめとした「DSL Home(家庭用 DSL サービス)」のデモが行われます。

「CeBIT」におけるシスコの活動に関する詳しい情報については、以下の Web サイトをご参照下さい。http://info.cisco.de/cebit2005/en/index.shtml

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ