ワールドニュース

米国ニュース


シスコの自己防衛型ネットワーク戦略がさらに発展

ネットワーク全体にわたって装置やアプリケーションをセキュアに保つ、「Adaptive Threat Defense」の導入により、戦略がさらに進歩

2005 年 2 月 15 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、セキュリティ戦略の「Self-Defending Network(自己防衛型ネットワーク)」が新たな段階に入ったと発表しました。今回発表されたさまざまな拡張により、お客様は、ネットワーク対応のビジネス システムやアプリケーションに対するリスクの管理や軽減をより効果的に行えるようになります。

「Adaptive Threat Defense(ATD:脅威に対する順応的な防御)」と名付けられたこの新段階の戦略では、脅威への対処を複数のレイヤで動的に行うことで、ネットワークのセキュリティ リスクをさらに抑制できるようになるため、ネットワーク トラフィックやエンド ポイント、ユーザー、アプリケーションのより厳密な管理が可能になります。また、アーキテクチャ設計の簡略化や運営経費の削減もできるようになります。この革新的なアプローチでは、セキュリティ機能やマルチレイヤでのインテリジェンス、アプリケーション保護、ネットワーク全体の制御、および脅威の抑制機能が一体となり、高性能なソリューションを構成しています。ATD は、お客様が自身でビジネス システムを強化できるようにすることを目的とした、セキュリティ戦略「自己防衛型ネットワーク」における大きな前進であると言えます。

「自己防衛型ネットワーク」の第 1 フェーズでは、IPとセキュリティ技術の融合である、統合型セキュリティの必要性に重きが置かれていました。次のフェーズでは、業界規模の構想である「Network Admission Control(NAC:ネットワーク アドミッション コントロール)」構想が発表されました。これは、セキュリティ上の脅威を発見する能力、ならびに脅威に対する防御能力と対応能力の向上を目指した、初の業界規模の取り組みとなりました。

「ネットワークはお客様の戦略上の資産となっていますので、ビジネスクリティカルなアプリケーションやリソースの保護は最重要事項です。グローバル企業の要望は、設計およびアーキテクチャに関する初期段階のニーズから、ネットワーク投資の長期的な保護に至るまで、多様に進化しています。本日の発表は、このように進化を続けるニーズを想定して設計された、より安全なポートフォリオを提供するという、シスコの現在の取り組みを示すものとなっています」と、シスコシステムズ社の社長兼 CEO(最高経営責任者)ジョン・チェンバーズは述べています。

ATD は、より組織的な方法で脅威に対応することを目的としたもので、Anti-X 防御、アプリケーション セキュリティ、ならびにネットワークでの制御および抑制という 3 つの主要コンポーネントで構成されています。シスコでは、セキュリティ戦略「自己防衛型ネットワーク」が新たなフェーズに進展したのに合わせて製品ポートフォリオの拡充を行い、以下のような主要領域での対応を進めてまいります。

  • Anti-X 防御:革新的なトラフィックとコンテンツ指向のセキュリティ サービスにより、ネットワークに対する脅威への予防、および対応を行います。セキュリティを向上させるコア技術は、ファイアウォールや侵入予防システム(IPS)、例外(anomaly)検知、ならびに分散型サービス妨害(DDoS)緩和などで、これらの技術が、ネットワーク アンチウィルスやスパイウェア、URL フィルタリングといったアプリケーション監視サービスと一体化しています。このような技術とサービスの融合により、重要なネットワーク セキュリティ強制ポイントでのきめ細かいトラフィック監視が可能になり、結果的に、悪質なトラフィックをネットワークに拡大する前に封じ込めることができます。

  • アプリケーション セキュリティ:アプリケーションレベルでのアクセス制御、アプリケーション監視、ならびに適切なアプリケーション使用ポリシーと Web アプリケーション制御、透過的プライバシーの強制により、先進的なビジネス アプリケーション保護を実現します。

  • ネットワークでの制御および抑制:ネットワークでのインテリジェンスおよびセキュリティ技術の仮想化によって、レイヤ全体での精査および相関機能が実現しますので、アクティブな管理と対応機能により、ネットワーク対応のあらゆるエレメントとともに、Voice over IP(VoIP)のようなサービスの制御ができるほか、保護支援も可能になります。

これらの相互補完的なセキュリティ ソリューションの配備により、ビジネス プロセスとアプリケーションを対象としたレイヤ全体でのユビキタスな保護、および効率性の向上が実現されるようになるでしょう。また、シスコは本日、上記の 3 つの主要領域に関連する 10 以上の新製品と技術革新を発表しました。(関連発表の「シスコ、セキュリティ製品ポートフォリオに「Adaptive Threat Defense」を導入」(http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/pr/newsroom_us/2005/02/prod_021505b.shtml)をご参照下さい。)

「『Adaptive Threat Defense』は、カスタマーがセキュリティのメリットを具体的に得られるようにするシスコのビジョン、「自己防衛型ネットワーク」に基づいて作り出されました。シスコのこのソリューションにより、高い信頼性を持ち、しかも効率的なセキュリティが実現されるのです。カスタマーは、IT スタッフの人数を増やさなくても、ビジネスクリティカルなアプリケーションの保護能力を大幅に向上させることができるでしょう」と、Current Analysis の首席アナリスト、ジョエル・コノバー(Joel Conover)氏は話しています。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ