ワールドニュース

米国ニュース


Monte dei Paschi di Siena、Cisco Business Ready データセンター ソリューションを採用

イタリアの銀行グループ、災害復旧ソリューションによって運営リスクを軽減

2005 年 1 月 10 日、イタリア ミラノ発

シスコシステムズは本日、世界で最も歴史のある金融機関と言われている、銀行グループの Monte dei Paschi di Siena(MPS)社が、シスコの「Business Ready」データセンター フレームワークを採用したネットワーク アーキテクチャを構築し、運営経費の削減と柔軟性の改善、ビジネス・アジリティの向上を図ることになった、と発表しました。

MPSは、シスコシステムズの統合型データセンター ネットワーキングを採用し、イタリアにある 2 つの地域データセンターで、ストレージ リソースを統合、および相互接続させる予定です。この施策によりMPS では、サービスの利用性、可用性および継続性の向上が可能になります。このプロジェクトでは、シスコと MPS は IBM とコラボレートいたします。

MPS の 2 つの主要データセンターは 90 km 離れた位置にあり、どちらも同じようなストレージ資源を有しています。それぞれのデータセンターに配備されているストレージ エリア ネットワーク(SAN)は、オープンシステムにおいて大容量データのストレージ最適化を実現する、「Cisco MDS 9500」シリーズ インテリジェント ストレージ ネットワーク スイッチがコアとなっています。

プロジェクトは順調に進捗しており、現在では、光サービス向けの「Cisco ONS 15540」ネットワーク プラットフォームを基盤とした超高速帯域幅 DWDM(Dense Wavelength-Division Multiplexing:高密度波長分割多重)技術により、2 つのデータセンターが相互接続されています。その結果、マルチサービス ソリューションの実装が可能になり、サービスセンター間で音声、動画、データ、およびストレージ トラフィックを効果的に伝送させることができます。

DWDM インフラストラクチャによって、情報を各々のデータセンターで同じ方法で複製することができるため、運営の統合が可能になります。また、高速光ネットワークにより、90km 離れている 2 つの「IBM OS/390」メインフレーム、およびオープン システム環境で情報を複製する際の遅延を、最小限に抑制することができます。さらに、このソリューションによってデータ全体の中央管理も可能になるため、情報の完全性が改善され、手作業でデータのセキュリティを確認する必要もなくなります。

「シスコの『Business Ready』データセンター アーキテクチャの特徴的な要素である、高い可用性とビジネスの継続性により、多くの金融機関で重要な優先事項となっている、運営リスクの管理を可能にするプラットフォームの構築ができるようになります。離れた場所に保管されている情報のミラー イメージを作成できれば、金融機関では運営リスクの軽減ができるだけでなく、より柔軟な IT インフラストラクチャの構築が可能になります」と、シスコシステムズ EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)の副社長兼イタリア担当ジェネラル マネージャーのステファノ・ベンチューリは述べています。

2004 年 4 月 14 日に発表された「Cisco Business Ready」データ センターは、現状のデータセンターに関するイニシアチブへの対応が可能であるとともに、次世代データセンターの基盤ともなるインテリジェントなネットワーク アーキテクチャを求める声にも応えられるものとなっています。データおよびストレージ、オプティカルのための「Foundation Data Centre Network Architecture」、セキュリティとアプリケーション最適化、管理機能のための「Integrated Intelligent Services」、ならびに「Embedded Storage and Application Services」という 3 層のアーキテクチャで構成されている「Cisco Business Ready」データ センターは、運営の効率化、ビジネスの復元性向上、ならびに将来のアプリケーションへの透過的な移行を実現する、順応性の高いアーキテクチャが基礎になっています。

現在 MPS のデータセンター ソリューションを形成しているシスコの技術には、「Cisco MDS 9509」マルチレイヤ ディレクタ スイッチ、および「Cisco MDS 9216」マルチレイヤ ファブリック スイッチが含まれており、いずれもファイバ チャネル SAN やデータセンターの相互接続を実現する「Cisco ONS 15540」オプティカル ネットワーキング プラットフォームをサポートしています。

MPS 社について

世界でもっとも歴史のある銀行と言われている Monte dei Paschi di Siena は、Monte di Piet? として1472 年にシエナ州によって設立され、以来中断なく運営が続けられています。1999 年 6 月 25 日には、Banca Monte dei Paschi di Siena の普通株がミラノ証券取引所に上場されました。貸付額および預金額では、MPS は現在イタリアで 4 番目の規模の銀行グループとなっています。公表されたランキングによれば、MPS グループはヨーロッパで第 47 位の規模の銀行グループとなっています(「The Banker」誌、2000 年 7 月)。イタリアでのマーケット シェアはおよそ 7.0 パーセントとなっています。詳しい情報は、以下の Web サイトをご参照下さい。www.mps.it

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #
▲Return to Top

お問い合わせ