ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、音声におけるプロフェッショナルレベルの認定制度を新設

2005 年 1 月 31 日、米カリフォルニア州サンノゼ発

シスコシステムズは本日、同社のプロフェッショナルレベルの認定に「Cisco Certified Voice Professional(CCVP)」を新たに追加する、と発表しました。この新たな音声におけるプロフェッショナルレベルの認定資格は、複合的なIP テレフォニー システムのインストール、設定、運営、およびサポートができる、豊富な知識を持ったネットワーク プロフェッショナルを求める声が、お客様やチャネル パートナーの間で高まっているのを受けて制定されたものです。

CCVP 認定は、音声技術を基礎ネットワーク アーキテクチャに組み入れるという責任を担う、今日の IT プロフェッショナルに課せられた使命の重さを認識したものとなっています。CCVP 認定を獲得した人々は、透過的で、拡張性と管理性に優れたテレフォニー ソリューションの構築に携わることができます。

「データ、音声、および動画のコンバージド ネットワークのメリットを得ようとすれば、組織にはさまざまなスキルを適切に身につけたネットワーク プロフェッショナルが必要になります。CCVP 認定の獲得により、コンバージド IP ネットワークの実装、運営、設定、およびトラブルシューティングに関する、さまざまなスキルを正しく身につけていることが証明されるのです」と、シスコの認定ディレクター、ダン・フィールド(Don Field)は述べています。

CCVP のコース、および試験では、「Cisco CallManager」コール処理システムやサービス品質(QoS)、ゲートウェイ、ゲートキーパー、IP フォンとともに、シスコ ルーターや「Cisco Catalyst®」スイッチを利用した音声アプリケーション、およびユーティリティを網羅した、包括的なカリキュラムが用意されています。CCVP 認定では、IP テレフォニー ソリューションや構内交換機(PBX)、ボイスメール システムのインストール、設定、およびサポートを行っている、フィールド エンジニアやネットワーク エンジニア、システム エンジニア、電気通信機器設置者などが対象とされています。

志望者は、複合的なエンタープライズ向け「CallManager」および IP ネットワークにおける高いレベルの専門性を、デモンストレーションによって立証しなければなりません。またこの認定では、キューイング、輻輳回避、トラフィック ポリシング、シェーピング、ならびに音声、および、他の関連アプリケーションのためにネットワーク トラフィックを最適化する際のリンク効率メカニズムといった、「Cisco QoS」の機能の使用デモも必要とされています。さらに志望者は、SIP(Session Initiation Protocol)、H.323 標準ベース IP テレフォニーシステム、およびVoIP(voice over IP)インフラストラクチャのプロトコル グループである MGCP(Media Gateway Control Protocol)グループを使った IP ネットワーク上で音声トラフィックの管理ができることを示すために、「Cisco IOS®」ソフトウェアを設定するための知識とスキルを証明する必要があるでしょう。

試験

CCVP 認定では、現在有効な「Cisco associate-level CCNA®」認定を保有しているか、5 つの追加試験に合格することが要件となっています。CCVP 認定は以下のコースおよび試験で構成されています。

  • 642-642 QOS-サービス品質
  • 642-432 CVOICE-Cisco Voice Over IP
  • 642-425 IPTT-IP テレフォニー トラブルシューティング
  • 642-444 CIPT-Cisco IP テレフォニー
  • 642-452 GW/GK-ゲートウェイ/ゲートキーパー

現在「Cisco IP テレフォニー Qualified Specialist」認定を保有している方は、新しい CCVP 認定の多くの要件を満たしていることがお分かりになるでしょう。Virtual University Enterprises(VUE)と Prometric 社が、世界の各地でシスコ認定の試験を実施しています。詳しい情報は、www.cisco.com/go/training をご覧下さい。CCVP 認定を得るためには、「Cisco CCIE ®-Voice」認定で求められる、音声およびアプリケーションの分野でのスキルを、幅広くかつ数多く獲得することが必要となるでしょう。

トレーニングと申込方法

シスコの正式なトレーニングは、グローバル ネットワークの「Cisco Learning Partners」および「Partner E-Learning Connection」で受けることができます。CCVP および他の認定で求められるトレーニングと試験に関する詳細かつ包括的な情報は、以下の Web サイトでご覧いただけます。www.cisco.com/go/certifications

トレーニングの申込料金は、シスコ認定トレーニングの料金支払いを簡単にできる、「Cisco Learning Credit」によってお支払いいただけます。「Cisco Learning Credit」は、世界中の「Cisco Learning Partners」への参加によって利用可能となります。「Cisco Learning Credit」の詳しい情報は、以下の Web サイトでご覧いただけます。www.cisco.com/go/learningcredits

ゲートウェイ/ゲートキーパーのコースは、2005 年 7 月開始予定となっています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ